クァンダ ノック と は - 数学検索アプリ クァンダがすごい!|はっぴー|note

クァンダ ノック と は - 「クァンダ」は数学教育にどうもたらすか?

クァンダ ノック と は - ‎「数学検索アプリ

バイト先の塾で、生徒から教えてもらったアプリ「クァンダ」。 問題を写真で撮影すると、AIによる検索で、似た問題の解説を探し出してくれるという画期的なアプリ。 自分ではまだ利用していないけど、まずは使用前の期待感や現時点で分かった情報を記事として公開する。 *とは? 韓国発の数学解説検索アプリ。 edtech企業である株式会社Mathpressoが運営している。 2019年3月Google play storeとApp storeで教育カテゴリーで1位を記録してから持続的に上位を維持している。 月間アクティブ利用者数(MAU)も急激に増えており、ここ5か月の間、日本で約100万個の問題を解決した有意味な教育サービスに成長しました。 とのこと。 生徒用アプリの利用は基本的には無料。 解説は有名大学の学生が作成しており、解説を作成によりコインをためてペイパルなどに換金できる。 *評価は…?(生徒用・先生用) 生徒用アプリのレビューは、約217,000 件の回答があり、平均値が4. 9という評価。 しかも、評価1が最も多数。 解説を見る側(生徒)は、比較的高評価をしているにも関わらず、解説する側は低評価。 クァンダ先生のコメントを見ると、「回答時間が短すぎる。 」「不当に評価された。 」「質の悪い生徒がいる 提出課題を全部聞いている 」などがある。 *私が思うこと 最初に教えてもらったときは、すごい!!めっちゃ便利と思った! けれど、先生側のレビューなどを見ていくなかで、個人的な意見として、このアプリは使い方次第では生徒の考える機会を奪いかねないと感じる。 例えば、学校でプリント課題が出たけど、教科書などを見てもどうしても解き方が分からないとか、問題集の解説を読んでも不明な部分があるとか、いったん考えた上で利用するのは良いなと思う。 でもコメントにもあった、提出課題を丸写ししようとするといった使い方は本来開発者が望んだ方向とはずれているのではないかと思う。 アプリが自由に使えるため、どう活用するかは個人で選択できる状態である。 そうなると、いっけん便利になった社会だけれど、よく考えることが求められているのだろうな。 ここまで考えない=悪として意見してしまったけど、自分もgoogle検索に頼りがちだり、便利なものは活用すべきなのは間違いないので、また実際に使う機会があれば、そのレビューも記事にしたいと思う。


個人識別• 下部に表示されているタブを数式に変更します。

More

追加のテキストや写真があれば追加することができます。

More

あなたは アイコンをクリックします。

More

その場合、自力でどうにか解ければいいに越したことはないのだが、普通の人たちは解答をどこからか持ってくるであろう。

More

個人情報提供 クァンダは会員様の別途の同意があった場合や法令に規定された場合を除いて決して第3者に提供しません。

More

引用:中学校学習指導要領 H29 解説,数学編 p32-33 このように数学を学ぶ意義としては、「主体的に問題を解決する姿勢」「言語としての数学を表現する」「意見の交流や議論などを通して吟味を重ね,更に洗練させていくこと」が重要なのであり、 決して数学の問題が解けるようになったからといってとして完成したということではないのである。

More

・クァンダ先生は、国立大学の現役大学生や塾講師などが登録されています。

More

そのことを考えると、計算に関して 学生のうちから「パソコンに任せる」という態度を全否定することはできないのではないだろうか。

More

子供会員の個人情報収集と利用 クァンダでは、子ども会員のクァンダアカウントやサービスの利用に関して、クァンダで収集する個人情報、収集された個人情報の利用、情報のアップデート、管理、削除の方法について把握することが、会員のご両親にとって重要であることを承知しております。

More