死 役所 15 巻 ネタバレ - 原作漫画『死役所』の魅力を全巻ネタバレ紹介!2019年松岡昌宏主演でドラマ化!

死 役所 15 巻 ネタバレ - 死役所 漫画 15巻 ネタバレ 41

死 役所 15 巻 ネタバレ - 原作漫画『死役所』の魅力を全巻ネタバレ紹介!2019年松岡昌宏主演でドラマ化!

目 次• 【死役所】3巻15条「成仏しません」ネタバレとあらすじ シ村が死役所の階段で女性職員のニシ川と世間話をしています。 自殺課は賑わっているか?というシ村の問いにニシ川は、「語弊のある言い方だと」ツッコミを入れています。 その時「生活事故死課」の方から 「絶対に事故じゃない!」 と言う大声が響き渡ります。 シ村達が行くと、そこには職員のハヤシと言い争っている可愛らしい女性がいました。 女性はハヤシの態度が横柄だと苦情を突きつけていたので、シ村が丁寧に対応し、深々と謝ると、その態度に女性はとりあえず落ち着きました。 女性は三樹ミチルと言う女子大生で、自分は殺されたんだ!と言い張っています。 しかしハヤシは事故死だと言って取り合ってくれない為に、ハヤシを非難しているのです。 シ村がミチル殺された経緯を教えて下さい、と言うと、ミチルは嬉しそうに死んだ時の事を話し始めたのです。 大学生のミチルは友達の彩にサークルの飲み会に誘われました。 (犯人は彩だとミチルは主張) 次の日の飲み会に行ったミチルは、サークル一のイケメンの東条君を探します。 すると東条君は彩と話をしており、綾がおとなしい東条くんを世間話をしながら狙っているのだと勘ぐっています。 しかし、その時「ミチルちゃんが20歳になりましたー!」との周りがはやしし立てたので、それを機に、晴れて成人となったことに浮かれたミチルは「飲むぞー」とノリノリで初めてのアルコールをぐいぐいと飲み始めました。 ミチルはアルコールの良さは分からないも、途中で飲んだ日本酒を「美味しい美味しい」と言って気に入ります。 そして、日本酒をどんどん頼んだミチルは部屋の隅で寝てしまいました。 飲み会が終わり、彩がミチルを起こそうとゆすりましたがミチルはまったく反応がありません。 真っ青になる彩。 ミチルはそのまま急性アルコール中毒で死んでしまったのでした。 死役所で、ミチルはそれを彩にお酒を強要され殺されたと主張します。 しかし死役所側ではみんな急性アルコール中毒だと思っていますし、事故死として登録されているのにミチルは納得しません。 納得せずに立腹するミチルに対し、シ村はミチルが美人だから嫉妬されたのですね、と上手くミチルをおだて場を収めようとしました。 なだめられたミチルは「生活事故死証明書」にサインをしようとしていたところ、ハヤシは場を読まずにミチルが好きだった東条君が彩の彼氏だと暴露してしまいます。 ミチルは気分を害し怒り出してしまい、書類を破り捨て、「手続しません!」と言って「事故死」の手続きをしませんでした。 その後、ミチルはシ村と死役所を歩いています。 シ村は、49日以内に手続きをしないと、ずっと暗い所をさまよう「冥途の道」に行くことになるのであまりオススメはしない、と言っています。 色々と会話する中で、シ村の仮面のような笑顔に違和感を感じている様子のミチル。 ミチルはシ村と別れて死役所の中を散策することにしました。 途中、漫画を読んでいるハヤシを見つけたミチルは、ハヤシにシ村の貼りついた仮面のような笑顔の理由を尋ねます。 機械的な シ村の笑顔の裏に何かがある、と踏んだミチルはその謎に迫ろうとしているようでした。。 妙に明るい少女の話でした。 死因も素直に急性アルコール中毒でしょう。 でも何か悲しい気分にもならなかったのは、ミチルが死んだこと自体に落ち込まなかったからでしょうか? 何かほっとする話でした。 それよりもミチルは、シ村の仮面のような営業スマイルに興味を示しました。 シ村の笑顔には常に違和感があったのですが、本心は何を考えているのでしょうか? 時々見せる非常に怖い顔もあるので、それが本性なのでしょうか? ミチルは49日は自由に行動できるようなので、その間の死役所の職員やシ村とミチルとの関係は非常に興味深いですね。


中年男性。

More

いじめの加害者で鹿野を自殺に追い込んだ主犯格。

More

この話の前に女子大生の三樹がシ村の過去を知り、成仏しない理由を尋ねた時のシ村の「真実を確かめ、妻を私の手で…」と答えている部分が気になりますね。

More

殺人と認められるまで手続きしないと言い張り、49日間役所に居続け職員の過去を知り、中でもハヤシに生前の過ちと向き合う影響を与えた。

More

駒川に二人の思い出を語りかける才。

More

飲み会が終わり、彩がミチルを起こそうとゆすりましたがミチルはまったく反応がありません。

More

職員のほとんどがスーツを着用しているが、彼だけはTシャツにジャケット、スニーカーというラフな出で立ちである。

More

「人員災害死課」か「生活事故死課」だろうかとシ村は男を案内するのでした。

More

25歳。

More

シ村は娘の殺人を否定し続けるが、警察による暴行や恫喝による取り調べは連日続き、次第にシ村は精神的に追い詰められていく。

More

過去を思い返すシ村。

More

同室の男に自分はやっていないのだ、どうしたら信じてもらえるのかと訴えかけるシ村。

More