レボセチリジン - レボセチリジン塩酸塩錠5mg「KMP」|共創未来ファーマ株式会社

レボセチリジン - ザイザル(レボセチリジン)の作用機序:抗ヒスタミン薬

レボセチリジン - レボセチリジンというザイザルのジェネリックを飲むとすごい眠気に襲われ...

レボセチリジン(商品名:ザイザル)の作用機序 アレルギーと免疫には密接な関わりがあります。 私たちが感染症に罹らないのは、免疫が正常に働いているからです。 免疫によって、体内の病原菌が排除されるのです。 免疫なしには、私たちは生きていくことができません。 しかし、免疫機能が働きすぎてしまうと病気が起こります。 免疫の過剰反応によって起こる病気がアレルギーです。 「免疫の作用が弱いと感染症に罹るが、強すぎるとアレルギーを発症してしまう」ということです。 病原菌に感染すると、くしゃみや鼻水がでます。 これは、細菌を外に排除するための正常な反応です。 また、細菌が入ってこないように鼻づまりが起こります。 病気を引き起こす細菌に対してこれらの反応が起こるのであれば、そこまで問題ありません。 しかし、例えばスギ花粉のような無害な物質まで免疫が反応してしまうと、花粉症が起こります。 花粉を排除するためにくしゃみや鼻水、涙が出るようになり、花粉の侵入を防ぐために鼻づまりが起こります。 これらのアレルギー反応は ヒスタミンという物質が大きく関わっています。 ヒスタミンとは、「アレルギー反応を引き起こす物質」と考えれば問題ありません。 ヒスタミンはH 1受容体(ヒスタミン受容体)と呼ばれる部分に結合し、アレルギー作用を発揮します。 そのため、 H 1受容体を阻害すれば、ヒスタミンの働きを抑制できます。 その結果、アレルギー疾患による症状が抑えられます。 このような考えにより、ヒスタミンという物質の働きを阻害することにより、アレルギー反応を抑える薬がレボセチリジン(商品名:ザイザル)です。 レボセチリジン(商品名:ザイザル)の特徴 初期に開発された抗ヒスタミン薬は「眠気」という副作用が問題となります。 そこで、その後に抗ヒスタミン薬の副作用を回避した薬が開発されました。 これを第二世代抗ヒスタミン薬と呼びます。 レボセチリジン(商品名:ザイザル)は第二世代抗ヒスタミン薬です。 レボセチリジン(商品名:ザイザル)には元となる薬があります。 レボセチリジンは、セチリジン(商品名:ジルテック)という薬とほぼ同じ作用を示します。 化学物質の中には、鏡像異性体(キラル化合物)と呼ばれるものが存在します。 見た目は同じであるが、よく見ると異なる「双子のような物質」だと考えてください。 セチリジン(商品名:ジルテック)は鏡像異性体であり、よく似ているが異なる2つの物質が混ざっています。 そこで、 セチリジンの中でも「薬としての作用が強い片方」だけを取り出して製剤化した医薬品が、レボセチリジン(商品名:ザイザル)です。 レボセチリジン(商品名:ザイザル)は、セチリジンの半量で同等の効果を示すことが分かっています。 小児でも使用できる薬であり、シロップなどの剤形であれば生後6 ヵ月から服用できます。 このような特徴により、既に発売されていた抗ヒスタミン薬のセチリジン(商品名:ジルテック)を改良し、その作用を強めた薬がレボセチリジン(商品名:ザイザル)です。


5%「YD」 粉薬 レボセチリジン塩酸塩錠5mg「トーワ」 レボセチリジン塩酸塩シロップ0. なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高投与量は1日2g(レボセチリジン塩酸塩として10mg)とする。

More

ドライシロップは甘く飲みやすいですが、小さな子供では副作用が起こりやすいので注意が必要です。

More

カラシミーゼは乳糖不耐症に伴う下痢等の症状を改善する薬です。

More

有効成分のクロペラスチンが延髄の咳中枢に作用することで咳を起こしにくくします。

More

レボセチリジンは体内に吸収された後、腎臓で尿と一緒に排泄されます。

More

ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、胸苦しい、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔のむくみ・腫れ、のどが腫れゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。

More

見た目は同じであるが、よく見ると異なる「双子のような物質」だと考えてください。

More

レボセチリジン(ザイザル)と飲み合わせの悪い薬 レボセチリジン(ザイザル)と絶対に併用してはいけない、という薬はありません。

More

ビラスチン(ビラノア)は眠気、口の渇き(口渇)といった抗ヒスタミン薬に起こりやすい副作用が起こりにくいのが特徴で、効果は抗ヒスタミン薬の中では中程度です。

More

ドライシロップ:1. 第2世代の特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、抗コリン作用などよけいな作用が減弱されている点です。

More

腎障害を有する小児 0歳〜14歳 レボセチリジン塩酸塩錠5mg「武田テバ」の注意が必要な飲み合わせ. なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高服用量は1日20mL(レボセチリジン塩酸塩として10mg)とする。

More

副作用が出にくく予防的使用に適した薬ですが、出ている症状を速やかに抑えることには適さない薬です。

More