笠松 競馬 - 笠松競馬全関係者調査

笠松 競馬 - “渦中”の笠松競馬が開催再開! 突然の騎手、調教師の引退……。待たれる全容解明に、関係者も注視か

笠松 競馬 - 【笠松競馬問題】ついに元調教師が認めた八百長競馬。一般競馬ファンが怒っていい時が来た!

前代未聞の笠松競馬開催中止の理由 ついに地方競馬界の八百長問題が明るみとなり、競馬場自体が開催自粛に陥った。 前代未聞の開催中止理由だ。 原因は八百長によって得た儲けを税務署から無申告と指摘されたことによるものだ。 大きいのは所得を八百長レースを企てたことによる馬券での利益と元調教師が認めたことだ。 八百長というのは簡単に言えば、騎手や調教師というレース結果を左右できる人間たちが馬券を買って儲けていたということ。 圧倒時な人気馬をわざと負けさせることを「ヤラズ」などと言うが、まさにそれがメインの八百長方法だった。 その利益額は3億円にもなるという報道が出ている。 本来ならば一般競馬ファンの払い戻しに充てられている金額だ。 結果を左右できる人間が馬券を買えばそれは儲けられるに決まっている。 だから、競馬法に関係者は馬券を買ってはいけないと書かれているのだ。 これは一般競馬ファンを冒涜する行為以外の何物でもない。 何年も前からSNS上などで「異常オッズ」が報告されていた。 明らかに的中した配当金が安いのだ。 これは、八百長グループが当たり馬券を大量購入していたことによる。 今回の事は笠松競馬に限った事ではない。 むしろ、地方競馬ファンならもっとあからさまな競馬場を御存知だろう。 それに関わっているであろう馬主や調教師、騎手も。 そしてそれがあと1場だけではないことも。 我々一般競馬ファンは怒っていい時に来た。 そして、「八百長競馬場の馬券なんか買わない」ということで自己防衛をしてほしい。 地方競馬に限らず、真っ当に真剣勝負のレースをしている公営競技がほとんどなのだから、そちらでレースを楽しもう。 公開日:2021.


クビにしておけば、処分済みで、レースを自粛する必要がなかったのでは」という声も聞かれた。

More

19日は1巻の発売日ということで、本賞金とは別に株式会社Cygames賞として馬主、調教師、騎手、厩務員にそれぞれ2万5000円の賞金が用意された協賛競走が行われるはずだったのだ。

More

内部情報を悪用するなどして、親族や知人の口座を借りて馬券購入サイトに登録し、利益を得ていたとみられる。

More

関係者からは「この段階で新たな手を打たなかった対応が悪い。

More

所属する騎手や調教師らが、笠松競馬の馬券を他人名義で購入するなどし、多額の所得隠しがあった問題で大揺れとなっている。

More

その工事が予定通りに完了したことで、無事に競馬再開となった。

More

所得隠しとされたのは、引退したこの4人を含め、現役の騎手や調教師、手数料を受け取っていた親族や知人ら計10人ほど。

More

地方競馬全般がテーマの内容だが、佐藤友元騎手を含めた4枚の写真をアップし、「西山茂行の勝負服を着た地方競馬の騎手(元騎手含む)を4人アップします。

More

笠松競馬(岐阜県笠松町)に所属する騎手や調教師、その知人ら約20人が名古屋国税局の税務調査を受け、2019年までに計3億円超の申告漏れを指摘されていたことが18日、関係者への取材で分かった。

More

笠松競馬を巡っては、岐阜県警が20年6月、馬券を買った疑いがあるとして、競馬法違反の疑いで騎手と調教師計4人の自宅などを家宅捜索していた。

More