服 を 買わ ない チャレンジ - 1年間服を買わない生活をするすすめ:お金も自由も手に入る。

服 を 買わ ない チャレンジ - 服を買わないことに決めた人の生活!どう変化した?

服 を 買わ ない チャレンジ - 「1年間洋服を買わないチャレンジ」の 終わりどき、その後に訪れる変化とは

イラストレーター/アーティストの松尾たいこさん。 ファッションやグッズにも造詣が深く、2017年11月に体験エッセイ『クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない! そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと』 扶桑社刊 を出版。 1年間洋服を買わない。 そう聞いて「絶対にムリ!」と即座に拒否しつつも、心のどこかがモヤモヤッと反応してしまう……。 「以前の私は洋服を見るのが趣味で、少しでも時間が空けば買い物をしていました。 例えば、六本木ヒルズで打ち合わせがあって、約束の時間まで15分もあればZARAでパパッと買い物。 ショッピングバッグ片手に打ち合わせに行くことも、よくありました」 部屋の断捨離は成功しても 服は毎回リバウンド コートやワンピースなど長さのある服は玄関収納へ。 チャレンジ後のいまはスペースに余裕が。 「そんなふうだから、仕事が忙しくなると買い物へ行く時間を捻出できなくて、ストレスが溜まるんですよ 笑。 そのストレス発散が、夜中のネットショッピング。 これが本当に多くて、洋服の買い物の半分以上を占めていたかも。 でも、ネットで購入するときって、自分にいいように脳内変換しちゃうから、届いてみると思ったほどよくないか、着られてもまぁまぁなものばかり。 それがわかっていても買い物はやめられず、実店舗とネットを合わせると、平均して3日に1回くらいのペースで何かしら買っていたと思います」 当然ながら、クローゼットにはいつでも洋服がギュウギュウに詰め込まれていた。 「私は断捨離が好きで、家の中に不要なものを置いておきたくないタイプ。 だから、洋服も1、2カ月に1回は見直しをして、遊びにきた友達に持って帰ってもらったり、姪っ子に送ったりしていたんですよ。 ただ、処分した以上に買っちゃうから、収納が追いつかなくて、クローゼットは常にパンパン。 着ようと思って引っ張り出すとシワシワで、アイロンがけは大嫌いだから、面倒でそのまま戻しちゃう 笑。 だから、死蔵している服の出番は、永遠に巡ってこなかったですね」 ファッション関係も含め、断捨離や片付け本は何十冊と読破してきたという松尾さん。 部屋の断捨離はうまくいったものの、服だけは何度片付けてもリバウンドしてしまっていた。 「洋服をどうにかしたいと常々思っていたから、友人で編集者の女性のフェイスブックで、『1年間洋服を買わないチャレンジがあと3カ月で終わる』という投稿を見たときに、即反応しました。 好奇心旺盛なのが私の取り柄なので、間髪いれず『それって、なに?』と問いかけると、取り組むための3つのルールを教えてくれました。 でも、絶対自分にできるとは思えなかった 笑。 だから、素直に『私には、1年間は無理だと思う』ってコメントしたら、その返事が『100日でいいからやってみて。 それだけでも変わるから』だったんですね。 100日さえもやり抜く自信は持てなかったけど、おしゃれな彼女がそういうなら何かあるんだろうなと思って、やってみる気になったのが私のチャレンジの始まりです」.


最後までお読みいただきありがとうございました。

More

そこで出した必要条件は、下のとおりです。

More

むしろそういうのを見ていると、服が欲しくなってしまうので、見ないでください。

More

イメージが膨らんで、どんどん買い物してしまうことに。

More

More

ハイゲージ• 自分のやっていることを客観的に見つめるのです。

More

派手な服、変わったデザインの服のような、着回し感を生みません。

More

このチャレンジのいいところは、もし失敗しても誰にも迷惑はかからないことです。

More

ですが、手に取ってはみたものの、やっぱり今日はやめておこう・・と思ってしまう服が 半分以上あるかもしれません。

More

理由はオールシーズン使えるし、服より流行り廃りがないからです。

More

でも、洋服は減らしたいけれど、新しい洋服も楽しみたいし、遊びも取り入れたいというのが女性の本音ですよね。

More

服を買う行動の多くは、完全に習慣になっているので、無意識に買っていたとは思います。

More