レキサルティ - レキサルティとエビリファイの違いについて【大塚製薬の勉強会より】

レキサルティ - 『レキサルティ』ってどんな薬?~『エビリファイ』との違い、副作用の少なさ

レキサルティ - レキサルティという抗精神病薬を飲まれている方、飲んだことある方に質問で...

中枢神経抑制剤 バルビツール酸誘導体、麻酔剤等 相互に中枢神経抑制作用があるので、減量するなど注意すること。 ともに中枢神経抑制作用を有する。 降圧剤 相互に降圧作用を増強することがあるので、減量するなど慎重に投与すること。 ともに降圧作用を有する。 ドパミン作動薬 レボドパ製剤 ドパミン作動作用を減弱するおそれがあるので、投与量を調節するなど慎重に投与すること。 本剤はドパミン受容体遮断作用を有する。 アルコール(飲酒) 相互に中枢神経抑制作用を増強させることがある。 ともに中枢神経抑制作用を有する。 CYP2D6阻害作用を有する薬剤 キニジン、パロキセチン等 [、参照] 本剤の作用が増強するおそれがあるので、本剤を減量するなど考慮すること。 本剤の主要代謝酵素であるCYP2D6を強く阻害するため本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 強いCYP3A4阻害作用を有する薬剤 イトラコナゾール、クラリスロマイシン等 [、参照] 本剤の作用が増強するおそれがあるので、本剤を減量するなど考慮すること。 本剤の主要代謝酵素であるCYP3A4を強く阻害するため本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 肝代謝酵素(特にCYP3A4)誘導作用を有する薬剤 カルバマゼピン、リファンピシン等 [参照] 本剤の作用が減弱するおそれがある。 本剤の主要代謝酵素であるCYP3A4の誘導により本剤の血中濃度が低下するおそれがある。 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。


糖尿病• 【食生活】• 3 エビリファイ錠 添付文書 ただし、あくまで『レキサルティ』の副作用は、実際に市場に出てから新しい副作用が見つかることもあります。

More

ここで大事なのは、グループ分けはくじ引きでおこない、薬の内容を患者さんにも医師にも伝えないことです(プラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験)。

More

More

薬の作用の中で治療に必要な作用を主作用、それ以外の作用を副作用といいます。

More

めったにありませんが、抗精神病薬には「悪性症候群」という注意を要する副作用があります。

More

ここ最近でも、抗精神病薬服用中の方における心臓突然死リスクの増加についてについての検討がされていますが、QTc延長、Torsades de Pointes等との関係への指摘はありますが、はっきりとした答えは出ていません。

More

激鬱だった反動でいま軽なのかもしれないけど、死にたいって気持ちがいつの間にか消えていてすごいぞこのお薬! レキサルティを飲んでみて気になる点 睡眠が浅くなった 今困っているのがレキサルティに変えてから、無しでは寝れなくなっていること。

More

7点)しました。

More

そのためには、例え非常に効果が高くとも副作用の強い薬は望ましいとは言えません。

More

D2受容体パーシャルアゴニスト作用:レキサルティ<エビリファイ• 糖尿病がある人も注意深く用いることができます。

More

降圧薬との併用では、めまいや立ちくらみを起こしやすいです。

More