サンデー モーニング スポンサー - 左翼番組『サンデーモーニング』が終わらない理由はこちら

サンデー モーニング スポンサー - 左翼番組『サンデーモーニング』が終わらない理由はこちら

サンデー モーニング スポンサー - サンモニCM降板すべし伊藤園株主総会|UQ|note

「サンデーモーニング」はTBS系列で日曜の午前中に放送されている生放送のニュース・報道番組。 司会はTBSの番組でお馴染みのタレント・関口宏が務める。 1987年に「関口宏のサンデーモーニング」としてスタート。 硬派な報道番組ではあるものの、報道内容に恣意的な編集が見られたこともあり、インターネットを中心に偏向報道番組のひとつとして挙げられることも多い。 「週刊御意見番」である張本勲の言動もインターネットで炎上ネタになることがある点も批判の材料とされている。 新聞社の主筆や委員などがコメンテーターに入る場合その社の政治的思想や論調が反映されやすいこともあり、特に「サンデーモーニング」においてはその傾向が強く見られているようで、良くも悪くも番組の特徴となっている。 このように番組は様々な特徴と問題を含んでいるが、30年以上続く人気番組であることに変わりわない。 この記事は「サンデーモーニング」の現在の主な出演者の情報を中心に紹介していく。 芸能事務所「三桂」所属のタレント・キャスター・司会者・俳優 株式会社三桂 代表取締役会長 1943年7月13日生まれ、東京都出身の77歳 身長170cm、血液型はA型 立教大学法学部 卒 映画俳優の佐野周二を父に持ち、自身も俳優として芸能界デビュー 後にテレビ司会者としての活動がメインとなり、フジテレビ「スター千一夜」、TBS「クイズ100人に聞きました」「わくわく動物ランド」「関口宏の東京フレンドパーク2」「サンデーモーニング」や日本テレビ「知ってるつもり! 」といった多数の人気番組に出演している 現「サンデーモーニング」の初期タイトルが「関口宏のサンデーモーニング」だったことからもわかる通り、放送開始当初の1987年10月4日から番組に出演している 三桂に所属するフリーアナウンサー 元・テレビユー福島の女子アナ 1974年10月22日生まれ、福島県喜多方市出身の46歳 実践女子大学文学部英文学科 卒 未婚 大学卒業後に圭三塾を経てテレビユー福島に入社 契約アナウンサーとして情報番組やニュースを担当していた 2004年3月からは活動拠点を東京に移し三桂に所属 テレビやラジオのバラエティ番組を中心に出演しており、TBS「サンデーモーニング」のサブキャスターとして知られる また好角家として知られており、BSフジ「感動! 大相撲がっぷり総見」にも出演している 2004年10月3日から「サンデーモーニング」に出演 主に「週刊御意見番」を担当 メガネを掛けた美人女子アナとして番組屈指の人気を誇っており、熱愛情報が週刊誌やネットニュースとして報じられることもある セントフォース(関西)所属の女性タレント 1997年5月23日生まれ、大阪府出身の23歳 身長164cm、血液型はO型 同志社大学商学部 在学中(番組放送時点) 「ミスキャンパス同志社2017」でグランプリを獲得 その後、セントフォースに所属して芸能活動を開始 MBS「ミント!」やテレビ東京「知られざるガリバー」などでリポーターを務め、電子書籍「めちゃコミック」のCM『おじゃま虫「年の差婚」篇』にも出演している ピアノを特技としており、過去「バッハコンクール全国大会」銅賞の受賞歴を持つことからフジテレビ「TEPPEN」にも出演したことがある セントフォース・伊藤友里アナの後任として2020年2月2日より新・サブキャスターに就任 スプラウトの山中陽菜と隔週交代で出演していたが山中が2020年4月19日で降板したため、以降は毎週出演している 元・プロ野球選手、現在は野球解説者 1940年6月19日生まれ、広島県広島市出身(出生は韓国)の80歳 身長181cm 学生時代から野球を行っていたが時代背景やケンカに明け暮れる素行もあって最終的に甲子園出場は果たせなかった 1959年~1981年までプロに在籍 「東映フライヤーズ(現在の日本ハムファイターズ)」や「読売ジャイアンツ」「ロッテオリオンズ」などで活躍 日本球界で初の「3000安打」を達成したほか、「500本塁打300盗塁」や「9年連続打率3割」など様々な記録を打ち立てた強打者として知られる 「サンデーモーニング」では「週刊御意見番」を担当 スポーツ関連の話題に対してコメントを行い、『喝』を入れている 少々世間とズレた見方で『喝』を入れることもありネットニュースに取り上げられやすく、賛否を巻き起こすことも多い 野球解説者の張本勲さん(75)にまさかの「喝!」が落とされた。 球界のご意見番、野村克也さん(80)から「選手批判する資格がない」「人のことを言う権利があるか!」と散々にこき下ろされてしまったのだ。 ジャーナリスト 元・共同通信記者 1966年10月26日生まれ、長野県出身の54歳 慶應義塾大学文学部 卒 大学卒業後~2006年まで共同通信で記者として活動 その後、「オーマイニュース」の創刊に携わったほか、ノンフィクション作家として多数の著書を手掛けた 一方でテレビのコメンテーターやラジオのパーソナリティとしても活動 現在もテレビ朝日「モーニングショー」、TBS「サンデーモーニング」、フジテレビ「Mr. 2017年4月30日は14. 3月3日の同局の視聴率は、『サンデーモーニング』が15. 7%を獲得する中、ゴールデンの『さんまのスーパーからくりTV』が7. TBS「サンデーモーニング」でお馴染みのメガネ美人なフリーアナウンサー・唐橋ユミ(からはしゆみ)さん。 テレビで見る印象は清楚なメガネ美人でおっとりしていますが、実際はスキーやチアリーディング経験者という体育会系。 しかもどこでも側転をする癖があると「有吉反省会」で告白すると、その意外性が話題になりました。 さて、そんな美人フリーアナウンサーの彼女ですが40代に突入した現在も未婚のようです。 一般人の単純な反応として「なぜ彼女は結婚しないのか?」と疑問を持つでしょう。 本音の部分は本人にしかわからないとしても、過去の情報や彼女の発信した内容から「結婚しない理由」が感じ取れないか調べてみました。 唐橋ユミさんのプロフィールや注目の話題と合わせてご覧ください。 「情報ライブ ミヤネ屋」は、読売テレビ制作で2006年7月31日から放送開始された日本テレビ系列の全国ネットニュース・報道番組。 後に、現在の昼帯で放送されていた「ザ・ワイド」の後継番組とするために放送時間を変更。 放送開始当初は関西ローカルだったが、徐々に放送エリアを拡大して全国で放送されるようになった。 関東地区を例に挙げれば、視聴率は同時間帯のワイドショーを寄せ付けない数字を記録しており首位を維持していたが、近年はTBS系列「ゴゴスマ -GO GO! 」に首位の座を譲るケースも見られるようになっている。 出演するキャスターやリポーターは入れ替えが比較的少なく番組出演歴の長いベテランが担当することが多い。 特に注目されるのはアシスタントの女子アナ。 歴代すべてが読売テレビの女子アナ(当時)が起用されており、一度担当すると概ね4~5年は番組を担当する。 初代は森若佐紀子アナ、2代目は川田裕美アナ。 そして現在のアシスタントは2015年3月2日より林マオ アナが担当していたが、2020年7月末をもって番組を卒業。 8月より4代目のアシスタントとして2018年入社、3年目の澤口実歩アナが就任する。 ここでは現在「ミヤネ屋」に出演するキャスターやアナウンサーと歴代の出演アナウンサーを中心に一覧にまとめた。 「ワイドナショー」はフジテレビ系2013年10月から深夜枠で放送開始されたワイドショー的バラエティ番組。 2014年4月から日曜の午前枠へ移動、同時間帯で人気の番組となっている。 MCは東野幸治とフジテレビ女子アナが務め、番組のシンボルと言える松本人志はコメンテーターとして出演。 他のワイドショーとは一線を画しており、取り扱うニュースは報道のそれを変わらないものの出演者が芸人ということからバラエティ的な雰囲気が強くなっている。 そして何よりスポーツ新聞やインターネット系メディアが番組内の発言を直ぐに記事にするためマスコミから注目を集める番組となっている。 特に松本人志が芸能界のご意見番として扱われるようになったのは、「ワイドナショー」での発言がネットニュースに転載されるようになった構図が大きく影響している。 この記事では「ワイドナショー」のMCやアシスタントの女子アナ、登場回数の多いレギュラーコメンテーター、ナレーターなどの出演者情報を中心にまとめて紹介する。 「終戦75年スペシャル」はTBSが2020年8月15日の 14時00分~16時24分に放送する報道特別番組。 毎年、終戦の日である8月15日付近に放送される特番シリーズ。 2020年の放送は、昨年より放送時間が拡大(昨年は14:00~15:30)しており、2部制で構成されている。 第1部は、昨年と同様に関口宏が司会を務め、取材VTRや10代の学生(2020年は女子高生)との意見交換の模様を放送。 第2部は、「NEWS23」で『綾瀬はるか「戦争」を聞く』のスペシャルリポーターを務める女優・綾瀬はるかが出演。 『綾瀬はるか「戦争」を聞く』の取材の振り返りや当時取材をした人々とリモートで再会を果たす。 そのほか、番組のアシスタントは昨年に引き続きTBS皆川玲奈アナが担当。 女子高生たちとのトークパートでは、同じく昨年と同様に昭和史研究家でノンフィクション作家の保阪正康が登場する。 この記事では「終戦75年スペシャル」の出演者や番組の放送内容の情報などをまとめて掲載する。 「新・情報7DAYS ニュースキャスター」はTBS系列で土曜日の夜に放送されている生放送の報道番組。 通称「Nキャス」。 17年続いた「ブロードキャスター」の後を受けて2008年10月から「情報7days ニュースキャスター」として放送開始。 2014年には「新・情報7DAYS ニュースキャスター」に改題とフルリニューアルが行われた。 MCはビートたけしとTBSアナウンサーの安住紳一郎アナ。 ビートたけしはこの番組のみ「フリージャーナリスト」という肩書(設定)になっている。 基本路線は1週間のニュースの総まとめと特集で番組が構成されている真面目な内容であるが、ビートたけしのコーナーはバラエティ要素が取り入れられている。 報道番組というよりはワイドショーに近い。 かつては、ビートたけしの仮装や小道具などが一部コーナーで毎週のように使用されていたが現在ではそれらの要素は確認できなくなった。 この記事では「新・情報7DAYSニュースキャスター」のMC・コメンテーター・キャスターなど出演者の情報を中心に紹介する。 『終戦スペシャル「子どもたちの戦争」』はTBSの報道特別番組。 2019年8月11日放送。 TBSが毎年、何かしらの形で放送している終戦記念特番。 2018年より「終戦スペシャル」として放送している。 司会者と専門家ゲスト、そして30名ほどの現役学生を招き、戦争に関するVTRから悲惨さを紐解いていく。 2018年・2019年の放送ともに「学生・子供」をテーマに戦争を振り返っており、スタジオでは現役の学生と共に戦争について語りあっている。 司会は2018年から引き続き、タレント・関口宏。 アシスタントはTBS皆川玲奈アナが務める。 この記事では『終戦スペシャル「子どもたちの戦争」』の司会・女子アナ&ゲスト出演者に関する情報を中心にまとめた。 「日曜報道 THE PRIME」はフジテレビ系列で2019年4月より日曜日の早朝に放送される生放送の報道番組。 「新報道2001」「報道プライムサンデー」に続く新たな日曜の報道番組となる。 2018年4月からフジテレビがニュースブランド「プライムニュース」を展開開始したものの、視聴率不振によりがわずか1年で終了となったことから「報道プライムサンデー」も2019年3月で放送終了。 その後継ブランドとして2019年4月より「Live News」を新たに立ち上げる運びとなったが、日曜早朝の新報道番組は「Live News」を用いず、独自に「日曜報道 THE PRIME」として刷新する。 出演者も新たに梅津弥英子アナとフジテレビ報道局解説委員の松山俊行氏という「BSフジLIVE プライムニュース SUPER」コンビがキャスターを務める。 2020年4月からは不定期にゲスト出演していた元大阪市長で弁護士の橋下徹がレギュラーコメンテーターに就任した。 この記事では「日曜報道 THE PRIME」の出演者に関する情報を中心にまとめた。 「週刊フジテレビ批評」(よみ:しゅうかんふじてれびひひょう)は、フジテレビが土曜日の早朝に放送している自社番組の批評・検証を行う番組。 放送文化の向上を目的として1992年から「週刊フジテレビ批評」として放送開始。 2009年より出演者や放送内容がリニューアルされ、天気やニュースなどの情報も含まれるようになった。 2009年10月3日~2018年3月31日までは「新・週刊フジテレビ批評」として放送されていたが、フジテレビ番組編成見直しの末2018年4月より再び「フジテレビ批評」に変更された。 番組は対談や視聴者の意見紹介、リポートなどで構成。 「The 批評対談」では番組コメンテーター、そしてテーマに沿ったゲストがトークを繰り広げる。 この記事では「週刊フジテレビ批評」の出演アナウンサーとゲストコメンテーターの情報を中心にまとめた。 「上田晋也のサタデージャーナル」(よみ:うえだしんやのさたでーじゃーなる)は、2017年3月で終了した「報道LIVE あさチャン! サタデー」の後を受けて開始されたTBSの報道番組。 2017年3月まで放送していた「上田晋也のニッポンの過去問」のくりぃむしちゅー・上田晋也と流通経済大学教授・龍崎孝のタッグがそのまま起用されている。 番組は、「今週のニュースのキモ」と「編集会議」で構成。 「ニュースのキモ」は1週間のニューストピックスの紹介。 「編集会議」は取り上げるニュースの裏側にある「思惑」や「駆け引き」などをゲストの専門家と紐解いていくという形で進められる。 体裁としては編集会議を模しており、番組内容は編集会議と呼ばれ、議論の内容はアシスタントの女子アナがホワイトボードに整理していく。 放送後にホワイトボードの内容は画像で公開される。 番組は2019年6月29日の放送をもって終了。 同放送枠では2019年7月6日より新番組「まるっと!サタデー」がスタートする。 この記事では「上田晋也のサタデージャーナル」の司会、女子アナ、ゲスト、解説者、コメンテーターなど主な出演者の情報をまとめている。


司会:放送法違反である。

More

2009年より出演者や放送内容がリニューアルされ、天気やニュースなどの情報も含まれるようになった。

More

報道番組の提供スポンサーを知ることで、企業研究や企業分析の際に参考になれば幸いです。

More

事件の三年後にようやく石原との和解に至った際、関口の言い放ったコメントを見れば、彼に反省の意図があるのかどうかは大いに疑わざるを得ない。

More

セールス上の前番組『』からの移動。

More

2005年2月 - 3月 「惜春」• (金)NTT docomo•。

More

森麻季• 2002年8月 - 10月 「」• グッと距離が近くなって親近感を覚えるね。

More

(水)1'30"…日本直販 0'30"…クラシアン、ARSOA アルソア化粧品 、やわた• 「激論! 鳥インフルエンザの発生を隠蔽し被害を拡大させた養鶏場浅田農産もバッシングの対象だ。

More

TBS「サンデーモーニング」でお馴染みのメガネ美人なフリーアナウンサー・唐橋ユミ(からはしゆみ)さん。

More

(元)• (水)WASHハウス コインランドリー 、1対1ネッツ 個別指導塾• しずおか 土曜版」 9:30~11:45、11:57~13:30 /• 徳光の美少女対談 2007年春より不定期に実施。

More

THE WEEKLY 新庄(時代の。

More

HTB/株式会社エコセーフティ• して記事の信頼性向上にご協力ください。

More