時 透 無 一郎 小説 - 距離感?そんなの関係ない。【時透無一郎】

時 透 無 一郎 小説 - 【鬼滅の刃】もう一度、貴方と。【時透無一郎】

時 透 無 一郎 小説 - 時透無一郎 小説

| | |ー……秋の夜の霧立ちわたりおほほしく夢にぞみつる妹が姿を。 私は貴方の為に刀を握って死んだーーー . . ー……はずだった。 『私は……っ! 』 いつまでも私は貴方の為に刀をふるう。 ー……例え私を忘れていようとも。 . . 「秋の夜、霧がたちのぼってぼんやりしているようなおぼろげな夢をみたよ、愛しいあの子の姿を…」 . -------------------------------------------------- 鬼滅の刃に手を出してしまった…! 推しはもちろん? 夢主ちゃんは、霧の呼吸をつかいます。 霧と霞は意味的にはおなじですが、技とか全く違うのでご了承ください。 デフォルト名は紬です。 間違い等がございましたら、コメントにて教えて頂けると嬉しいです。 凄い面白いです。。。


有一郎は「 わかってるよ だけど俺は 無一郎に死なないで欲しかったんだ・・・・・・無一郎だけは・・・・・・」と更に泣き崩れ、弟と抱擁を交わしたのだった。

More

だが景寿郎にはしのぶを否定することは出来ない。

More

一人称が安定しなかったのも無一郎の「僕」と有一郎の「俺」が混在していたからである。

More

__醜い、なんと醜悪か。

More

」 今までずっと黙っていた無一郎の突然の告白に、各自様々な反応を返す。

More

腕を斬られる時透 鬼舞辻無惨が鬼殺隊の長である産屋敷耀哉の元を襲撃する。

More

「……動きも良い。

More

玉壺の頸を落とした時透 玉壺が炭治郎の刀鍛冶である鋼鐵塚を殺そうとしているところに、時透が現れる。

More

炭治郎との会話のとあるやり取りで一瞬年相応のリアクションで動揺した事もあり、彼の一見すれば冷たい性格は、記憶を失う事への潜在的な恐怖や不安を押し殺して、自分の心を守る為の防衛本能のようなものでもある。

More

だが、それらの規則を破ってでも会いに行く価値が時透無一郎にあると思ったからこそ景寿郎は此処に居た。

More