紙 粘土 アイデア - 幼児が行う粘土遊び|その効果と粘土遊びにおける10のアイデア

紙 粘土 アイデア - 幼児が行う粘土遊び|その効果と粘土遊びにおける10のアイデア

紙 粘土 アイデア - 紙粘土の簡単工作アイデア31選|大人から子供まで楽しめるもの

【用意するもの】 ペットボトル(上部分をカットしたもの)1本 紙粘土 水彩絵の具またはアクリル絵の具と筆 カッター ニスと筆 【作り方】• デザインを考えます。 定番は郵便ポスト型や動物ですが、男の子には恐竜や車、好きなキャラクターが人気のようです。 子供に自由に考えさせてあげましょう。 ペットボトルにお金を入れる500円玉サイズの穴をカッターで開けます。 デザインどおりの形になるよう、紙粘土をペットボトルに貼り付けていきます。 紙粘土が乾いたら、絵の具で色を塗ります。 お好みでニスを塗ったら完成です。 【用意するもの】 紙粘土 粘土板 土台に使う牛乳パックやダンボール、空き缶、発泡スチロール、針金など 水と水を入れる容器 水彩絵の具またはアクリル絵の具と筆 【作り方】• 紙粘土で作りたいものを考えます。 小学生の男の子の間では恐竜が人気のようですが、動物や好きなキャラクター、車、食べ物など、子供が好きなものや興味のあるものを選ぶと良いでしょう。 袋を開けて紙粘土を取り出してこねます。 紙粘土を手に取り、丸めたり薄く伸ばしたりして土台に貼り付けていきます。 紙粘土を貼り付け終わったら、よく乾燥させます。 紙粘土が乾いたら、絵の具で色を塗って完成です。 仕上げにニスを塗っても良いでしょう。 紙粘土がより長持ちします。 ただし、つけすぎるとベトベトしてしまうので、つけすぎないように注意しましょう。 ぜひ参考にしてみてください。 写真立て 【用意するもの】 紙粘土 写真立て(100円均一などのシンプルなもの) 水彩絵の具と筆 ビー玉や貝殻、クリアストーン、ボタンなど好きなもの(飾り付け用) 木工用ボンド ニスと筆 【作り方】• 写真立ての色やデザインを考えます。 写真立ての枠部分に飾りとしてつけたい小物を紙粘土で作ります。 例えば、写真立てのデザインテーマを「海」とした場合、クジラや魚、ヤシの木、浮き輪などが適当でしょう。 紙粘土の小物をよく乾かし、絵の具で色を塗ります。 写真立てのフレームの後ろの部分とガラスまたはプラスチック部分を外します。 紙粘土に絵の具を混ぜて手でこね、色をつけます。 色の濃さは絵の具の量で調節しましょう。 紙粘土の色を均一にしたい場合はしっかりとこね、まだら模様にしたい場合はあまりこねないようにします。 写真立ての枠部分に色をつけた紙粘土を貼り付けます。 紙粘土の小物を写真立ての枠部分に置いて配置を決めます。 ビー玉や貝殻、ボタンなど、デザインに合ったものを、写真立ての粘土を貼り付けた部分にグッと押すようにして埋め込みます。 埋め込んだだけでは取れてしまいそうな場合は、木工用ボンドを使用しましょう。 紙粘土の小物を写真立ての枠部分に木工用ボンドでつけます。 お好みでニスを塗れば完成です。


普通のビーズでは上手くテグスに通せない、低年齢の幼児におすすめです。

More

難しいように見えますが、意外と簡単で素敵な作品に仕上がります。

More

絵の具の水分で紙粘土が再び柔らかくなってしまうため、色塗り後はまた1日ほどかけて乾燥させる必要があります。

More

効果5:社会性を育む 周りの人と協調して活動していける社会性を育むためにも、粘土遊びは役立ちます。

More

粘土板• ヘラやつまようじなど、いろいろな道具を使ってみるのもおすすめします。

More

本物のアルミホイルを使ったり、お弁当の箱にプラスチックの入れ物を使ったりすると、より一層本物のお弁当らしさが出てきます。

More

製作に時間が取れないときは「色つき紙粘土」を何色かセットで用意すると、色塗り工程を短縮できます。

More

ちょうど良い硬さになったところで遊びましょう。

More

作品ができたことを一緒に喜び、たくさん褒めてあげましょう。

More

後は、完成した物をタコ糸などで繋げて飾るだけ。

More

着物や装飾品は、折り紙などで表現しても可愛らしくなるでしょう。

More

芯材に張り付きやすくなります。

More