筋 トレ 効果 3 ヶ月 - 筋トレ女子【嬉しいカラダの変化3つ】効果と変化を感じる【期間3ヶ月】

筋 トレ 効果 3 ヶ月 - 2ヶ月ちょっとで15kg痩せた時のトレーニングメニュー。

筋 トレ 効果 3 ヶ月 - 2ヶ月ちょっとで15kg痩せた時のトレーニングメニュー。

どちらかと言えば、階段を上がるイメージをしてください。 身体は、日々の努力の結果、一つ一つの壁を越えて段階的に発達していきます。 そして、各ステージそれぞれの壁には、それぞれの問題や落とし穴があり、それを克服しながら上がっていくのです。 なお、本記事では架空のモデルとして、筋トレ経験のない170cm60kgの20代半ばの男性を設定します。 職業はサラリーマン、一人暮らし、彼女あり、です。 筋トレの目的は筋肥大・バルクアップです。 発達の指標として生まれてはじめて挙げてみたベンチプレスは50kg程度でしょう。 はじめの一週間は、経験したことのない筋肉痛に驚きます。 最初の壁です。 それが発達への喜びに感じられれば3ヶ月は続きます。 痛みが苦痛であれば、数回トレーニングして終わりです。 自分自身で効果が実感できるまでには、最低でも3ヶ月は必要でしょう。 そして、効果や成果が出るまでの期間が一番気になり始めるのも3ヶ月目くらいで、ここで焦ってしまってはきちんとした成果は出せずに終わります。 良心的なトレーナーなら、はっきりと本当のことを答えるはずです。 「まずは半年、結局は3年」。 そう、筋トレの効果や成果が出るには、想像以上の時間がかかるのです。 仕事の付き合いや彼女との時間を割いてでも、週2回の筋トレを続けられる覚悟ができるか否かが分かれ目です。 ただし、最初の一年は期待通りの体型変化がないにしても、筋力は飛躍的に伸びますので、ベンチプレスの扱う重量の向上などにモチベーションを持つとよいでしょう。 やはり、自分自身で筋トレの基礎となる科学的な知識を調べ、理解し、実践していくほうがはるかに筋トレ効果を出しやすくなります。 ただし、あくまでも自分でわかる程度の変化で、まわりの人は気づかないでしょう。 また、実際、ジムに入会した日よりあきらかに力も強くなっています。 非常に充実した時期です。 最初のプラトー 停滞期 です。 トレーナーに相談して筋トレメニューや食事メニューを組み直すとよいでしょう。 ここが、一年目の最大の壁ですが、身体を発達させるためには大量のタンパク質が必要です。 筋肉が強く太くなればなるほど必須タンパク質量は増えていきます。 一般的な身体とは違う逞しい身体になり、それを維持するには、それくらいの出費があるのは当然と考えましょう。 お金をけちると、強くも逞しくもなりません。 この壁を越える頃には、170cmの青年は65kgになり、ベンチプレスも体重以上の70~80kgを挙げており、一線である100kgが目標として見えてきます。 しかし、20代も後半になれば、仕事では責任のある位置につき、プライベートでも結婚など生活に大きな変化が訪れます。 トレーニングと仕事・家庭、両立していくのか、取捨選択するのかの分かれ目です。 せっかく、筋トレの成果が出て、身体つきも一線を越えた身体になりかけているのにも関わらずです。 この時期にきっちりするべきことが「何のために鍛えるのか」という答えを、その時の自分なりに出し、職場の人や家庭ではっきりと答えられるようにすることです。 「そんなことより残業してよ」「お金ばかりかかって何の得にもならない」という職場や家庭での声は、想像以上にモチベーションを削ぐものです。 それらの問題を乗り越えて、3年間が経つ頃には、青年は170cm75kg、胸囲100cm以上、腕回り35cm以上、ベンチプレス100kg以上となり、最初の一線を越えた「鍛えた身体」になっています。 後は、自分がトレーニングに対してどのような在り方で生きていくかが成果として身体に現れます。 ですので、ここから先は何年でどのくらい、という表し方はできなくなります。 そこそこで満足であれば、そこそこの身体を維持していくでしょう。 3年間鍛えた身体は、簡単には発達しません。 さらなる発達を望むならば、ボディービル、パワーリフティング、アームレスリングなどの競技に進むことをおすすめします。 たしかに、公衆の面前で勝敗が決し、自分の強さや逞しさが客観的に評価されるのは誰しもストレスです。 結果が出せなかった時の苦しさは、経験者にしかわからないでしょう。 しかしながら、客観的な評価や勝敗に晒されるからこそ、人は努力し進化します。 そこそこでトレーニングしている人と競技選手の身体が、明らかに違うのはそのためです。 地方区選手と全国区選手の違いも、ほぼ同様の理由です。 ただし、それはどちらが良い悪いの問題ではなく、在り方の違いです。 さらなる成果を出していくためには、刺激に慣れた筋肉を騙すためのテクニック・メソッドも必要になってきます。 下記の記事では、この筋肉を騙す方法を解説しています。 もちろん、それなりのハードさはありますので、細心の注意をはらい行うようにしてください。 実際、筆者自身やジムの所属選手 男性・女性 はベンチプレスやアームレスリングといった体重階級制の競技者ですが、試合に向けた減量期間はおよそ3ヶ月で、その期間に5~10kgほど減量・ダイエットを行っています。 ダイエット筋トレの理論を簡単に説明すると、筋トレによって筋密度を向上させ 筋肥大はさせず 、基礎代謝の高い状態と体質を作ることにより「太りにくく痩せやすい身体」を作るのが基本理論です。 ダイエットと言えば、筋トレか有酸素運動か?ということが話題になりますが、はるかに筋トレのほうが効率がよいことを知っておきましょう。 また、筋トレだけでなく、上手に有酸素運動も組み合わせていくことが大切です。 その具体的筋トレメニューとトレーニングプログラムをまとめたのが、下記の記事です。 何万人にも読まれている人気の記事ですので、是非ご一読ください。 これだけでも、かなりハードなことですが、筋トレの成果が本格的に出るためには、三年以上の長い期間、休まずに定期的に鍛え続けないといけません。 筋肉が強くなるだけでなく、精神力が強くなるのも筋トレで得られる大きなメリットです。 筋トレで身につけた精神力は、人生のあらゆる場面で役立つでしょう。 また、筋トレをすることでセロトニンと呼ばれる耐ストレスホルモンが分泌されることも知られています。 ですので、筋トレでの苦しい思いを無駄にしないためにも、ほとんどの人は規則正しい生活をして、食事や睡眠の自己管理をきちんとするようになります。 結果として、筋トレの成果が上がるだけでなく仕事の成果も上がり、社会人としてもまわりから評価されるようになるでしょう。 肉体的なコンプレッスが筋トレによってなくなっていくと、精神的にも余裕ができ、男性も女性も、朗らかに対人関係を保つことができやすくなります。 こんな良いこと尽くめの筋トレです。 ぜひ始め、そして継続していきましょう。 多くの初心者は、まだ手首を保持する力が弱く、腕立て伏せなども先に手首が痛くなってしまい完遂できないケースが少なくありません。 リストラップを使えば、最後まで筋肉を追い込むことができ、とても効率的に身体を鍛えていくことが可能です。 筋トレは101%で行ってはじめて成果がでます。 パワーグリップを使用して引くトレーニングの効率を上げることをおすすめします。 筋トレにおいては、ほぼ必須のギアとも言えますので、ぜひ入手することをおすすめします。 なお、トレーニングベルトはトレーニーにとって「筋トレの友」とも言える存在になってきます。 はじめから安易なものを選ばずに、考えているよりもワンランク・ツーランク上のものを入手することがベルト選びの秘訣です。 このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。 記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。 また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。 BLOG内検索.


1回の筋トレの時間は大体1時間くらいです。

More

ボロボロになった原因は、食事制限でタンパク質が足りなくなっているからです。

More

ジムには週2回通ってました。

More

食事で意識したこと とにかく食べることです。

More

バックライトもあるから暗いところでも数値を確認できるし 文字がちょっと見難かったけど 、電池がなくなったら自分で簡単に交換できて POLARはサービスセンターに送って交換してもらわなきゃいけないとか聞いた 、ちょっと怪しい日本語のマニュアルとケース付き。

More

もし2ヶ月経っても筋トレの効果が出ないようであれば、以下のポイントを抑えてトレーニングを見直しましょう。

More

ウォーキング向きだったのか、測る時にセンサーに軽く触れて10秒間またなきゃダメ、その間に動いたらダメだし、センサーに押し付けるとエラーになるし、いちいちエラーになって全く測れない。

More