ハーレクイン 型 魚鱗 - 皮膚が剥がれる奇病『ハーレクイン魚鱗癬』とは?肌の成長速度が7倍に

ハーレクイン 型 魚鱗 - 7倍の速度で皮膚が成長するーレクイン魚鱗癬の女性 世界で初めて母親になる

ハーレクイン 型 魚鱗 - 繝上�繝ャ繧ッ繧、繝ウ鬲夐ア礼勳 譌・譛ャ — 鬲 縺ョ 魍 縺ョ繧医≧縺ォ 逧ョ閹 縺ョ陦ィ髱「縺檎。ャ縺上↑繧翫∝翁縺後l關ス縺。繧 逞�ー 縲 驕コ莨晏ュ 逡ー蟶ク縺ォ繧医k逧ョ閹夊。ィ髱「

初めての妊娠で、わが子の誕生をそれは心待ちにしていたというインドの女性。 彼女は念願叶って母親になれたが、誕生後のわが子の顔を見て強いショックを受けてしまった。 赤ちゃんはあまりにも稀な奇形を伴って生まれたのだ。 『dailystar. uk』が伝えたところによれば、赤ちゃんの母親はインドのウッタル・プラデーシュ州アラーハーバードのプリヤンカ・クマリさん(25)。 現在チャキヤ地区にある病院で観察が続けられているその赤ちゃんは名前すら付けられておらず、クマリさんは「娘はまるで"エイリアン"のよう」と肩を落とすばかり。 母乳を与えることにも躊躇ってしまっている。 この赤ちゃんが抱えている奇病は「ハーレクイン型魚鱗癬(Harlequin Ichthyosis)」。 瞼は腫れあがり、頭頂部にはコブさながらの大きな塊が1つ成長している。 いずれ肌はケラチン層の激しい角化増殖によりダイアモンド型の硬く分厚い鱗に覆われていくことになるという。 医学の発展によりこの病を持っていても10年近く生き延びる例があるようだが、主治医のラジャン・シンハ博士は「1,000万分の1でしょう」と説明している。 しかし今、この赤ちゃんを一目見ようと病院には続々と人が訪れており、多くが「きっと教の神の生まれ変わり。 崇拝すべき存在です」と話して帰っていくという。 クマリさんの夫バリンドラ・マフトさん(34)は、「ヒンドゥーの神は私たちに良かれと思ってそれぞれの赤ちゃんを授けているのです。 産まれてきたからには理由があるはず。 この子が健康に成長してくれることを祈ります」と力なく語っている。


そんなステファニーさんの起こした「奇跡のエピソード」 に涙すると多くのメディアが取り上げています。

More

この病気を持つ人では 奇跡的な年齢と言われています。

More

それでも出産までは怖かった…。

More

カーティスにはこの遺伝的要素はありませんでした。

More

しかし彼女の望みは叶わなかった。

More

しかし妊娠、そして出産はステファニーにとって自らの命を危険にさらす大変リスクの高い選択でした。

More

過去には「Tiger Stripped Baby(トラ縞の胎児)」、「Devil Baby(悪魔の子)」、または「Alien baby(エイリアン・ベビー)」と呼ばれた事もあるらしい。

More