Au ペイ ポンタ 連携 - 「au ID」と「Ponta会員ID」連携の罠、「リクルートID」など不要!

Au ペイ ポンタ 連携 - au PayのWALLETポイントがPontaに統合!設定方法と陸マイラーのメリットは?

Au ペイ ポンタ 連携 - au PayのWALLETポイントがPontaに統合!設定方法と陸マイラーのメリットは?

「」サイトより NTTドコモとメルカリは2月4日、キャッシュレス決済の分野で業務提携することを発表した。 この提携により、NTTドコモの共通ポイントであるdポイントが、メルカリの運営するフリーマーケットアプリで利用できるようになるという。 2019年12月には、auを運営するKDDIも、 Pontaを展開するロイヤリティ マーケティングと資本・業務提携し、5月を目途にau WALLETポイントをPontaポイントに統合すると発表している。 大規模な業務提携が続いているポイント業界。 どうやら激動の時代を迎えているようだ。 そこで今回は、ポイント交換案内サービス「ポイ探」代表取締役で、ポイント業界事情に詳しい菊地崇仁氏に、業界再編の背景やポイント経済圏のこれからについて聞いた。 NTTドコモのd払いとメルカリのメルペイ、この2つのスマホ決済サービスを連携させることが主眼で、そこにdポイントも付けようという考えでしょう。 もちろんNTTドコモには、連携によりdポイントの利用者を増やしたいという思いもあるでしょうし、もともとメルペイの利用でポイントを付与していなかったメルカリは、ポイントサービスを強化したいという狙いもあるでしょう」(菊地氏) ポイント業界の再編につながる大規模な連携・提携は、スマホ決済サービスが引き金となって起こっているようだ。 スマホ決済サービスは、当然スマホがなければ決済できないですし、ネットにつながる回線が必要になるので通信キャリアと相性がいいんです。 ですから今回のNTTドコモやauも含めて、キャッシュレス決済で大きな動きを見せているのは通信キャリアが主となっていますし、結局ポイントの統合うんぬんというよりも、キャッシュレス事業で通信キャリアがどう動くかによって、ポイント業界も変化しているというのが現状なのです。


これで準備完了!「連携する」をタップします。

More

アプリの更新はau PAYアプリのメニューから行えます。

More

ポイントも、スマートフォン決済サービス「au PAY」や「au PAY カード」の決済で付与される0. auの決済・コマースサービスをau PAYブランドへ変更 KDDIは,2020年2月以降,決済・コマースサービスを「au PAY」ブランドを冠したサービス名称へ順次変更をおこなっています。

More

nui-icon--icon-paperviewer-tool-sub,. 記載以外のことはないってことになります。

More

「また、もらったマイナポイント ポンタポイント に期限とかもないですよね?」 もらったマイナポイント(au Pay残高)に期限はありません。

More

9時から21時まで0120-0-76682です。

More