ボンゴ 生産 終了 - マツダ「ボンゴ」が生産終了? キャンピングカー業界にも影響広がる

ボンゴ 生産 終了 - ボンゴ、生産やめるってよ

ボンゴ 生産 終了 - マツダボンゴが20年も生き残っているワケ なんとまだ新車で買える⁉︎

ちょっと待ってよ、いくら昭和の車とはいえキャンピングカーのベース車として長年活躍してきたボンゴがとうとう本当に生産中止? まだまだ頑張って欲しい ファミリーの味方とも言える就寝人数、乗り出し価格が他のベース車じゃ実現できません。 ボンゴがあるから、サラリーマンでもリーズナブルにキャンピングカーを購入してキャンピングカーライフを満喫出来てたと思います。 我が家がまさに今、ボンゴでキャンカーライフを送っているので。 同等クラスで考えると ライトエースもあります。 AtoZ アレン あるけど、ワンサイズ小さいんですね。 タウンエースは、足元が窮屈なのでドライバビリティに少し難があります。 運転席のアクセルペダル付近にタイヤハウスがあることが影響しています。 そして、ノーマルのシートは リクライニングも不可なので、シートを2脚変えるだけで20万円オーバーです。 (ベースがトラックのため、リクライニング機能が不要で装備されていない) 狭いくせに乗り出し価格もアップする。 足回りのオプションもボンゴより高価です。 何よりボンゴなら 最高6人就寝と子供がいる家族にピッタリの構成でした。 ビルダーのAtoZからアレンが発売されてます。 ボンゴベースのアミティより 一回り幅が小さいです。 バンクも窮屈で就寝は実質不可で物置きレベルですね。 アミティならバンクでもリアベッドでも 175センチの私が十分足を伸ばして 寝れます。 ちょっとのサイズの差なんですが、 快適レベルが全く違う次元になります。 アレンでは我が家には、無理です。 コンパクトで運転しやすそうだということで候補にしましたが、条件が合いませんでした。 我が家は、 妻と娘2人で合計4人の就寝が必要なんです。 更に就寝時でもダイネットはベッド展開せずにくつろげるようにしたかったので。 NUTS(ナッツ)のクレソンや、 バンテックのコルドバンクスも就寝人数で4人以上というところで条件を満たしています。 クレソン コルドバンクス あと、 全長が5m未満というところですね。 でも、2台ともボンゴベースと比較すると価格帯が全く違うんです。 どちらに乗るにしても、 700万円以上はかかります。 ボンゴと比較すると 200万円以上の差が発生するんです。 だからこそボンゴベースのキャンピングカーは貴重なんです。 じゃあ、絶版になったらどうなるでしょう? 数年間は部品の供給も問題なくされるので、 ボンゴベースのキャンピングカーの相場が高騰するのではないかと推測します。 だからと言って、今すぐに我が家のアミティとサヨナラをするつもりはありません。 娘が小学生入学に合わせて買った記念すべき1代目のキャンピングカーです。 長女が今年4年生でアミティも4年目になります。 なんとか継続生産して欲しいですね。 もしくは、代替車種が出てくればいいのですが。。。 小学生未満のお子様が居て、ボンゴベースのキャンカーを狙っている方はビルダーさんに問い合わせしてみることをオススメします。 AtoZさんは、面倒見も良いビルダーさんです。 出典:大阪マツダ ということは、かなり価格帯もアップするし、そもそもOEMで購入する必要ある? 消費者側からの意見になりすみませんが。。。 だって、トヨタハイエースブランドで購入したほうが、買取り価格は高いでしょ? 残念ながら、トラックタイプは後継というか代替えとなる車は見当たらないですね。 文句なしのカッコよさですね。 あわせて読みたい 2019年11月26日追記 アミティ後継は、こんな感じかもしれないですね。 (写真の車は新規注文一時停止しています).


積載量750 kg、ロングボディの全長4445mm、積載量1000 kgがあり、標準が1. つまり、もし仮に従来ボンゴベースだったモデルをタウンエースベースに移行する場合、居室を従来よりさらに軽く、コンパクトに造らねばならない、ということになります。

More

3社とも、9月11日から最新モデルとして販売を開始する(トヨタはマイナーチェンジモデルという扱いになる)。

More

ということで、マツダボンゴが20年も愛されている理由をボンゴオーナー2人に聞いたほか、マツダディーラーにも見に行ってきた。

More

また、2017年にトヨタとマツダは業務資本提携に関する合意書を締結。

More

今後はどうなるんでしょうね。

More

マツダがかつてラインナップしていたミニバンの「MPV」「プレマシー」「ビアンテ」が終了したのも、デザインやスライドドアの機構、ボディ剛性など、新世代商品での実現が難しかったためとされていますが、その一方で、3列シートSUVの「CX-8」を投入して多人数乗車のニーズに応えています。

More

我が家は、 妻と娘2人で合計4人の就寝が必要なんです。

More

お知らせ ボンゴべースのホリディXをご検討されている方は、 本当に早いご決断をお願いします。

More

このエンジンは欧州向けと基本は同じである。

More