おっ パブ コロナ - キャバクラ・おっパブが絶滅危機に! 北関東を代表する繁華街をコロナが襲う (2020年9月9日)

おっ パブ コロナ - 【新型コロナウイルス】岐阜市では女性1人→24人感染か ウィズコロナの新風俗様式|日刊ゲンダイDIGITAL

おっ パブ コロナ - 【悲報】ススキノの「おっパブ」クラスター 前の客が舐めた乳首を次の客が続々舐めて感染拡大か?

飲食店などが並ぶ東京・歌舞伎町。 政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道の5都道県で続いていた緊急事態宣言について、月末の期限を待たず解除した。 =2020年5月25日、東京都新宿区 日給が途絶えると追いつめられるのはあっという間 緊急事態宣言に伴う「休業要請」によって、都市部のキャバクラや風俗店の多くが経営危機に直面しているのはご存じのとおりだ。 しかし、この状況が風俗業界、さらには売春市場に少なからぬ影響を与え始めていることはあまり認知されていないのでは? いったい、どういうことなのか。 順を追って説明していこう。 営業自粛により軒並み窮地に立たされているキャバクラだが、キャバ嬢個人に目を向けると、必ずしも全員がピンチに陥っているわけではない。 昼職、すなわち会社員などの一般的な仕事と掛け持ちをしているキャバ嬢は、経済的にも精神的にも比較的に余裕があるからだ。 営業自粛を機に、昼職への転職を成功させたキャバ嬢も同様である。 一方、悲惨なのはキャバクラ1本で生活し、かつ、これまで貯金を怠ってきた人たちだ。 基本的に、「夜の仕事」では、給料の日払いが認められている店舗が多く、毎日現金が入ってくるという特徴がある。 「働いたその日にお金が入ってくる」というシステムは魅力的だが、自分を律することができない人にとってはその日暮らしの生活に陥りやすい。 このパターンは日給がもらえなくなった途端に家賃やクレジットカードの請求などの支払いが滞り、経済的にあっけなく追い詰められてしまう。 さて、こうなると残された選択肢は多くはない。 マンションを引き払って実家に戻るか、太客(金払いのいい常連客)の愛人になるか、それとも風俗嬢へ転身するか。


営業自粛を機に、昼職への転職を成功させたキャバ嬢も同様である。

More

不特定多数の男性を接客するキャバクラや性風俗店では、「濃厚接触」を避けるのが困難なため。

More

風俗通が理屈をこねれば、ことススキノにおいてはキャバクラ=おっパブであって、当該店がキャバクラと報じられることは間違いではないのだ。

More

ピンサロはキャバクラのようなワンフロアに仕切りをたて、その中でピンサロ嬢と客がそれぞれプレイをする風俗だが、店内は換気が悪く複数人が集まり、そして濃厚プレイをしている。

More

全く喋ってはいけないということではなく、ツバが飛びやすい 大笑いや大声などの大盛り上がりは避けたほうがいいということだ。

More

なので風俗ではどうしても密接場面を避けることはできない。

More

まず、このローカルルールがややこしかった。

More

15日に北海道内で感染が確認された13人のうち11人がススキノにある同じキャバクラ店の従業員と客だったことがわかった。

More

こんな時だから、 良い客と悪い客の差がかなり出るだろう。

More

地方によって、呼び名や過激さは変化するが、オーソドックスのものはキャストが上半身裸になり(あるいは、はだけた状態)、客の男性におっぱいを揉ませる。

More