ミョウガ 植え 替え - 初心者向け!ミョウガの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

ミョウガ 植え 替え - みょうがの下ごしらえ「基本の3ステップ」!知っておきたいひと手間と“コツ”

ミョウガ 植え 替え - みょうがの下ごしらえ「基本の3ステップ」!知っておきたいひと手間と“コツ”

ミョウガ収穫の時期 ミョウガの収穫、新鮮で美味 ミョウガの花 ミョウガ畑 ミョウガ(茗荷 Zingiber mioga)は、 ショウガ科ショウガ属の多年草です。 東アジアが原産で、日本でも自生しています。 「花ミョウガ」は、晩夏から初秋に生え、 「ミョウガタケ」は、春の食材として美味です。 ミョウガは、あまり土壌を選ばず、 育て方が比較的にやさしく、 料理の薬味に自家栽培ミョウガがあると、 新鮮で香りが良く歯あたりのシャキシャキ感も楽しめます。 家の北側、庭木の下などで、土がやわらかく、 人が歩いて踏み固めないような、 場所が適しています。 また、ミョウガは、地下茎でかなり増えるので、 地植えにするときは、 他の植物に影響を与えないような場所にします。 ・畑の準備 植える場所が決まったら、 2週間、できれば1ヶ月くらい前までに、 腐葉土、堆肥、石灰を少しまいて、 畑をよく耕しておくと育ちが良いです。 ・植え付けと時期 ミョウガは、芽のついた地下茎を植え付けます。 地下茎は、2、3月に通販、園芸店、 ホームセンターで売られます。 知人から、譲ってもらうのも良いです。 ミョウガは、1年中植え付けられますが、 植え付けの適期は、1月~4月と秋で、 春は芽が出る前に、 秋は枯れ落ちる10月下旬以降が良いでしょう。 5cmくらいの深さに、 地下茎に芽を4~5個つけて植えます。 株間は10~20㎝とりましょう。 苗を植える場合は、6月頃が良いです。 収穫は翌シーズンからとなります。 ・追肥 ミョウガの芽が伸びてきたら、 化成肥料を軽く追肥します。 11~1月には、根茎の部分一帯に、 落ち葉や籾殻、腐葉土などを敷き詰めます。 そして、米ぬか、あるいは鶏糞と草木灰を、 2つかみほどばらまきます。 3月には、化成肥料を、 芽だし肥料として、少々与えます。 ・収穫 ミョウガは、7月中旬~9月頃に、 地下茎に花蕾ができ地上に出て開花します。 ミョウガダケは4月中旬、 夏ミョウガは7月中旬から、 秋ミョウガは、8月中旬に収穫します。 ミョウガは、花蕾が土の上に、 2~3cm出てきたら採取します。 土のなかの細くなった茎の部分まで、 手で感触を確かめて掘り取ります。 ・植え替え ミョウガは、1回植えつけると、 3~4年は、そのままでも収穫できます。 しかし、だんだんと根茎が混み合い、 収穫量は少なくなります。 3~4年に一度は、適当な間隔で根茎を掘り起こし、 空地を作るか、植え替えをしましょう。 ミョウガは連作が苦手なので、 新しい場所や用土に植え替えるようにします。


種株は乾燥に弱いため、植付け後は水をたっぷり与えます。

More

これらの雑草は野菜よりも強い雑草なので、野菜の近くに生えている場合は根っこごと抜いた方が良いです。

More

土の環境が変わると、生える雑草も変わる このように植物たちは根を使って、微生物たちと協力して土の中に住みやすい環境を作っているのですが、より住みやすい環境になってくると、実は生える雑草が変わってきます。

More

中国でも自生しているそうですが、食用にしているのは、世界中で日本だけとのこと。

More

気候は温暖で冬でも私はセーターを着たことがありません トレーナーで毎年済んでしまいます。

More

それ次第です。

More

耕作放棄地も最初は小さな雑草が生えますが、何十年と放っておくと、だんだんと森になっていくというのと同じような現象です。

More

毎年地下茎が増えていくので、狭いとすぐプランターがいっぱいになってしまうのです(いっぱいになったら、地下茎を掘り出して15cmくらいに切り、新たなプランターに分けて植えます)。

More

土に10cmほどの深さの溝をほり、 溝に切り分けた根を横に植え、土をかぶせます。

More

ポット苗は普通の苗と同じように植え付けます。

More

このような環境で生える雑草は、根の張りが浅く、背が低く、柔らかいのが特徴です。

More