2700 系 運用 - JR四国2700系気動車

2700 系 運用 - JR四国2700系気動車

2700 系 運用 - えっ、来週からですか!? 新型特急気動車「2700系」8月6日(火)から順次営業運転開始! JR四国

開発の経緯:導入後20年以上になる2000系 の置換え用で、2019年に投入されました。 また、2000系同様に四国内での運用を考え、2両編成での運用が出来るように設計されていて、分割併合や増結が容易なように前面は 貫通型となっています。 当初は、2600系 を導入する予定でしたが下記の理由で断念しています。 2600系は、車体傾斜装置に8600系 電車同様の空気ばね式を採用し、構造の簡素化によりメンテナンス費用の軽減を目指しました。 量産化して投入する予定でしたが、2017年に走行試験を行ったところ、 特にカーブが連続する区間を有する土讃線において 空気ばね制御に用いる空気容量の確保に課題があることが判明したため、 2600系 の量産化は 中止としました。 4両で生産が打ち切りとなっています。 2700系は、18年ぶりに制御付き自然振り子式を採用しています。 現在運用されている列車は、下記です。 (2000系との混結編成もあります。 ) 「南風」:岡山~高知、「しまんと」:高松~高知、「あしずり」:高知~中村、「うずしお」:岡山~徳島 予讃線を走行する列車で岡山から来る列車とは、宇多津駅または、多度津駅で分割・併合します。 車体は軽量ステンレス構造で、先頭構体は普通鋼となっています。 内装は、グリーン車は茶系統でまとめられた落ち着いた空間、普通車は木質感のある床に青系統のシートが印象的です。 LED間接照明、各座席のコンセント、大型のテーブル、車内LANなど、高いレベルの接客設備となっています。 Mc車(普通車)には車いすスペースと多機能トイレ、Msc車(グリーン車)には多目的室も設置されています。 最近は空気ばね車体傾斜方式が増える中、新形式としては18年ぶりに制御付き自然振子システムを採用し、優れた技術を継承し、かつ現在の 特急車両としての技術や設備を備えた完成度の高い車両であることを評価して、ローレル賞に選ばれました。 制御付き自然振子システムは、381系 がルーツです。 (JR西日本の特急「やくも」で現役です) 製造は川崎重工業です。 2020年6月に鉄道友の会よりローレル賞を受賞しました。


四国の車両がこの賞を受賞するのは、1987年のキハ185系(国鉄設計)と1990年の2000系以来30年ぶりとなります。

More

2750形 Mc'車 (徳島・宿毛方先頭車)。

More

編集部が選ぶ関連記事• 特急「南風」への導入記念出発式は9月28日(土)高知駅(11時45分ごろ~)、同日岡山駅(14時40分ごろ~)にてそれぞれ開催予定です。

More

徳島線 徳島~穴吹では9~17時台に運転する普通列車の発車時刻を統一し、パターンダイヤ時間帯に徳島~阿波川島を運転する普通列車を8本増発。

More

7両編成のうち1号車 2801 ・5号車 2802 の2両が半室グリーン車となっており、5号車は報道関係者向けに撮影用としても使用された。

More

しかし、急曲線が右に左に連続する土讃線では、空気タンクの容量の関係でこの車体傾斜の方式では対応できないことが発覚します。

More

足元の配管の張り出しが無い• なお、運転時刻に変更はない。

More

1次車 1953年製のデハ2701 - 2706(製)、サハ2751 - 2753(製)の9両。

More

うずしお4号…定期列車最長の堂々5両編成での運転 平日のみ• この頃にはデハ2700形とクハ2770形で車号末尾を揃えた2両編成となっていたが、クハ2771をサハ2512に改造されて半端となったデハ2701は2600系と編成を組んでいた。

More