スアレス 怪我 - スアレス負傷で絶対的エース動く…メッシがバルサ新監督に“親友”獲得を進言

スアレス 怪我 - 引退はコート上で?スアレス ナバロの化学療法が終了

スアレス 怪我 - 【SPORT独占】スアレスが昨季の怪我についての不快感を暴露

「勇気と希望を持って治療に臨む」とSNSに綴っていたスアレス ナバロは、その後もトレーニングする姿や家族と過ごす姿をSNSでシェア。 先日はテニスコートで打ち合う動画も投稿し、友人や仲間のテニス選手、ファンから応援されていた。 最近のスペインでのインタビューで、スアレス ナバロは治療が順調に進んでいること、あと1ヶ月ほどで寛解となりそうなことを語った。 ウェブメディアEssentially Sportsが報じている。 プロアスリートであることが治療の役に立ったかと聞かれて、スアレス ナバロは答えた。 「副作用やその痛みについて聞かされていたけど、テニス選手であることが助けになったと思うわ。 キャリアの中で苦しい思いをしたり、痛みに耐えてプレーしなければならないことがあったから」 「だから治療で痛みを感じても、なじみのある、既に知っていたことのように感じた」 診断結果を聞いた時、最悪のことを恐れたかという質問には、「それはなかった、本当に。 最初は原因がわからず、あらゆる検査を受けたの。 その間に医師からあらゆる可能性を聞かされていた。 だから覚悟はしていたわ」 「結果がわかるまでに7日ぐらいかかったと思う。 だから驚きはなかった。 そして治癒は十分に可能だと、早期に発見できたと言ってくれたから、怖くはなかった」 スアレス ナバロは、医師たちは彼女にこの闘いに勝つことができると信じさせてくれた、と語った。 「医師たちは大きな希望と信頼をくれたから、怖くなかったわ」 だが、病のせいでキャリアが短縮されてしまったことには落胆した。 「なんで今この時にって思ったわ。 15年間テニスを続けてきて、最後までできないなんて」 「今はとても元気。 でも当時は、2021年にもう一度プレーできるかどうかわからなかった。 あれで終わりになってしまうなんて、自分らしくない。


2020年はこれまでに9試合に先発して、4勝1敗で防御率1. 石川、松本裕の若手2人が結果を出したことで、なかなか1軍から声が掛からなくなった。

More

阪神ファンの私としては藤川球児が今シーズン不調で、引退しますので、ロベルト・スアレスがいなかったら阪神の抑え投手はどうなっていたのだろうと不安におもいます。

More

ロベルト・スアレス選手には嫁はいなかったんです!そう、ロベルト・スアレス選手はまだ独身だったんです。

More

「今は体調もとてもいいけれど、まだ疲れやすいし、戻れるかどうかはまだはっきりとは言えない。

More

2019年の末に、2020年がプロとして最後の年になると公表していたスアレス ナバロだが、シーズンはパンデミックのために中断。

More

確かに、内川不在の影響があったのか、打線は爆発力に乏しく接戦が続いたが、勝負どころできっちりと得点し、僅差での勝利を挙げてきた。

More