転移 性 恋愛 精神 科 医 の タブー ネタバレ - 転移性恋愛~精神科医のタブー~ 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

転移 性 恋愛 精神 科 医 の タブー ネタバレ - 医師が患者に好意を持つことはあると思いますか。

転移 性 恋愛 精神 科 医 の タブー ネタバレ - 精神科の医師の恋愛・結婚事情は?

恐らく「あり得ない」という回答が100%に近いのだと思います。 それを踏まえてあえて相談させてください。 よろしくお願いします。 私は精神疾患をもっておりますが、寛解して5年になります。 現在は再発の予防のために受診・服薬は続けており、仕事もしています。 1回目の診察の時、私がした質問に対して、先生がすごく恐い顔をして答えていたので、私は怒られてるのかと思い、何か気に障ることを言ってしまったのかな、しょっぱなから嫌われてしまったのかな、と思ったのですが、診察の回を重ねるにつれ、先生は、怒っているようにみえる程「真剣に」診察に臨んでくださっている、ということがよくわかってきたんです。 私は、以前担当された別の男性の医師に、やたら優しくされ、弱味に漬け込まれてもてあそばれた経験があり、その医者と比べたら失礼だけど、先生をとても信頼するようになりました。 このまま良好な関係性を保てたら理想的なのですが、不謹慎なことに、その「信頼」が次第に「恋心」に変わってきてしまって。 真摯に私の病気と向き合ってくださっている先生に恋心を抱くなんて、不真面目にも程があるって思います。 でも人に対して好意を抱くって、意志の問題ではなく、どうしようもないことだと思うんです。 胸が苦しくなり伝えずにはいられなくなって、診察の時に正直にその気持ちを打ち明けてしまいました。 私、そのとき緊張して口は渇くし超早口だったし、先生は私の告白に対して、 「うーん…。 お薬、増やそっか」という答え。 好意に対する直接の答えはなく、ただそれだけでした。 「私が一生懸命告白したのに、どうして薬を増やすっていう展開になるのよ!」と腑に落ちない気分だったし、ショックでした。 でも私は「不真面目」だった自分を反省し、極力淡々と最低限必要なことだけを話すように心がけました。 睡眠・食欲・便秘してないか、気分の波は大きくないか そして今年の4月、先生に担当していただくようになってちょうど1年がたち、改めて「1年間ありがとうございました。 信頼関係というか、良好な関係性を築けた気がするのでよかったです。 今後ともよろしくお願いします」と言いました。 すると先生は「僕も同じように思っていますよ。 でも、こういうのは、信頼関係、ではなくて、『治療関係』って呼ぶんだけどね」とおっしゃいました。 なんだか長くなってしまって何が言いたいかわからなくなりつつあるので、簡潔にまとめるよう努めると、 私の、先生に対する「恋心」は、正直まだ残っています。 平気なふりをしてるけど、先生のことが好きでせつなくて苦しい。 この想いが叶う可能性は限りなく0%に近いってわかってます。 真面目で真剣な先生のことだから尚更です。 「精神科医と患者の恋愛、結婚」とかでググったりもしました。 そうしたら「入院・通院している間は無理でも、完治したら可能性はゼロではない」という記述を見つけました。 この記述に希望を見いだしてもいいのでしょうか。 先生は「あなたはもう健康な人と同じなんだから、自分のことを病気と思わなくてもいいんですよ」とおっしゃいました。 本当に長々と申し訳ありません。 何卒、ご回答のほど、よろしくお願いいたします。 よろしくお願いします。 本当はもっと詳しく書きたかったのですが、あまりに長くなってしまうのでそれができず、もどかしい思いがあります。 難しいですね。 辛辣なレスをくださる方は、ありがたいですが、お礼が失礼なものになってしまうかもしれません。 ご了承ください。 私も精神科医で先輩に患者さんと結婚した人いるから ないことはないと思う。 でも、その先輩は奥さんに振り回されて不幸そうだし 患者さん、… 貴重なご回答、どうもありがとうございます。 レスを読ませていただいて、すごく冷静になれました。 今は、「先生が好き。 だから結婚したい」って超短絡的に考えてしまっているけれど、じゃあもし本当に結婚したらどんな未来が待っているんだろう、って冷静に考えると、私は先生に幸せな生活をさせてあげられる自信ないです。 そして、医師会の「タブー」をおかしてまで私の想いに応えてくれちゃう先生よりも、精神科医として毅然とした態度で接してくれる先生のほうが、尊敬できるし。 やっぱり、不純な想いを捨てて、良好な「治療関係」を保っていくほうがいい、って、すごく思いました。


勤務先の病院はどこ?• しかし、患者の気持ちを親身になって聞き出すことも仕事のうちです。

More

外科的な治療のため総合病院に通った時のケースです。

More

私は精神科に通院している鬱病を患っていたものです。

More

不安を抑えたい、依存欲求を満たしたい、という医師に対しての依存心から、医師に対して患者が特別な感情を抱いてしまうのです。

More

特にメンタル面を治療することが多い精神科では、ある程度症状が落ち着いてきたころに、自分に対して親身になって接してくれた医師に対して抱く感情です。

More

今は、「先生が好き。

More

(文=編集部). 1、患者の欲求が奢癖なのだと気づいていない、 2、「愛」という言葉に惑わされている、 3、二等辺三角形をつくる技術が稚拙(p. いち、読者目線としては波瀾万丈色々あって、最後もハッピーエンドで面白かったです。

More

しかしその一方で「さほど気にする必要はない」「この恋愛の何が問題なのかわからない」という肯定的な回答をした医師もいまいした。

More