痰 が 絡む 病気 - 常に痰が喉に絡むのは病気?原因は何?

痰 が 絡む 病気 - 常に痰が喉に絡むのは病気?原因は何?

痰 が 絡む 病気 - 【痰.com】~痰が絡む原因と対処法~

本調査では、まず、痰が絡む症状は病気の徴候かという質問を行ったところ、40%の医師が「ややそう思う」と回答。 その後を、「どちらともいえない」「そう思う」が続きました。 続いて痰が絡む咳で多い呼吸器疾患について質問したところ、「急性気管支炎」と答えた方が最も多く、次いで「感冒」「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」という結果になりました。 また、薬を服用する以外に自分でできるおすすめの痰の対処法について最も多く挙げられたのが「空気が乾燥しないように加湿する」であり、その後「水分を摂取する」「咳をして痰を切る」が多かったです。 薬以外のセルフケアを試したいという方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。 しかし、痰は病気の徴候だとの見解もあることから、あまりに痰が絡む症状が続く場合には病院を受診することをおすすめします。 痰が絡むという症状に苦しめられた経験のある方は多いのではないでしょうか。 このような症状が続くと、なにか疾患を抱えているのではと不安に思う方もいらっしゃるとおもいます。 もしも疾患であれば、どのようなものが多いのでしょう? また、薬以外で痰を出せる対処法があれば知りたいところだと思います。 そこで今回は、「痰は病気の徴候か」、「痰が絡む咳で多い呼吸器疾患は何か」、「薬を服用する以外に自分でできるおすすめの対処法は何か」について、一般内科医、総合診療医、呼吸器内科医の計530名に聞いてみました。 痰が絡む症状は病気の徴候か? 「痰が絡む症状は病気の徴候ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。 そう思う• ややそう思う• どちらともいえない• あまりそう思わない• そう思わない• 50代男性 一般内科 「ややそう思う」 痰の色にもよりますが、黄色だと危険です。 40代男性 一般内科 「ややそう思う」 痰が増えていることは鼻水などの気管支への流入が増えていることを指すため、病気の可能性が高いです。 50代男性 一般内科 「ややそう思う」 慢性気管支炎が多い印象があります。 50代女性 呼吸器内科 「ややそう思う」 慢性気管支炎が考えられます。 60代女性 一般内科 「ややそう思う」 慢性気管支炎の表れでしょう。 40代男性 総合診療 「ややそう思う」 痰が出るのはタバコの吸いすぎだと考えられます。 50代女性 一般内科 「どちらとも言えない」 慢性的に出ている方もいますが、鼻水が落ちてくるのを痰だと思っている方もいるようです。 50代男性 一般内科 「どちらとも言えない」 のどの乾燥によるものも多いと思います。 50代男性 一般内科 「どちらとも言えない」 口や喉が乾燥気味という場合もあります。 40代女性 一般内科 「どちらとも言えない」 喫煙者に多く見られます。 50代男性 一般内科 「どちらとも言えない」 鼻汁が痰となって出ている場合もあるため、どちらとも言えません。 40代男性 呼吸器内科 「どちらとも言えない」 鼻汁の後鼻漏の場合もあると思います。 50代男性 一般内科 「そう思う」 何もないのに痰が絡むことは、まずないと思います。 60代男性 一般内科 「そう思う」 慢性気管支炎など呼吸器系炎症性疾患の症状です。 50代男性 一般内科 「そう思う」 喫煙によるものはニコチン中毒という病気です。 60代男性 総合診療 「そう思う」 慢性気管支炎などが気になります。 50代男性 呼吸器内科 「そう思う」 慢性気管支炎や鼻炎の可能性があります。 80代男性 一般内科 「あまりそう思わない」 喫煙によるものだと思うので、病気というほどではないと思います。 50代男性 総合診療 「あまりそう思わない」 喫煙の影響が圧倒的に高いと思います。 50代男性 呼吸器内科 「そう思わない」 喫煙者の場合、病的意義がなく痰が出やすいです。 回答内容を問わず医師の間では、 『慢性気管支炎』という疾患名がよく目立ち、痰が絡んだ時の症状として多く挙げられた病気となっています。 ちなみに、慢性気管支炎については以下のように説明されています。 慢性気管支炎に伴って気流閉塞が起こると、慢性閉塞性気管支炎とみなされます。 また、今回の調査では「タバコ・喫煙」に関する意見が多く挙げられており、 「タバコの吸いすぎが原因で痰が出る」「喫煙者は病気じゃなくても痰が出る」「喫煙の影響が圧倒的に高い」などのコメントが多くありました。 喫煙者の場合は、タバコの吸いすぎが原因で痰が絡む症状が起こっている可能性があるようです。 続いて、痰が絡む咳で考えられる疾患について聞いていました。 痰が絡む咳で多い呼吸器疾患について 「痰が絡む咳で多い呼吸器疾患は何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。 急性気管支炎• 慢性閉塞性肺疾患(COPD)• 気管支喘息• 気管支拡張症• 副鼻腔気管支症候群• その他 以下が結果となります。 30代女性 一般内科 「急性気管支炎」 頻度の高い疾患を考えると急性気管支炎ではないでしょうか。 50代男性 一般内科 「急性気管支炎」 慢性の気管支炎が多いと思います。 40代男性 一般内科 「急性気管支炎」 喫煙や空気の汚れでも出ます。 50代男性 一般内科 「急性気管支炎」 ニコチン依存症もあります。 50代男性 一般内科 「急性気管支炎」 痰が絡んだ咳の症状があれば、とりあえず気管支炎と診断します。 50代男性 一般内科 「感冒」 いわゆるウイルス性の感冒が最も多いです。 60代男性 総合診療 「感冒」 経験した数では感冒が一番多いです。 40代男性 一般内科 「感冒」 頻度としては感冒が圧倒的に多いと思います。 40代男性 一般内科 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」 タバコの影響が一番だと思います。 50代男性 一般内科 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」 喫煙者全般に言えることだと思います。 30代女性 一般内科 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」 喫煙との関連が深いと考えます。 調査をしたところ、 痰が絡む咳で多い呼吸器疾患として最も多く挙げられたのは「急性気管支炎」、次いで「感冒」「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」という結果となりました。 上位3つに回答された疾患は以下のように説明されています。 原因はほぼ常にウイルス感染である。 病原体が同定されることはまれである。 最もよくみられる症状は咳嗽であり,発熱は伴うことも伴わないこともあり,また喀痰産生を伴うことがある。 また、「喫煙や空気の汚れでも出ます」、「ニコチン依存症もあります」など、タバコが原因で痰が絡み、急性気管支炎を患うのではないかと指摘する意見もありました。 感冒と回答した医師からは経験した数をもとにコメントが寄せられています。 さらに慢性閉塞性肺疾患(COPD)と答えた方のほとんどは、タバコについて言及しており、やはり最初の質問でもあったように、タバコの吸いすぎが、痰が絡む症状につながるという意見は多いようです。 最後に、痰が絡んだ場合の薬以外で出来る対処法について質問しました。 痰が絡む場合のおすすめの対処法について 「痰が絡む場合、薬を服用する以外に自分でできるおすすめの対処法は何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。 水分を摂取する• 空気が乾燥しないように加湿する• 室温を一定に保つ• 温かい飲み物を飲む• 味の濃いもの、辛いものは避ける• 咳をして痰を切る• その他 以下が結果となります。 40代男性 一般内科 「空気が乾燥しないように加湿する」 保湿と去痰剤が有効と思います。 60代男性 一般内科 「空気が乾燥しないように加湿する」 乾燥しているとそれだけで痰が絡んだ咳が出ます。 50代男性 呼吸器内科 「空気が乾燥しないように加湿する」 十分に加湿し寒冷を避けることが大事です。 70代男性 一般内科 「水分を摂取する」 脱水を防ぎ、痰切れをよくします。 40代男性 呼吸器内科 「水分を摂取する」 多くの水分を取って、痰の喀出に努めるべきと思います。 50代男性 一般内科 「水分を摂取する」 水分とって痰を出しやすい状況作って、咳をするしかないでしょう。 60代男性 呼吸器内科 「咳をして痰を切る」 咳をして痰を出したほうがいいと思います。 50代男性 呼吸器内科 「咳をして痰を切る」 水分摂取で粘稠度を下げ、咳で喀出できるように鎮咳薬は体力消耗時以外はなるべく最小限にします。 調査の結果、痰が絡む場合、薬を服用する以外に自分でできるおすすめの対処法について 最も多く挙げられたのが「空気が乾燥しないように加湿する」であり、次いで「水分を摂取する」「咳をして痰を切る」となりました。 加湿を推奨している方は全体の約7割であり、 「空気が乾燥しているとそれだけで痰が絡んだ咳が出る可能性がある」と指摘するコメントもあります。 おすすめの対処法として2番目に多かった回答は「水分を摂取する」であり、水分を摂って痰を出しやすい状況を作ることを推奨する意見もありました。 水分を摂取することにより、脱水を防ぐだけでなく痰が出やすくなるとのコメントもあります。 一方、咳を和らげたり我慢したりするのではなく、むしろ咳をして痰を切る方が良いと考える医師もいました。 セルフケアとして、このようなことを試してみても良いのではないでしょうか。 痰は病気のサインの可能性もある 本調査では、まず、痰が絡む症状は病気の徴候かという質問を行ったところ、過半数の医師が肯定的な見解を示しました。 医師のコメントによると、「鼻水などの気管支への流入が考えられる」、「痰が出るのはタバコの吸いすぎ」、「痰が黄色だと危険」などの考えから、痰は病気の兆候だと判断するようです。 また、痰が絡む咳で多い呼吸器疾患について質問したところ、「急性気管支炎」と答えた方が最も多く、次いで「感冒」「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」という結果になりました。 タバコが原因となるケースもあるようですが、このような疾患を発症している可能性もあるため、なるべくなるべく医師に診てもらった方がよいかもしれません。 また、痰が絡む場合、薬を服用する以外に自分でできるおすすめの対処法について最も多く挙げられたのが「空気が乾燥しないように加湿する」であり、その後「水分を摂取する」「咳をして痰を切る」が続いています。 薬以外のセルフケアを試したいという方は、ぜひこちらを参考にしてみてください.


Contents• つまり、 痰とは気管、気管支の異物が粘液に包まれて排出されたものです。

More

呼吸器の病気:気管支炎、気管支喘息、肺炎など 咳もひどかったり微熱が続くようなら内科か呼吸器科に行ったほうがいいです。

More

痰が絡むのを気にして咳払いや痰切りを頻繁に行うと、のどの粘膜を痛めてしまうことがあります。

More

30代女性 一般内科 「急性気管支炎」 頻度の高い疾患を考えると急性気管支炎ではないでしょうか。

More

喀痰や咳嗽の原因となる代表的な病気は以下の通りです。

More

びまん性汎細気管支炎 痰が黄色いときに疑われる病気としてあげた「びまん性汎細気管支炎」。

More

40代男性 一般内科 「急性気管支炎」 喫煙や空気の汚れでも出ます。

More