手越祐也女性遍歴 - 手越祐也が結婚を考えた女性芸能人3人は誰?熱愛の噂も調査【AVALANCHEネタバレ】

手越祐也女性遍歴 - 手越祐也、女性遍歴綴ったフォトエッセー「真実を」

手越祐也女性遍歴 - 手越祐也が衝撃暴露、「女性は柏木由紀1人のみ+男3人」で温泉旅行…「熱愛よりヤバイ」

スーパーポジティブ人間を自称する元NEWSの手越祐也が、まさかの弱音を吐いたようだ。 8月6日の深夜にツイッターで「やっちまったかぁー」とつぶやいたもの。 前日には初の著書「AVALANCHE ~雪崩~」が発売され、アマゾンで総合1位に輝くなどさっそくベストセラーとなっているが、同書の評判を耳にするにつれ反省の弁が口をついて出たようだ。 手越は【本の反省】と銘打って、「多少変な奴と思われるとは思ってたけど、ありのままの自分を伝えて、これからの俺を見てて欲しかったんだけど」とツイート。 さらにツイートでは「本当に思ったことを隠しながら生きていくのが辛いんだよね」と言い訳しつつ、暴露本との批判に対しては誰かの弱みを暴露したわけではないとして「そこは訂正させて欲しい」と懇願。 そんな手越の声はファンに対してどのように響いているのだろうか。 密会報道はグループで遊んでいるところを切り取られたものだと説明しており、相手方の名誉を手越なりに守っているようです。 SKE48メンバーとの泥酔キスに関しては『さすがの僕もジャニーズ事務所をクビになることを覚悟しました』と事実関係を認めているものの、相手が48の一員だとは知らなかったと釈明。 これも手越なら相手の素性を知らなくても不思議はなく、ウソをついているわけではないでしょう。 しかし手越が分かっていないのは、たとえ暴露やウソがなかったにしても、ファンが納得するわけではないという点ではないでしょうか」(芸能ライター) 手越のツイートにはわずか2時間ほどで3000件以上のリプがついており、中には〈てごにゃんを信じている!〉といった声はあるものの、ほとんどのファンは手越に対して苦言を呈している。 「ファンが問題視しているのは、真実かウソかという以前の問題として、相手方の了承なしに女性芸能人の名前を書いてしまっている無神経さにあります。 たとえ恋愛感情や肉体関係が皆無だったとしても、公になっていない会話や行動を自分勝手に明かすことが、いかに相手にとって迷惑なのかを理解していない。 手越は『僕はモテ男だけど、彼女たちとは何もなかったんだよ』と説明すればファンが納得してくれると勘違いしている節がありますね。 しかし芸能人として生きていくからには芸能界に迷惑をかけちゃいけないというのは社会人として常識のはず。 どうやら手越には自分とファンの姿しか見えていないのかもしれません」(前出・芸能ライター) そんな調子では手越が反省しようが後悔していようが、ファンは〈問題はそこじゃない!〉とツッコまれていそうだ。 (白根麻子).


当時小嶋陽菜さんは 友達に「手越くんのCMカッコいいね」と送ろうと思ったら、間違えて更新ツイッターに投稿してしまった といっておられますが、LINEとツイッターを間違えるといいう無理のある言い訳は、逆に怪しいとも思われていたようです。

More

そして、2016年には、 大島優子さん・ 宮澤佐江さん・ 増田貴久さんらとのパーベキュー写真が週刊文春でスクープされ、 やっぱり付き合っていたのでは?と噂になりました。

More

当時は交際されていた可能性が浮上してきましたね。

More

たとえ恋愛感情や肉体関係が皆無だったとしても、公になっていない会話や行動を自分勝手に明かすことが、いかに相手にとって迷惑なのかを理解していない。

More

多部未華子• その後は週刊誌ネタになることもなかったので、実際、進展したのかどうかは確信がないというところです。

More

元NEWS・手越祐也さん(てごし・ゆうや 32歳)のフォトエッセイ『AVALANCHE ~雪崩~』が5日に発売され、初版の発行部数は5万部と強気な数字ですが、アマゾンなどでえは売上ランキング1位になるほどの反響を呼んでいます。

More

写真撮ったオレ、何も悪くないぜ。

More

ジャニーズ時代と比べて家賃が2. 多部未華子• と思うようなものでした。

More

今回の手越の著書は、これまで数々の芸能人の暴露本を仕掛けた編集者の手によるもので話題になりそうだ」 芸能記者 発売当日の5日には、都内で記者会見を開く予定だというから、会見での発言も非常に注目される。

More

紗栄子• しかし、2011年10月から別居されていて、2013年1月にはすでに離婚されています。

More

芸能界には入ってます。

More

手越祐也さんの歴代彼女7人目【鬼頭桃菜】2013年 2人は、 2013年5月にキス画像が 週刊文春に スクープされました。

More