ラース ドラゴン 攻略 - 【ドラクエ5】ミルドラースの攻略方法

ラース ドラゴン 攻略 - 【DQMSL】災いの童子ラース(SS)の評価とおすすめ特技

ラース ドラゴン 攻略 - 【プリコネ】ダンジョンEX3(ラースドラゴン)攻略と最新情報まとめ

ダンジョンex2よりも更に難易度が上昇するため、専用装備や星6などの育成を済ませておこう。 ドロップした階層が不定期だったため、おそらくランダムで入手できる。 TP溜め推奨 できれば溜めておきたい 全体を通しての攻略の流れ 序盤はブレイクを維持しながらアタッカーで削る ラースドラゴンは ブレイクさせることで防御力を大きく下げられる。 単体アタッカーと範囲アタッカーを入り混ぜて、ブレイクを維持して常に防御の低い状態でダメージを与えよう。 正月キャル編成は有効 ラースドラゴンはバフリセット持ちだが、使用するまでに時間がかかるので正月キャル編成が有効。 TPを溜めて初速を上げればしっかりダメージソースになるので、所持している場合はキャル編成を活用したい。 ブレイクしていないときの防御力が非常に高いので、 メインのデバフ役は残り10%に際に使おう。 単体攻撃持ちも編成して、 先に先頭のターゲットを素早くブレイクさせるのが重要。 Point! 先頭にアタッカー配置が基本ですが耐久できない場合はタンクを編成しましょう。 先頭枠おすすめキャラ 高いダメージを狙う場合は基本タンクを外して挑戦する。 ボスの攻撃が痛いので、アタッカーの中でも 範囲や単体でダメージを出せるキャラを先頭に配置して、HPを供給する必要がある。 ムイミやトモなどの火力がUB依存のキャラはTP溜めが必須。 カスミやハロウィンキョウカなどの、UBで効果値の高い魔防デバフ付与が可能なキャラと組ませよう。 ・バトル開始時に自身のTPを特大ダウン。 ・前方1キャラを中心に一定範囲内のキャラに魔法ダメージを与え、さらに物理防御力をダウンさせる。 ・敵全体に物理ダメージを与え、さらに火傷状態にする。 ・敵全体に物理ダメージを与え、ノックバックさせる。 さらに、ステータスアップ効果を打ち消す。 ・バトルがタイムアップすると、敵全体を戦闘不能にする。 マルチターゲット仕様のボス ex3のボス「ラースドラゴン」はマルチターゲット仕様。 後述するブレイクの仕様上、 範囲アタッカーの育成が必須となる。 範囲攻撃が届きやすい 過去のマルチタゲボスと比較すると、ラースドラゴンは3ターゲット目まで攻撃が届きやすい部類のボス。 範囲攻撃持ちが育っているほど、残り10%までの削りがやりやすい。 ブレイクが超重要 ブレイク中は防御力が大幅ダウン ブレイクしていないときの防御力は非常に高いが、ブレイクさせれば防御力がかなり落ちる。 ブレイクを維持しながら範囲や単体アタッカーで削っていくのが基本となる。 全ターゲットがブレイクするとTPダウン 3つのターゲットが全てブレイク状態になることで、ボスのTPをリセットさせられる。 Point! UBを封じることができれば、パーティ内のアタッカー枠を増やせます。 これによって削りダメージを伸ばすことができます。 HP10%以降はブレイク不可 10%以降はブレイクが不可になる仕様。 強力なUBを受けることになるので注意。 また、ブレイクしていないときの防御力は格段に高いため、 デバフ枠を温存しておくほうが良い。 火傷や吹き飛ばしなどの細かいダメージを受けるため、 UBを受ける場合はヒールで先に回復しておく必要がある。


オートではなく手動でアイコン連打、強力なユニオンバーストでラースドラゴンを攻略しましょう!. しばらく戦いたくないほど強いラースドラゴンですが、いずれはこいつもワンパンされるんでしょうか? ジャバウォックも実装当時は桁外れに強かったそうなのに今はワンパンされてますしね。

More

FrbhArers さん• ミルドラース第2形態の攻略方法 回復は馬車の中で行う ミルドラース第2形態戦で大ダメージを受けたメンバーは、敵の攻撃を受ける心配がない馬車内に下げて回復しましょう。

More

吹雪属性の武器を装備 ミルドラース第2形態は吹雪属性が弱点です。

More

・前方1キャラを中心に一定範囲内のキャラに魔法ダメージを与え、さらに物理防御力をダウンさせる。

More

とりあえず今回は残りHP160万弱でスタートできた感じです。

More

ヒヨリ星6• 討伐まで何時間も試行錯誤しましたが、ギリギリの戦いが結構楽しかったです。

More

・バトル開始時に自身のTPを特大ダウン。

More

初心者・序盤攻略• JgscBreag さん• ダンジョンex2よりも更に難易度が上昇するため、専用装備や星6などの育成を済ませておこう。

More

2021-01-27 11:04:21• 結構な頻度で使用するようになるので、1ターンで500以上のダメージを与えよう。

More