Apex 起動 オプション - 遅延を抑えるNVIDIA ReflexがApex Legendsで利用可能に

Apex 起動 オプション - 【Apex Legends PC】勝率を上げる「フレームレート特化セッティング」を紹介!

Apex 起動 オプション - 【Apex Legends】敵が見つけやすくなるおすすめの環境設定を紹介!

エーペックスレジェンドにおけるおすすめ起動設定と自動読み込み設定 autoexec. cfg を紹介する。 APEX LEGENDSはCSGOと同じで、ソースエンジンを使っている。 つまり、CSGOのように細かい設定をパソコン上のファイルをいじることでできるようになっている。 軽くて超優秀なエンジンを作ったSteamの運営会社、もといValveがいかに優れた開発陣か、ライバル会社であるEAのゲームで思い知ることになろうとは。 起動時に全画面に! サービス開始時にあたる2019年2月時点では、APEX LEGENDSを起動するたびにウィンドウズモードになるせいで毎回ストレスが溜まるので、起動設定を施して解消しよう。 起動設定の解説 有効と思われる設定は随時、追記していく。 ・-fullscreen:起動時にフルスクリーンモードにする。 ・-novid:起動時のソースエンジンのムービーを飛ばす。 ・-preload:ゲーム開始時に様々なものをロードすることで、パフォーマンスが向上する。 ・-forcenovsync:垂直同期をオフにする。 ・-refresh 144:リフレッシュレートを144Hzにする。 240Hzなら数字を変更すればいい。 ・-high:CPU使用率を高にする。 配信者には向いてないかも。 240にすれば240fpsまでしか出ない。 NVIDIA SHADOW PLAY Share を使っている場合はわざわざ入れなくてもいいかも。 ・-threads 8:CPUのスレッドを強制使用させる。 APEXは自動で全て使うので不要かもしれない。 配信者には向かないことは確か。 ・-console:コンソールを有効にする。 もっといい練習モードができたら有効にする価値はあるものの、現時点ではまだ入力しなくていいかもしれない。 ・-dev:上記に同じでコンソールを有効にする。 cfgを作ることで、アップデートが入っても設定を保持できる。 2019年2月時点では多くのことはわかっておらず、起動設定に全て記述してもいいレベルの範囲なので、暇がある人だけでよさそう。 下記の設定を入力して「autoexec」と名前をつけて保存。 するとautoexec. txtという名前になっているはずなので、これをautoexec. 240にすれば240fpsまでしか出ない。 cfg このcfgファイルをいじることでゲーム内で変更しなくても、キーバインド設定やビデオ設定が変えられる。


txtを編集することでさらに詳細にビデオ設定を変更することができます。

More

低ければ低いほどFPSが上がるみたいですが、自分は最低でも最高でもFPSは変わりませんでした。

More

どうしても使いたい場合は下記のリンクからダウンロードできます。

More

解像度の変更からカスタマイズを選択します。

More

遠くにいる小さい敵と一瞬でも被って見えなくなるのを避けるためです。

More

以上がOrigin In-Gameを無効にする方法です。

More