日ハム 巨人 トレード - 過去10年で7度! 巨人と日本ハムのトレード史

日ハム 巨人 トレード - 巨人 トレード選手一覧 ~my favorite giants~

日ハム 巨人 トレード - 巨人 トレード選手一覧 ~my favorite giants~

この10年で7度目のトレード 11日、巨人・大累進と日本ハム・乾真大とのトレードが成立した。 巨人の左投手不足と、日本ハムの内外野に故障者が続出したことを受けてのトレードとなる。 ちなみに、巨人と日本ハムのトレードは、直近10年で7度目。 ここ3年は、3年連続で行われている。 巨人と日本ハムの過去のトレードを振り返ると、日本ハムにチーム名を変更してから最初に成立したのが1975年オフに行われた巨人・高橋一三、富田勝と日本ハム・張本勲のトレードだ。 高橋は巨人V9時代、堀内恒夫とともに主力投手として活躍。 また、日本ハムから巨人へ移籍した張本は、66年から74年まで9年連続で打率3割を記録するなど、球界屈指の安打製造機として活躍。 巨人移籍後は長嶋監督の下で2度の優勝に貢献した。 また、89年のシーズン途中には、80年代の巨人で抑えとして活躍した角盈男が、無償トレードで日本ハムへ移籍。 当時左投手が不足していた日本ハムのチーム事情によって移籍した角は、巨人時代のリリーフではなく先発を務めて3勝を挙げた。 その後、後楽園球場、東京ドームと同じ本拠地で戦いながら、10年近く巨人と日本ハムのトレードは行われなかったが、21世紀に入ってからは、再びトレードが頻繁に行われるようになった。 その中でも話題となったのが、08年オフに行われた巨人の林昌範、二岡智宏と、日本ハムのマイケル、工藤隆人のトレードだ。 林は巨人時代、05年から3年連続で40試合に登板するなど左腕のセットアッパーとして活躍。 二岡は08年に選手会長を務めるなど中心選手だったが、故障や坂本の台頭などもあり、出場機会を減らしていた。 一方、マイケルは日本ハムの守護神として06年、07年のリーグ優勝に大きく貢献。 08年も引き続き抑えを務め、同年に通算100セーブを達成するなど、チームに欠かせない存在だっただけに、大きな衝撃を与えた。 その他にも、06年の巨人・岡島秀樹と日本ハム・実松一成、古城茂幸。 15年には、巨人・須永英輝と矢野謙次、日本ハム・矢貫俊之と北篤による2対2のトレードなどが行われている。 これまでに両チーム間で行われた移籍は以下のとおり。


おはようございます、samuraiです。

More

吉川光夫 広陵高等学校のエースとして活躍し、日ハムが田中将大の抽選に外れたことで、ドラフトハズレ1位として入団しています。

More

炭谷、小林、大城がいて、宇佐見が抜けても若手の岸田がいます。

More

松井秀喜2世とも呼ばれる高い長打力が期待されており、背番号も同じ 「55」でした。

More

また、巨人の吉川投手は 2016年のオフに吉川・石川慎吾選手と大田泰示選手・公文克彦投手による2対2のトレードで日ハムから巨人へと移籍したばかりなので、およそ 3年振りに古巣のファイターズへ戻ってくるのです。

More

選手のスカウティングに問題があるのか、育成システムに狂いが生じているのかはともかく、ここ数年は若手が思うように育っていないのだ。

More

「今の巨人で余裕があるのはキャッチャー陣. 二軍ではイースタン・リーグ2位の14本塁打を打った。

More

デラロサの獲得と右の鍵谷、左の藤岡の獲得は、補強というよりも降格した3人の補填のようなものだろう。

More

そして今はヤクルトに移籍しています。

More