尿素 窒素 高い - 腎臓病による高窒素血症を下げる

尿素 窒素 高い - 医者かは尿素窒素が高いと言われました。水分をちゃんととりなと言われま...

尿素 窒素 高い - 血液検査で尿素窒素BUNが高い時の原因と症状『改善するための食事』

腎臓の働きと検査 腎臓はどのような働きをしているのでしょうか? 腎臓は主に5つの働きをしています。 1.尿として老廃物を出す 血液中の尿素窒素、クレアチニン、尿酸など老廃物をろ過し、余分な水分と共に尿をつくっています。 必要なものは元に戻して、あとはおしっこに・・・ 2.電解質のイオンバランスを保つ 1日におよそ150㍑の原尿から体に必要な電解質を99%再吸収し、残り約1%(1. 5リットル)を尿として出し、からだの電解質の濃度を一定に保っています。 それによって、細胞内外の水分を一定に保ったり、神経の伝達、筋肉の収縮、止血などに作用しています。 高血圧、頻尿であるとか、だるさが取れないとか、体重の増加などある場合には注意が必要です。 検診のたびにタンパク尿が出たり、血液検査の結果に異常が出たときには、かなり進行してしまっていることもあります。 腎不全によって起きる主な障害は次の5つです。 1.老廃物がたまる 老廃物や余分な水分がたまり、むくみが出たり、体がだるさくなります。 吐き気や頭痛、食欲不振など尿毒症を起こします。 さらに進むと、心不全や肺水腫などの合併症を起こし、生命の危機にかかわります。 2.電解質のバランスが崩れる 電解質のバランスが崩れ、からだは酸性に傾き、吐き気や嘔吐、食欲不振、頻脈などの症状が出ます。 また、記憶障害を起こすこともあります。 このからだが酸性に傾いた状態をアシドーシスといいます。 3.血圧が上がる 腎臓の血流量が減少し、レニンの分泌が過剰となり血圧が上がります。 腎臓内の血管の狭窄などによって血流量が減少すると、腎臓は血圧が下がったと勘違いし、レニンが過剰に分泌され血圧が上がるのです。 4.貧血になる エリスロポエチンの分泌量が減り、赤血球を作るよう骨髄への指令がいかず、貧血になります。 これは、赤血球の減少によって、酸素の運搬をしている赤血球に含まれるヘモ =鉄 グロビン =タンパク質 が減るためです。 これは、副甲状腺ホルモン(PTH)が,血液中の不足したカルシウムを補おうとして骨からカルシウムが溶け出すためです。 血液検査ではどの項目を見るのでしょうか? 主にクレアチニン(Cr)と尿素窒素(BUN)の値を見ます。 クレアチニン(Cr) クレアチニンとは、筋肉内にあるクレアチン(アミノ酸の一種)が筋肉を動かすエネルギーとして使われた後にできる老廃物のひとつです。 クレアチニンは食事の影響を受けないで、常に一定量生産され、ほとんど体内に再吸収されることなく、腎臓からのみ排泄されます。 なので、クレアチニンが腎機能をみる指標となっています。 腎機能が低下すると腎臓から排出されず、血液中にたまり、クレアチニンの値は上がります。 ただし、筋肉量に比例するため、筋肉が多い人ほど濃度が高く、筋肉の少ない人は低くなります。 尿素窒素(BUN) 尿素窒素とは、体内でエネルギーとして使われたタンパク質の老廃物(タンパク質の最終代謝産物)です。 食事で摂ったタンパク質量に左右されるため、腎臓が悪くなくても過剰なタンパク質摂取によって上がります。 また、カロリー不足など体のタンパク質(筋肉など)が使われた場合や、脱水、消化管出血などがあるときにも増えます。 腎機能が低下すると腎臓から排出されず、血液中にたまり、尿素窒素の値は上がります。 血液検査をした際には、検査結果のコピーをもらうと良いでしょう。 はじめから「どうせ分からないから…」というのではなく、数値の上がり下がりなど経過を追うことはとても大切です。 検査データは医師だけ知っておけば良いというのものではありません。 医師は、たくさんの患者を診ます。 患者は、1人だけ(自分のデータ)診ればいいのです。 それだけ症状の変化や疑問点により早く気づくことが出来ます。 また、医師とも相談し易くなり、適切なアドバイスや診療を得られます。 血液検査から分かることは、腎機能だけではありません。 食事療法がうまくいっているのか知ることが出来ます。 タンパク質の制限の見直しや、生活習慣、食事内容の改善にもつながります。 食事療法がうまくいっていれば、老廃物の量が減るわけですから、尿素窒素の値は上がりません。 食事療法を全くしていなかった人が正しい食事療法を行なっていくと尿素窒素の値は目に見えて下がってくるでしょう。 数字として実際に分かれば、食事療法を続けていく上で大きな励みとなるのではないでしょうか。 腎臓にどの位ろ過能力があるのかをみる検査とは? クレアチニン・クリアランス CCr という検査があります。 クレアチニン・クリアランスとは… 老廃物を含む血液は腎臓の中の糸球体(糸球のように集まった毛細血管)でろ過されるのですが、その糸球体が1分間にクレアチニンを含む老廃物を何ml(ミリリットル)ろ過出来るかを調べる検査です。 クレアチニン・クリアランスの値は、糸球体がろ過する原尿の量とほぼ一致する事から、糸球体ろ過量(GFR)を推測し、腎機能のレベルが分かるのです。 クレアチニンの生産量が常に一定であり、糸球体でろ過された後、ほとんど体内に再吸収されることなく排泄されることからクレアチニンの値をもとに計算します。 腎機能が低下すると、糸球体ろ過機能が衰え、徐々にクレアチニン・クリアランスの数値も下がります。 1度壊れた糸球体は2度と再生されず、糸球体の数が徐々に減っていくためです。 例えば、腎臓での仕事 糸球体でろ過する作業 が100個あるとします。 通常腎臓は、100人で100個の仕事をしている工場と考えてみてください。 腎臓が悪くなった状態というのは、そのうちの何人かが疲れて働けなくなり、80人で働いている状態です。 しかし、仕事量の100個というのは変わりません。 つまり、80人で100個の仕事をしなければなりません。 するとまた何人かは疲れてしまい、今度は50人で100個の仕事をしなければなりません。 これは正常な腎臓の状態からすれば、1人当たりの仕事量は2倍です。 これではますます脱落者が増え、働ける人数も30人、20人…と減っていき、ついには0になってしまいます。 腎臓がまったく仕事をできなくなった状態です。 この腎臓という工場で働いている人数を見て、糸球体の作業効率をみるのがクレアチニン・クリアランスです。 また、この数値は、加齢とも関係しますが、正常値が男女とも約100ml(ミリリットル)/分であることから、そのまま%(パーセンテージ)に置き換えて、糸球体ろ過機能が後何%であるかを知る目安となります。 腎機能低下の進行は予測できないのでしょうか? クレアチニンとクレアチニン・クリアランスが反比例することから、グラフにしてみることができます。 クレアチニンの逆数(1/Cr)を計算します。 横軸(X軸)に時間(期間)をとり、縦軸(Y軸)に1/Crをとります。 1/8から1/10のところを見れば、透析開始を考えなければならない時期を予測することが出来ます。 上記表の例では延長線と1/8の線が交わる場所がおおよその透析開始時期となります。 なお、食事療法がうまくいくと、グラフの線の角度が緩やかになり(水平に近くなる)、透析開始時期を遅らせることに成功することを読み取れるグラフとなります。 「腎生検」という検査とは? より正確にどのような病気によって腎臓が悪くなったのかを調べるための検査です。 腎臓の組織を一部採取して顕微鏡で見て調べます。 腎臓は毛細血管の塊のような臓器ですから、容易な検査ではありませんが、これによって、正しい病名、病態が分かり、薬や今後の方針など診断がつきます。 腎臓病の食事療法がうまくいっているのか目安となる計算方法は? 血液検査データのクレアチニンと尿素窒素(BUN)の値を見ます。 タンパク質制限をしていなければ、この式の答えは10を超えます。 腎臓病の食事療法がうまくいっていれば… タンパク質制限が40gなら、およそ7 タンパク質制限が30gなら、およそ5 タンパク質制限が20gなら、およそ3 これを超えるようであれば、食事療法に何かの問題があるはずです。 (ただし、大ケガや大手術の後、副腎皮質ホルモンを服用している、消化管出血がある場合などは食事に関係なく尿素窒素の値は上がるので目安に出来ません) 慢性腎臓病(CKD)のステージ表 血清クレアチニンの値と年齢から推定した糸球体ろ過量(推算GFR)の値によって、腎機能の状態を5段階に分けたものです。 残腎機能を知ることで、適切な時期に適切な治療を行うための指標となります。 医師は、病気を診断し、検査や薬、治療方針などの選択肢をくれます。 その医師の言葉や薬、治療方針を理解できるようになるためには、患者は、病名や原因、今の状態や症状、検査結果などを知っておくことがとても大切です。 病気のことが正しく理解できれば、気になる症状や状態の変化、今後の治療方針などについて、医師と有効的なコミュニケーションをとることが出来ます。 不安を取り除き、病気と向き合うことが出来ようになるのです。


5リットル)を尿として出し、からだの電解質の濃度を一定に保っています。

More

それに腎臓に慢性的に負担の掛かる状況を放置すると、腎臓自体が弱ってしまう事もあります。

More

消化管出血が起こることで体の血液が減り、腎臓への血流量が減るため、体内に水分や栄養分を残そうという動きが働き、腎臓の近位尿細管での水分やBUN 尿素窒素 や他の物質の再吸収が増え、血中BUN(尿素窒素)が上昇します。

More

同じく腎機能を反映する血清Crの値や他の検査項目、画像診断などと合わせて総合的に、その原因を突き止めていくことが重要です。

More

吐き気や頭痛、食欲不振など尿毒症を起こします。

More

クレアチニン(Cr) クレアチニンとは、筋肉内にあるクレアチン(アミノ酸の一種)が筋肉を動かすエネルギーとして使われた後にできる老廃物のひとつです。

More

141• これらは体内に吸収されますが、アンモニアは肝臓で無毒化されBUN(血中尿素窒素)が増えるのです。

More

このため、尿素窒素(BUN)は 腎臓の機能を調べる検査として用いられます。

More

Q 26才 女 です 小さいころから貧血気味のため健康診断などを合わせ、年に2-3回血液検査をしていただいてます。

More

上部消化管出血、脱水血液、など。

More

倦怠感・体調不良 体内の不純物が排出されずたまることで、常に倦怠感を感じるようになり、頭痛、吐き気、食欲不振という症状があらわれることもあります。

More