ピーマン 収穫 量 ランキング - 作物統計調査 作況調査(野菜) 確報 平成30年産野菜生産出荷統計 年次 2018年

ピーマン 収穫 量 ランキング - 【家庭菜園】【ピーマンの育て方】 はじめての方でもたくさん収穫できる栽培のコツをご紹介します!

ピーマン 収穫 量 ランキング - 世界の穀物生産量 国別ランキング・推移

このシリーズを連載していて「野菜の旬とはいったい?」という気持ちが強くわいています。 本来、ピーマンは夏野菜に分類されるのですが、今や冬から春のほうが収穫量が多くなっています。 かつては、ピーマンの栽培といえば宮崎県でした。 現在の都道府県別1位は茨城県で、宮崎県は2位になっています。 ピーマンの収穫量が多い市町村(2017年) 順位 都道府県 市町村 季節 収穫量 t 1 茨城県 神栖市 年中 29,300 2 宮崎県 西都市 冬春 10,300 3 宮崎県 宮崎市 冬春 4,640 4 高知県 土佐市 冬春 4,240 5 鹿児島県 東串良町 冬春 4,060 6 鹿児島県 志布志市 冬春 3,970 7 宮崎県 新富町 冬春 3,150 8 高知県 芸西村 冬春 2,420 9 岩手県 奥州市 夏秋 2,040 10 大分県 豊後大野市 夏秋 1,980 11 鹿児島県 鹿屋市 冬春 1,860 12 大分県 臼杵市 夏秋 1,820 13 高知県 南国市 冬春 1,740 14 宮崎県 国富町 冬春 1,630 15 沖縄県 八重瀬町 冬春 1,500 16 宮崎県 日南市 冬春 1,360 17 熊本県 山都町 夏秋 1,270 18 岩手県 一関市 夏秋 1,140 19 宮崎県 小林市 年中 1,100 20 福島県 田村市 夏秋 1,050 ランキングを見てびっくり。 茨城県が1位というより、神栖市が1位なんですね。 ランキングを探しても茨城県の他の街はでてきません。 まさに、 神栖市の独壇場です。 神栖市といえば鹿島臨海工業地域の工業都市として石油化学工業がさかんというのが、まず出てきますが、ピーマンも(個人的には)忘れないようにしたいです。 2~8位にはいかにも促成栽培といった風情の宮崎・高知・鹿児島の市町村が並んでいます。 ちょっと、意表を突くのが9位奥州市。 水田からの転作地としてピーマンの栽培が盛んになったそうです。


3%です。

More

ここではそれを紹介します。

More

収穫量は約243,700トンで全体の約27. 水やり ピーマンは根が浅く、乾燥に弱い植物です。

More

5mぐらいを目指そうと決めました。

More

また、血行を促進し血液をサラサラにしてくれるので、アンチエイジング(老化防止)の食材として、残暑で疲れた体を血液から若返らせましょう。

More

どちらも冬でも温暖で有名なところですね。

More

現在の都道府県別1位は茨城県で、宮崎県は2位になっています。

More