明治 大学 追加 合格 - MARCH受験のダブル合格者、どっちに進学した? 今後は“明治がリード”の情勢に変化

明治 大学 追加 合格 - 【2020】明治大学追加合格・補欠合格情報【日程・人数】

明治 大学 追加 合格 - 【入試最前線】(2)「4月に追加合格」の大学も

早稲田大学の大隈講堂(「」より) 迫る受験シーズン。 大学受験を控える家族がいるご家庭では、緊張感が張り詰めて来る頃だろう。 新型コロナウイルス感染拡大という有事真っただ中の来年度入試は、入試制度に変更があり、大きな節目を迎えることになる。 各予備校が大学入試難易予想を更新していくなか、例年と比べてどういった変化や注意すべき点があるのだろうか。 そこで今回は大手予備校・河合塾の教育情報部に話を聞いた。 共通テストへと変わり、志願者が減るかもしれない大学・学部 「最も注目すべきは、やはり来年度入試から変わる、大学入試センター試験から大学入学共通テストへの移行でしょう。 来年度入試はそれによって入試全体に大きな変化があります。 共通テストへの移行は、数年前から国が進める『高大接続改革』によって『知識・技能』『思考力・判断力・表現力』『主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度』といった3つの要素を、バランスよく評価する入試へと変えていこうという取り組みの一環です。 その移行に併せて、国公立・私立ともに、二次試験・個別試験の内容も大きく変わるでしょうから、受験生はそれ相応の対策も必要になります」(河合塾・教育情報部) やはり共通テストへの移行が、受験生に与える影響としてはかなり大きいようだ。 では国公立、私立はそれぞれ具体的にどういった変化があるのだろうか。 「国公立の二次試験では、試験内容の変化以外に、主体性を評価するための面接を実施したり、調査書の内容を点数化して組み込んだり、志望理由書などの資料を提出させたりする大学が増えます。 私立の個別試験では、とりわけ東京の難関私立大学に大がかりな入試変更をする大学が多く、志望者の動向にも変化が表れています。 なかには、従来はセンター試験利用入試を取り入れていなかったものの、来年度入試から共通テスト利用入試を始めるという、 上智大学や学習院大学といった私大もあります。 特に上智大学の場合は、共通テストや英語外部検定試験を必ず織り交ぜた合否判定方式に変わります。 また早稲田大学は、センター試験利用入試をもともと取り入れていましたが、政治経済学部や国際教養学部、スポーツ科学部は、一般選抜においても共通テストが必須化されます。 そうすると志望者はその大学個別の対策を取る必要が生まれてきますので、受験生にとっては他の大学とは併願しにくくなってしまうんです。 そういった意味では、早稲田大学や上智大学の併用方式を採用した学部は、志願者が減ってしまうのではないかなと予測しています」(同).


日程の指定のない学部は随時発表が行われるのでHPで確認をして下さい。

More

河合塾教育情報部の富沢弘和部長は「厳しい入試は現在の高校2年生が受験する32年度の入試までは続く。

More

助成金は私立大の収入の約1割を占めるとされる。

More

そのため、私立大学に比べるとそこまで大きな期待を寄せられるとは言えません。

More

こればかりは対策のしようがないですが、そのようなこともあるということを頭に入れておくと良いでしょう。

More

: 追加合格あり 追加合格者には合格証及び入学手続書類を、出願時にWeb出願ページで登録された住所あてに速達郵便で送付しました。

More

その原因は国によって行われている 私立大学の定員厳格化です。

More

特に入学金を払ってしまっていると戻ってこない場合がほとんどなので、追加合格が出た大学へ入学先を変える場合にはかなりのお金が無駄になってしまいます。

More

2020年明治大学の追加合格・補欠合格者発表 3月3日ごろからこちらのサイトで随時発表される予定です。

More