魔 改造 の 夜 トヨタ - 『魔改造の夜』は世のエンジニアを刺激したか 魔トースターが食パン宙に跳ばし、魔ワンちゃんも超高速移動!|日刊サイゾー

魔 改造 の 夜 トヨタ - 「魔改造の夜2」の見逃し再放送はある?【無料フル動画】を紹介!

魔 改造 の 夜 トヨタ - 魔改造

日本の未来を輝かせる衝撃的な発想満載! 前回は、トースターを魔改造して、ちゃんと焼けたトーストをいかに高さを出して飛ばすのかという内容の競技と子どものおもちゃとして知られている歩くワンちゃんを25メートルをいかに早く歩かせるかという内容でした。 トースターも歩くワンちゃんもメーカー側が技術者の育成を目的とする番組制作側の意図を汲み取って快く協力していて、さらにスタジオで見守る時も本当に楽しそうでした。 そして魔改造にチャレンジするチームも皆さん切磋琢磨し、お互いの魔改造に関心を寄せたり関心したりするなど、とても楽しそうにテレビに映っていました。 物づくりをする人たちは会社や大学など立場は違えど皆さん、物を作ることをとても楽しんでいるのだと感じました。 この番組を見ていると、日本の物づくりは素晴らしいエンジニアが活躍していることを実感しました。 魔改造も楽しかったし、出演する技術者の楽しそうな姿も良かったです。 あと、出演している伊藤沙莉さんたちのコメントや実況も最高でした。 今回の放送ではスペシャル版になるというので、どのような内容が変わっているのかその辺が気になります。 もし新作なら嬉しいですが、前回の放送の内容の編集版でも見やすくなっていると思うので、それでも楽しめますし、さらに追加で映像が見られるなら嬉しいです。 — ミニ四駆の魔改造や漫画で魔改造は聞いたことがありますが、トースターやワンチャンのおもちゃを「魔」改造する必要はあるのかと一般人の私からすると考えてしまいますが、技術者の方からすると今まで培ってきた技術をいかにえげつない「魔」にするか考えに考えて制作しているんだろうなと凄さを感じました。 一つ目の「ポップアップトースターで食パンをどこまで高く跳ばせるか! 」」はトースターとしての意味が分からなくなってしまう改造で焼くことではなく、いかに高く飛ばせるかなので技術の無駄使いだなと本当に思いましたが、記事を読んでいてワクワクする気持ちも感じましたし、もしできるのであればギネス記録に挑戦してほしいです。 2つ目の歩くワンちゃんの人形を改造して、どれだけ早く走らせることができるか! 」は、かわいいワンちゃんの人形がどれだけ速く歩くではなく走るのか楽しみですし、この技術がアイボなどの犬ロボットがより本物の犬のようになれるためにとても参考になるだろうなと思いました。 記事を読むまでは無駄な技術だなと思っていましたが、読んでみるとこの技術が別のことに応用できそうだなと感じたので無駄な魔改造はないんだなと観るのが楽しみになりました。 日本最高の大学T大工学部の学生が、遊びのような形から、色々な物を作り出す、すごいですね。 面白いですね、ポップアップトースターを改造して食パンをどこまで高く飛ばせるか、ミニ四駆のようなおもちゃをとてつもない猛スピードで、走らせるだけでなく頭上高くジャンプできるように改造するとか、大学生って本当にすごいですね。 日本の未来は明るいですね。 こういった優秀な学生さんが、色々試行錯誤し、考え抜いて色々な物を発明される、すごい事です。 ギターのような楽器を形状をすっかり変えて星型のボディーにしちゃうとか、本当に面白いですね。 私の主人の趣味はギターですが、ギターを見て歩くのも趣味です。 今から、色々な物が出てくるんじゃないかと思うとすごく楽しみです。 歩くワンちゃんの人形を改造して、どれだけ早く走らせるか、発想が面白いですね。 優秀な学生が家電をパワーアップ、極限のアイデアとテクニックを競う新しいエンタメ番組すごく楽しみです。 魔改造の夜ですか、大人たちのやばい本気が出て、たぶん見たら、度肝を抜かれるような気がします。 今からの若い優秀な学生さんにエールを送りたいです。 気合で感染症を吹き飛ばしてほしいです。 超一流の大人たちの本気を観られるので、技術者達の真剣な眼差しを見られるのが楽しみです。 何かに真剣に取り組んでいる人の顔を観ることが好きなので、自分の知らない世界で努力しておられる人たちの本気を見られるのが見どころだと思います。 日本が誇る技術の勉強をたくさんしている大学生のチーム、下町の工場だが、日本の技術を支える大切な技術者のチーム、自動車メーカーの世界からのチームなど、それぞれ違った良さを持っている人たちの、独創的な発想が見られるのが、とても楽しみです。 自分では考え出さないような面白い知恵を繰り広げてくれるので、技術者達の一流の技術を観られるので、楽しみです。 日本の技術の未来が大きくかわるような番組内容になることを期待しています。 放送時間帯も、家族みんなで楽しむことができそうなので、家族みんなで技術者達のすごい技術を観ながら、楽しく笑い合いたいです。 「衝撃的な発想」がたくさん出てくるみたいなので、普段頭が固めの私が、この番組を観て、少しでも頭が柔らかくなって、私生活でも柔軟な考えに慣れればと思います。 まとめ 日本を代表する超一流の技術者たちが、様々な家電やおもちゃなどを改造して本気で競い合うという「魔改造の夜」は、技術者たちのあまりの本気っぷりと技術力の高さから、放送直後からSNSで話題となった番組で、そのスペシャル版が見られるというのはとても楽しみです。 家電やおもちゃを改造して戦わせるというのは、見る前からとても面白そうな内容で楽しみですが、その魔改造を誰もが知る超一流の会社の技術者や、町工場の職人たちが本気で作るという番組は、今までに全く見たことのない内容でとても期待してしまいます。 SNSで話題となった、おもちゃの歩くワンちゃん人形を改造し、25mのレースをどれだけ早いスピードでゴールさせるのかを競い合うという内容も放送してくれるということで、見逃してしまった人にはとてもありがたく、今から楽しみにしてしまいます。 おもちゃや家電を改造して競い合うという内容は、一見くだらないようにも思えますが、それを超一流の技術者たちが本気で挑むという姿は、感動しながらも笑ってしまいそうで、見るだけで元気になりそうです。 他にもポップアップトースターを改造して、いかに高く食パンを飛ばせるかという内容も面白そうでとても楽しみです。


特に注目したいのは、前回は「製品にもともとある機能を拡張せよ」というお題だったところ、今回はそもそもない機能を付け加えよというお題であること。

More

オークションスレッドから魔改造専門のスレッド(「みんなで御魔改造」)が派生し、活動が活発化する。

More

当時、トヨタがハイブリッド用として注目していたのが、省エネルギー、軽量、コンパクト、低環境負荷という優れた特性を持つガスタービンエンジンで、吸気・圧縮・燃焼・排気という一連のサイクルを回転運動のみでおこなうことが特徴。

More

現役エンジニアたちが本気で改造に取り組み、モンスターを生み出す様はSNSでも話題となっています。

More

エンジンの出力は30馬力ほどですが、最適な回転数を保ったまま発電をおこなうことで、レシプロエンジンよりも効率がよく、さらに燃料も灯油、軽油、天然ガスなど、さまざまなものが使えるというメリットがありました。

More

食べものは大事にしないといけない(飛ばすけど) 実況はNHKの矢野武アナ、解説は長藤圭介(東京大学工学部准教授)、名誉顧問としてスプツニ子!&伊藤沙莉という布陣。

More

おもちゃに25メートル走をさせるなんて一体誰が思い付くでしょうか。

More

町工場チームはベテランの技術力でステンレス製の巨大ローラーを製造。

More

番組では、技術者たちによる熱いドラマが垣間見えます。

More

日本語における「魔改造」が中国語圏に持ち込まれる際に「魔改」となったもの。

More