米ぬか 多糖 体 - 米ぬか多糖体(RBS)には免疫の調整作用がある!

米ぬか 多糖 体 - 胃がん治療には免疫力が肝!NK細胞との関わりに注目

米ぬか 多糖 体 - 「RBS米ぬか多糖体」が持つ乳がんへの有効性を徹底検証

RBS米ぬか多糖体の効果と実証 日本人が主食としてきた米ぬかを利用したRBS米ぬか多糖体( Rice Bran poly Saccharides)は、 東京大学、千葉大学、慈恵医科大学など国内外28以上の大学や病院との共同研究を行った免疫を高める物質です。 これまで世界54ヶ国で使用され、9カ国で特許を取得。 開発から25年で70報を超す学術論文と140回以上の学会発表を行いました。 RBS米ぬか多糖体の免疫調整作用の実証 免疫は体外から侵入してきたウィルスや細菌を退治したり、体内で発生したがん細胞を攻撃するなど、健康に欠かせない防御システムです。 特に、がんに対してはナチュラルキラー細胞がよく知られています。 RBS米ぬか多糖体は、必要なを活性化したり、過剰反応(アレルギー等)を起こす免疫細胞を抑えたりする、「免疫調整作用」を持つ米ぬか由来の物質です。 免疫とは何か 免疫とはわたしたちの身体に生まれつき備わっている生体防御機構で、ウィルスや細菌による感染症を防いだり、がんの発生を抑える機能です。 免疫の主役ともいえるのは様々な免疫細胞達で、その種類や働きは多岐におよびます。 身体の組織や血中で免疫細胞達が戦ってくれるおかげで、わたしたちは健康な体を保つことができます。 例えば、同じ場所にいても、インフルエンザに感染する人としない人がいます。 また、インフルエンザに感染しても、発症する人と発症しない人がいます。 いったい何が違うのでしょうか。 それは人が持っている免疫力の違いにあるのです。 インフルエンザウィルスは体内に侵入すると、24時間以内に1個のウィルスが約10億個に増殖します。 免疫力の高い人は、いち早くウィルスを攻撃して駆除し、インフルエンザに感染したことすら気づかずに生活しています。 その反面、免疫力の弱い人は、ウィルスを駆除することもできず、重症化してしまいます。 免疫力をつけておくことはとても大切なことです。 また、免疫力が低下しているわけではなく、免疫機能の異常により、自己の細胞と非自己の細胞の区別がつかなくなる、いわゆる免疫学的寛容が破たんしたために生じる「自己免疫疾患」もあります。 異常になった細胞は、元に戻してあげなければなりません。 免疫力の調整が必要になります。 さて、免疫細胞にはどのようなものがあるのでしょう。 川上先生のコラム 免疫力が低下すると 免疫の働きが低下するということは、身体の異物に対する抵抗力が弱まるということです。 代表的な異物としては風邪の原因になるウィルス、肺炎・食中毒・歯周病の原因になる細菌、自己増殖するがんなどがあげられます。 これらに対する抵抗力が弱まると、その攻勢が制御できなくなり病気の発症につながります。 免疫調整 免疫が必要以上に反応してしまう状況も決して身体にとっては良くありません。 免疫の過剰反応はアレルギーなどを引き起こし、慢性的な炎症状態に悩まされやすくなります。 本来、私たちのからだを守ってくれる免疫。 それが必要以上に反応してしまい、慢性的な炎症状態を引き起こしてしまう場合があります。 それは免疫システムのバランスが崩れることにより、通常は無害な物質に対して過剰な反応を生じさせ、「アレルギー」として発症します。 また、「自己」と「異物=非自己」を誤認識してしまい、免疫細胞が自己の細胞や組織を攻撃してしまう場合があります。 これが「自己免疫疾患」です。 免疫が正常に作動していれば、自分の体内にあるものは「自己」と認識し、何らかの物質が外から侵入すれば「異物=非自己」と認識します。 なぜ誤認識してしまうのか詳細はわかっていませんが、いずれにせよ、免疫学的寛容が破たんしたために生じる免疫機能の異常によるものです。 このように、単に免疫力を上げるだけではなく、免疫を調整することも大切なのがわかります。


炎症を抑えられると、より深刻な症状を引き起こす前に改善することが可能に。

More

化学療法のみ 6. 論文から見る大腸がんの症例その2 NK細胞ではありませんが、免疫機能が活性化した症例をご紹介します。

More

アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)の厳しい審査をクリアし、製品としても販売されています。

More

23年前のときは、抗がん剤治療で下痢や吐き気、髪の毛が抜けるといった副作用があって、ひどく苦しんだので、今回も覚悟していました。

More

試験管での研究だけでなく動物やヒトでも研究が進んでいて、 これまでに数多くの論文が報告されています。

More

RBS米ぬか多糖体を摂取し続けたことで、体全体の免疫力がアップしたという報告もあります。

More

その状態が長く続いてしまうと、風邪を引きやすくなったりインフルエンザに掛かりやすくなったり、癌になってしまいやすくなったり、ということが起こる可能性があります。

More

簡単にいえば、アポトーシスを起こすスイッチを押す役目のカスパーゼという物質に活性が見られ、がん細胞自体にあるアポトーシスを起こすスイッチが押しやすくなったのです。

More

ここでは海外での臨床研究や、 大幅に腫瘍マーカーの数値を下げて再発を防いだ事例などを紹介します。

More

使用したのは、金沢でお米の無農薬有機栽培を行なう「ほんだ農場」の食べる米ぬか・素肌美人。

More