君 に 届け 三浦 春 馬 - 三浦春馬と多部未華子がフライデー?ベッド写真流出?仙台で目撃され熱愛確定!?

君 に 届け 三浦 春 馬 - 三浦春馬さん死去、多部未華子との「オリンピックカップル」もう見られず 約4年ごとに映画で共演、「君に届け」から3度: J

君 に 届け 三浦 春 馬 - 《三浦春馬さん追悼》恩人が明かす“天才子役時代”とその後の苦悩「役に入りすぎて不安定になることも」

男女を問わず若い世代が夢中になった『君に届け』 画像はAmazonより 三浦春馬のことばは印象的だ。 「ごめん」「大丈夫」「え?」「うん」短い台詞をとても大切にしていると感じる。 相槌にすぎない台詞もあれば、流れからふとこぼれただけのような短い単語もあるが、どんな小さなことばにも彼はやさしく命を吹き込む。 しかも、いたってさりげなく自然体で。 それらは非常に心地いい。 『君に届け』がブームとなった当時、男女に人気があると聞き驚いたが、三浦春馬が演じる風早くんを観て、納得したことを覚えている。 360度さわやかだが、決して八方美人ではない風早くんは、とてもやさしかった。 小さな小さなことばを受け止め、小さな小さなことばを大切にしていた。 三浦春馬が演じたからこそ、風早くんのことばは心地よかったのだろう。 ただ三浦春馬の心地よさはこの作品に限ったものではなく、彼自身がことばをとても大切にするひとなんだと思っている。 そばにいるひとを輝かせる、しなやかさ 三浦春馬と共演する女性たちは、みんな輝いている。 彼自身も圧倒的なオーラを放つ俳優だが、女優たちの匂いを引き出すことが本当に巧い。 彼のしなやかさを感じる。 たとえばそれは、2018年の『tourist ツーリスト』だ。 3部作の構成は各作品でヒロインが違うのだが、相手の話に耳を傾ける彼の仕草がいい。 距離を置いたり縮めたりしながら、彼女たちの内面を引き出す不思議なチカラを感じる。 もちろん、ミステリアスな雰囲気と彼の艶がふんだんに織り込まれ、三浦春馬だからこその刺激的な作品で、横顔、昼の顔と夜の顔、少年のような眼差しを見せたかと思うと、刺さるような視線も向けてくる。 ことばのないところでも、空気の重さを操っているかのようで、新しい三浦春馬にあふれている。 ノンストップ系のドラマは多いが『ブラッディ・マンデイ』は完成度が高く抜きんでている。 ハラハラドキドキに加え背中がゾクっとしたものだ。 三浦春馬の集中力に驚いた。 濃厚な怪演が渦巻くなか、埋もれることなくファルコンをまっとうしている。 記憶に新しい舞台『キンキーブーツ』を観ても、彼がいかに基礎から徹底的に歌や踊りに取り組んだかが、うかがえる。 踊るための体幹づくり、肩甲骨の使い方、胸と首の見せ方、短い日数で手に入るものではない。 基礎を徹底すると遠回りに感じることがある。 自流でも一時的に「華あるモノ」は見せられるが、三浦春馬はそれを望まない。 本当に素敵なものと、そうでないものをかぎ分ける感性が豊かだったのだろう。 時間はかかるが、基礎を積みあげることで確かなものが手に入るはずで、彼は常にそちらを選んだ。 だから舞台での輝きは格別だった。 内なるものが解放される瞬間の美しさは圧巻で、エンターテインメントの真髄を私たちに見せてくれたのだ。 彼の仕事に対する姿勢は凛々しい。 作品にも映っている。 これからもっと彼の作品を観たいと想う。 そして、彼の作品を愛したいと想っている。


ただ、自分のことをうまく伝えることが出来ず、「貞子」と呼ばれクラスからは浮いた存在だった。

More

2人を目撃した人達のツイートを見てみましょう。

More

6万部を売り上げ、品薄となり取引価格が高騰していたが、出版元であるが7月28日に重版を発表。

More

なお、所属事務所のサイトは「三浦春馬に関するお知らせ」と更新し、「弊社所属の三浦春馬が、2020年7月18日に亡くなりました」と発表しており、「自殺とみられる」と一部では報じられているが、発表では「ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、ご心配、ご迷惑をお掛けしておりますが、詳細に関しましては、現在確認中であり、改めてご報告させていただきますので、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます」としている。

More

スタッフ一同、心よりお悔やみ申し上げます」と追悼コメントを綴った。

More

世界で活躍する写真家は、三浦が18歳の時からずっと撮影を続けていた。

More

三浦のユーモアが効いた名シーンや無邪気な笑顔などが収められ、番組最後には共にMCを務めた歌手・の直筆メッセージ「Thanks a million! 原作は作家の伊坂幸太郎さんの同名小説で、劇的な「出会い」を待つ主人公・佐藤(三浦さん)が、交際10年になる本間紗季(多部さん)にプロポーズをする様子が描かれる恋の物語だ。

More