楽に死ねる - 薬物で自死する人は、睡眠薬の多量摂取が多いようですが、なぜ睡…

楽に死ねる - 楽に死ぬ方法は理科の勉強の中で分かるよ!

楽に死ねる - 「どうしたら死ねるだろうか」喪失を描く作家・柳美里氏の言葉

【8月30日 AFP】オーストラリアの安楽死支持グループは、禁止されている「自殺薬」を末期患者が自宅のキッチンで調合できるよう、作り方を紹介した5分間のビデオを作成した。 AFPが入手したビデオでは、「コーヒーポット薬剤師」の年配者グループが「自殺薬」の調合方法を紹介。 加圧式のコーヒーポットに金属ナトリウムとほかの材料を入れてキッチンレンジで過熱し、ある温度と圧力にするだけで「穏和な錠剤」と呼ばれる「ネンブタール()」を作ることができるという。 「ネンブタール」という商標名で知られているバルビツール酸系催眠薬のペントバルビタールは、かつてごく少量が鎮痛剤として広く使用されていたが、オーストラリアでは1998年に使用が禁止された。 だが、病気や高齢で衰弱した場合に痛みのない、安楽な死を求める年配者は、この薬をますます求めるようになっている。 安楽死を推進するフィリップ・ニチキ()医師によると、同医師は通常「ネンブタール」を求める人々に対し、メキシコで入手できることを伝えているという。 ニチキ医師は安楽死がオーストラリアの北部特別地域()で合法化された際、合法的に安楽死を処置した世界で初の医師。 同医師は、96歳の男性を含む全国から集まった約10人の「キッチンの薬剤師」たちは、オーストラリア政府が安楽死を禁止したことによって駆り立てられたのだと話す。 「かれらは違法行為を行っていると分かっているが、かれらの言い分は『わたしは80歳だ。 実際にわたしを捕まえにくるだろうか?』というものだ」と明らかにした。 また、「問題なのは選択肢がないことで、かれらは素人科学者になるか、メキシコに行くしかない」と指摘した。 このビデオは、オーストラリアからメキシコへ長旅をする代わりに、自宅の庭やキッチンで「ネンブタール」を作ろうとする試み「」にかかわる年配者グループの3年に及ぶ作業の集大成で、3週間前に作成されたという。


だが、病気や高齢で衰弱した場合に痛みのない、安楽な死を求める年配者は、この薬をますます求めるようになっている。

More

できれば死なず、まっとうに生きられるといいんですけどね。

More

沢山吸ってても無害な気体です。

More

自殺にしろ 他殺にしろ、戦争でさえも。

More

生きようなどと思うから死にたくもなるのですね。

More

沢山吸ってても無害な気体です。

More

あなたにも私にも死は訪れます。

More

だからこそ、安楽死を遂げられる人の条件や審査はとても厳しく行われ、誰でも安楽死が認められる訳ではないという。

More

日本人の平均寿命(2016)と並べると、こうなる。

More