マダム セクレタリー シーズン 3 あらすじ ネタバレ - 「Empire 成功の代償」「マダム・セクレタリー」シーズン6で終了|シネマトゥデイ

マダム セクレタリー シーズン 3 あらすじ ネタバレ - 「Empire 成功の代償」「マダム・セクレタリー」シーズン6で終了|シネマトゥデイ

マダム セクレタリー シーズン 3 あらすじ ネタバレ - 「Empire 成功の代償」「マダム・セクレタリー」シーズン6で終了|シネマトゥデイ

あらすじ Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ 『ラスト・キングダム』シーズン3 ウェセックス王国のアルフレッド王は、体調が悪く余命1年ほどとなっていた。 このことをきっかけとして、打倒ウェセックス王国の動きが加速していく。 預言者であり魔女スケードと血染めの髪シグードが、ウェセックス王国で勢力を拡大させていた。 さらに、ウトレッドの義兄ラグナーやヘステンらが手を組み、デーン人の大軍を編成する動きもある。 ウェセックス王国には、かつてない危機が迫っていた。 サクソン人として生まれ、デーン人として育ったウトレッドは、数奇な運命のいたずらに飲み込まれていく。 — ネタバレ・見どころ Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ 『ラスト・キングダム』シーズン3 ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。 登場人物をご紹介 イングランドのサクソン人。 キリスト教。 ヴァイキングのデーン人。 異教徒。 エルスウィス。 アルフレッドの妻。 エドワード。 アルフレッドの息子。 エゼルウォルド。 アルフレッドの甥。 ウトレッド。 ドラマの主人公。 べバンバーグの太守(領主)。 ジゼラ。 カンブラランド王グスレッドの妹。 テューラ。 ウトレッドの義理の妹。 ベオッカ神父の妻。 デーン人。 ベオッカ神父。 ゴドウィン神父。 車椅子生活。 アーケンウォルド司教。 ピヤリグ神父。 シーグブリット。 エゼルウォルドの仲間。 エセルヘルム。 エセルフレド。 エセルヘルムの娘。 アルフレッド王の娘と同名。 エドワードの妻。 ステーパ。 フィナン。 シトリック。 デーン人。 オスフェルス。 アルフレッド王の落とし子。 — 魔女スケードと血染めの髪シグード 預言者で魔女のスケード。 オーディンの戦士・血染めの髪シグードとともに、ウェセックス王国を狙う。 スケードは「アルフレッド王の死が見える。 」と予言する。 スケードらは、ウェセックス王国のアウェルタンを襲うなど、王国内で勢力を拡大している。 スケードを捕まえにきたウトレッドは、スケードに呪いをかけられてしまう。 — エシンガムの砦 体調が悪化していたアルフレッド王は、エシンガムの砦にいた。 魔女のスケードを捕らえたウトレッドは、スケードをエシンガムの砦に連れてくる。 アルフレッド王はスケードに自身の余命を尋ね、来年の夏まで命がもたないことを知らされる。 — フィアンハムの丘 血染めの髪シグードは、フィアンハムの丘で、ウトレッド率いる軍と交戦することになる。 ノーサンブリア王国とウェセックス王国の軍も援軍として到着する。 血染めの髪シグードは、魔女スケードの奪還を諦め、敵前逃亡をする。 ウトレッドらが勝利をおさめる。 ウィンタンセスターに戻ると、ウトレッドは悲しい知らせをヒルドから受ける。 息子を産んだあと、ジゼラは亡くなっていたのだ。 — ウトレッドが逃亡 王の前で妻ジゼラをゴドウィン神父に侮辱されたウトレッド。 軽くゴドウィン神父を叩いたつもりが、打ち所が悪く死んでしまう。 アルフレッド王がウトレッドに出した無罪にする条件は二つ。 贖罪金の支払いと王の息子エドワードに忠誠を誓うこと。 忠誠を誓うということは、まだ幼いエドワードに一生尽くすということ。 自由を求めるウトレッドは、王の条件を断り、仲間と一緒に逃亡する。 フィナン、シトリック、オスフェルス、魔女スケードらを連れ、義理の兄ラグナーのもとに向かう。 アルフレッド王の命が短いことを感じているウトレッドは、デーン人のラグナーと組みことに勝機を見出していた。 — デーン軍 ウェセックス王国の王の座を狙うエゼルウォルド。 まずは、マーシア王国のエセルレッド王に協力を求める。 その際に、妻でアルフレッド王の娘エセルフレドを殺すことをそそのかす。 そして、ヘステンと血染めの髪シグードのもとに行く。 アルフレッド王の命がそれほど長くないこと。 ウトレッドがアルフレッド王のもとを去ったことを伝える。 デーン人の大軍をつくることを提案する。 さらに、ラグナーとウトレッドを味方につけることも提案する。 一方、ベオッカ神父は、エセルフレドの使用人から、エセルフレドを助けてほしいと依頼を受け、ラグナーと合流していたウトレッドのもとにやってくる。 ウトレッドは、エセルフレドを守ることを優先し、ラグナーのもとを去って行く。 — ウィンチェルカムの修道院 エセルレッド王の暗殺から逃げるため、ウィンチェルカムの修道院に身を隠していたエセルフレド。 そこへ、ウトレッドがかけつける。 そしてデーン人のヘステンらがやってきて、エセルフレドを引き渡すことを要求する。 ウトレッドはこの要求を拒み、代わりに未来を予言することができる魔女のスケードを差し出すことを提案する。 スケードは去り際にウトレッドにこう告げる。 「お前の体はさらに弱まっていく。 」 — ラグナーの死 デーン軍に、衝撃の事件が発生する。 リーダーだったラグナーが浮気相手の女と差し違える姿で、死んでいるのが発見される。 事件はラグナーと女を深夜に殺害したエゼルウォルドが、偽装工作をしていたものだ。 エゼルウォルドは、ラグナーがデーン軍のリーダーにふさわしいとは思っておらず、自分の都合のいいような形に軍を編成しようと画策していたのだ。 デーン軍は、クヌートと血染めの髪シグードが率いていくことになる。 — ベアンフリオト ヘステンが軍を率いるベアンフリオト。 ヘステンがクヌートと血染めの髪シグードの軍と合流すると、兵力が拡大し、大きな戦になることは必至。 この状況を防ぐためには、ヘステンを今すぐ撃破するしかないが、ウトレッドたちには兵力が足りない。 そこでウトレッドはエセルフレドと一緒に、追放されたウェセックス王国に再び戻り、アルフレッド王に1000人の兵力の提供を依頼しに行く。 アルフレッド王には拒否されるが、エドワード王子は父親を説得するとウトレッドに約束する。 エドワード王子が率いる軍の助けもあり、ヘステン軍を撃退するが、ヘステンと魔女スケードには、逃げられてしまう。 — 魔術師ストーリ ウトレッドとブリダは、ラグナーの魂を救済する方法を知るため、デーン人の魔術師ストーリに会いに行く。 「ラグナーを殺した人物を殺すこと。 その際にラグナーの血がついた剣を使うこと。 そうすれば、ヴァルハラ(戦死者の館)に行くことができる。 」 ラグナーの血が手に入らないため、代用として妹テューラの血を使うことを思いつく。 ストーリから話を聞くと、突然ブリダがストーリを締め殺す。 ブリダは理由をウトレッドに説明する。 「幼い頃に、ストーリに子どもを産めない呪いをかけられた。 呪いを解くには、呪いをかけた人物を血を流さずに殺すこと。 」 ウトレッドは、自分に呪いをかけた魔女スケードを捕まえるため、ダンホームへ行く。 スケードを取り戻すことに成功したウトレッドは、川でスケードを溺死させる。 — アルフレッド王の死 死期が近づいていることを悟ったアルフレッド王。 ウトレッドに会い、息子エドワードに忠誠を誓うことをお願いする。 そして謀反についての恩赦も与える。 以前、エドワードへの忠誠を断っていたウトレッドだったが、王の依頼を受けることにする。 だが、王の死をきっかけにエルスウィス王妃が暴走を始める。 ウトレッドの恩赦は取り消すといい、王の神父だったベオッカ神父の仕事はもうないと告げます。 — エドワード王子 ウィンタンセスターを追放されそうになるウトレッド。 広場にきたとき、アルフレッド王からもらった直筆の恩赦の手紙を聴衆に見せる。 エルスウィス王妃は信用できないと言うが、ウトレッドは判断はエドワード王子に託すと告げる。 エドワード王子は、父アルフレッド王の意思を尊重し、ウトレッドの恩赦を認める。 ウトレッドは多くの聴衆の前で宣言する。 「ベバンバーグに戻る前に、エドワード王子に仕える。 そしてウェセックス王国を守る!」 — ウェセックス・マーシア軍VSデーン人 べダンフォードでの最後の決戦。 マーシア王国のエセルレッド王は戦の参戦に難色を示していたが、エセルフレドが軍を率いて参戦する。 さらにエゼルウォルドとつながっていたシーグブリットが、ウェセックスのために援軍を率いてくる。 ウトレッドはブリダから、ラグナーを殺した犯人がエゼルウォルドだと教えられる。 ウトレッドはテューラの血をつけた剣でエゼルウォルドを殺す。 そして、エドワード王子率いる軍が勝利をおさめる。 ウトレッドはラグナーが眠る墓標へ行き、首飾りを掘り出し、ラグナーの首飾りをつける。 『ラスト・キングダム』シーズン3は、ここでエンディングをむかえる。 — スポンサードサーチ 評価・感想 Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ 『ラスト・キングダム』シーズン3 全10話。 シーズン3の最初の衝撃は、ウトレッドの髪型が大幅にイメチェンしたことです(笑) 最初に見たときは、前作シーズン2で登場したエーリクかと思いました。 そして肝心のドラマの内容。 預言者で魔女のスケード。 妻ジゼラの死。 義兄ラグナーの死。 テューラの死。 ウトレッドのウェセックス王国追放。 病に倒れるアルフレッド王。 エドワード王子の成長。 デーン軍の大集結。 魔術師による呪い。 『ラスト・キングダム』シーズン3も、前シーズン同様盛りだくさんの内容です。 シーズンや字幕によって名称が異なっていることがあるので、気づいた点を記載しておきます。 魔術に長け、知識に対し貪欲な神。 <二フルヘイム> 霧の国または暗い国は、北欧神話の九つの世界のうち、下層に存在するとされる冷たい氷の国。 地獄の例えの意味もある。 <ヴァルハラ> 北欧神話における主神オーディンの戦死者の館。 天国の例えの意味もある。 — ますます魅力が増していく『ラスト・キングダム』シーズン3。 シーズン4が 待ちきれません! 『ラスト・キングダム』は、Netflixに加入したら、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。 — キャスト・登場人物 Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ 『ラスト・キングダム』シーズン3 キャスト・登場人物をご紹介します。


アルフレッド王の娘と同名。

More

最終シーズンのストーリーにジャマルは含まれるのかという記者からの単刀直入な質問に対し Fox Entertainment のCEOチャーリー・コリアーは答えなかったと The Wrap は報じている。

More

一方和解のため221Bを訪れるジョンだが、何者かに誘拐され危うく火あぶりにされかけるもメアリーとシャーロックによって救われる。

More

しかし、国務長官が突然事故死してしまったためにCIA時代の元上司でもある大統領から後任に指名されます。

More

呪いを解くには、呪いをかけた人物を血を流さずに殺すこと。

More

第10話 Time Bomb(破滅の足音)• 大統領から直々に国務長官に任命されたエリザベス・マッコード。

More