嫌 われる 勇気 要約 - 【アドラー心理学とは】「嫌われる勇気」(内容の要約と感想)

嫌 われる 勇気 要約 - 「嫌われる勇気」の簡潔なまとめと感想

嫌 われる 勇気 要約 - 「嫌われる勇気」を読んで(レビュー・要約・感想文)

アドラーはトラウマの存在そのものを否定しています。 『変わりたい』と思ったときにトラウマを持ち出して変わらないようにしている…。 アドラーによると、トラウマは人が変わらないための都合の良い道具として使用しているに過ぎないとのこと。 つまり変わりたくない原因として人が勝手に作り出しているのがトラウマということです。 人は常に「変わらない」という決心をしている アドラー心理学は勇気の心理学ともいわれます。 言い訳の口実としてトラウマを作り出していることを否定し、変わるための勇気を持つことが大切という内容が1章でのお話です。 スポンサーリンク <2章>すべての悩みは対人関係 人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである アドラーは人間が抱えるすべての悩みは対人関係が原因であると述べています。 本の中で取り上げられていたのは、仕事が嫌で引きこもりになった例です。 引きこもりになったのは、仕事がつまらないわけでも仕事に疲れたわけでもない。 職場の上司から怒られたり、同僚からの評価に耐えられなくなっただけ。 一見すると刺激的な内容ですが、少なからず思い当たる方はいるはずです。 アドラーは対人関係の悩みを解消するには競争から降りるしかないとも述べています。 自分の負けを認め、競争社会から抜け出すことで他人が気になることはなくなるとのこと。 現実世界で実践するのは簡単ではありません。 しかし、2章では悩みを切り捨てるための方法論が書かれていました。 スポンサーリンク <3章>他者の課題を切り捨てる 3章では、承認欲求を捨て去るべきとのことが書かれています。 自由とは、他者から嫌われることである 人から認められたいという感情は誰しもが持っているものです。 しかし、アドラーいわく、承認欲求は不自由を強いるとのこと。 例えボランティアでさえ、人から称賛されることを目的にやるべきでないと話しています。 アドラー心理学では『課題の分離』という言葉が度々使われます。 これは自分の課題と他者の課題を明確に分けることです。 アドラーいわく勉強しない子どもがいたとしても、親は過剰に介入すべきでないとのことです。 『勉強しなさい!』というのは論外です。 勉強しない結果損をするのは子どもです。 つまり勉強するかどうかの課題は子どもにあるということになります。 援助はするけれど過剰に他者の課題には介入しない…。 他者の課題を切り捨てることの大切さが書かれていたのが3章でした。 スポンサーリンク <5章>「いま、ここ」を真剣に生きる 最後の章は『今』を生きることの大切さが書かれています。 アドラーいわく、人は未来や過去に縛られて生きている人が多すぎるとのこと。 過去の出来事や未来への期待は人が言い訳に使う道具にしか過ぎないとも話しています。 「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てよ ステージに立つ演者にライトが当たると、ステージから見た観客は影になり見えなくなります。 しかし、それほどまでに強いスポットライトを当て、『今』を懸命に生きることしか幸せにはなれないとのことです。 トラウマや他者の課題を切り捨て自分がやるべきことをする…。 『嫌われる勇気』を持つことは『幸せになる勇気』を持つことと同意ということです。 トラウマを否定せよ• すべての悩みは対人関係• 他者の課題を切り捨てる• 世界の中心はどこにあるか• 「いま、ここ」を真剣に生きる 『嫌われる勇気』は2013年に出版されてから今もなお売れ続けている大ベストセラーになりました。 本のテーマはここでお話しした通り大部分が人間関係のことですが…。 本が売れるということはそれだけ人間関係に悩む方が多いことを意味しているのでしょう。 本書でも書かれていましたが…。 『時代がアドラーの考えに追いついていない』というのはあながち間違いではないのかもしれません。 なので個人的には、これからの時代でこそ必要とされるのがアドラー心理学なのではとも思っています。 とはいえ、アドラーの考えは現実に実践するのはとても難しいのが現実です。 しかし、アドラーからいわせれば『実践できない』というのはただの言い訳。 今を生きていないことの表れなのかもしれませんね。 【書評・要約】幸せになる勇気 この記事の目次• 全ての悩みは対人関係が起因している アドラーは「個人の中だけで完結する悩みは存在しない」と言います。 その証拠に「孤独の悩み」すら、他者がいるからこそ発生する悩みです。 つまり、あなたが抱えている全ての悩みは「対人関係」が起因しているということ。 そのため、悩まない自分に生まれ変わるためには「他者への解釈を変えること」が解決策だと言います。 物事の見方が変われば、人の思考や行動は変わります。 劣等感やコンプレックスは幻想にすぎない 劣等感は、自己実現にブレーキをかける最大の阻害要因です。 劣等感を持っていない人は存在しないほど、全ての人々が苦しんでいる「心の病」です。 しかし、アドラー心理学では劣等感を否定しません。 劣等感は人間の努力や成長を促す「エネルギー源」になるからです。 ただし、彼は「正しい劣等感と誤った劣等感」があると定義しています。 アドラーは言います。 「理想の自分」になるために、まだ不足している部分があるという解釈は「正しい劣等感」だと。 しかし、他人と比較して、自分が劣っていると解釈することは「間違った劣等感」だと戒めます。 そして、それを言い訳に努力や成長を止めている行為を「コンプレックス」と定義しています。 後者に当てはまる人は、自分を他人と比較するという思考癖を変えることが急がれます。 これが、あなたから憑いて離れない、誤った劣等感とコンプレックスを打ち消す処方箋です。 ではどう解釈すれば、他者との比較によって起こる「誤った劣等感」から解放されるのでしょうか? 他者は競争相手ではなく仲間である 繰り返しますが、あなたの人生を阻害する「誤りの劣等感」は、他人と比較することで発生します。 これは「自分にとって他人は競争相手だ」という解釈していることが原因です。 あなたが「他者=競争相手」と解釈し続けるかぎり、対人関係の悩みから永遠に解放されることはありません。 競争を意識してしまうと、世の中が「自分にとって競争だらけの危険なフィールド」に見えてくるからです。 アドラー心理学においては 「他者=仲間」と無条件に解釈することを提言しています。 競争相手ではなく仲間だと見方を変えるだけで、この世は「自分にとって安心できるフィールド」に変わり始めます。 真の自由とは承認欲求から解放されることである 人間には「自分が価値のある生命体」であることを確認するために、他者からの評価を求める本能が備わっています。 これを「承認欲求」と言います。 しかし、他者の評価を重んじるほど「他者=競争」の解釈が強化され、劣等感やコンプレックスが深まり、心の自由から遠ざかってしまう「負のスパイラル」に陥ります。 そこで、アドラーは 「課題の分離」という考え方を提唱しています。 自分に対する他者の評価や信頼は「他者の課題」であり「自分の課題」ではないと解釈するのです。 もう少し分かりやすく言うと、課題の分離とは「自分にコントロール可能なこと(自分の課題)」と「自分にはコントロール不可能なこと(他者の課題)」を明確に分ける技術です。 たとえ、自分に対する他者の評価や信頼が思わしくなくても、それは自分の課題ではないと解釈し、自分の課題だけを誠心誠意、取り組むだけで良いのです。 そうすることで、誰からにも束縛されない「真の自由」が手に入り、結果的に、あなたのオリジナルな能力が発揮され、他者から評価され始める「正のスパイラル」が循環していきます。 嫌われる勇気こそ人に好かれる極意である ここで誤解してほしくないのは、嫌われる勇気とは「他人に嫌がられる行為」をすることではありません。 悪口や誹謗中傷など、普遍的な道徳やルールを放棄することではないのです。 アドラーは、他人の評価による「承認欲求」を基準に生きるのではなく、理想の人生を実現するために何をすべきかと言う「自己指針」を基準に生きることを推奨しています。 他人の評価なんて十人十色。 全ての他者から評価してもらうために立ち振る舞うのは「不自由の極み」であり、物理的にも不可能です。 しかし、人間にとって承認欲求は本能なので、この欲求が満たされないと苦しいのも事実。 そこでアドラーは、自分の価値を実感するために 「共同体感覚」を持てと言います。 共同体感覚とは「自分は世の中に貢献している」と実感することを言います。 アドラーは、この共同体感覚を実感するためには「他者貢献」を持って生きよと提言しています。 他者貢献とは、具体的に言うと「仕事、ボランティア、趣味、子育て」などがそうです。 人間にとっての自己実現とは「他者に貢献できる自分になること」とイコールです。 つまり、共同体感覚を持つことで、結果的に承認欲求が満たされ、人間の欲求の中で最も上位である「自己実現」も達成します。 ただし、ここでも「承認欲求」を意識しないことが大切です。 アドラーは全ての人間関係を 「横の関係」にすることを提唱しています。 人間関係に上下をつけず、他人を常に対等でフラットに見るのです。 そうすることで、承認欲求を意識する癖がなくなり、純粋に他者貢献や自己実現に突き進むことができます。 まとめ アドラー心理学をもとに、過去や現在起こっている出来事に対する「解釈」を変えるだけで、あなたは嫌われる勇気が持つことができ、自由で理想の人生を送ることが可能になります。 あなたは、これからも「悪い解釈」によって、誤った劣等感やコンプレックスを育て、悩み多き人生を送りますか?それとも「正しい解釈」によって理想の自分を育てていきますか? どちらを選ぶかは「今この瞬間を生きる、あなた次第」です。 「嫌われる勇気」を読んで レビュー・要約・感想文 最新記事 by けんすけ• - 2020年5月10日• - 2020年5月9日• - 2020年5月6日• - 2020年5月5日• - 2020年5月4日 けんすけ@生涯現役~60にして立つ~ 定年後起業のけんすけです。 私の詳しいプロフィールはこちら 『嫌われる勇気』は言わずと知れた大ベストセラー啓発本です。 はっきり言って、この本は【衝撃】でした。 今までの人生観や世間一般の常識を根底から覆す、メガトン爆弾級の破壊力です。 私は、この本を読んで、 見慣れているはずの周りの風景が一変しました。 私の周りから「過去」と「未来」が消滅したのです。 現在がひとつの点となって、一切のわだかまりから解放されました。 意味が分からん! とお怒りの方は、ぜひこの先も読み進めてください。 原因論と目的論 この本では、アドラー心理学のエッセンスを、青年と哲学者の会話という形式をとって紹介しています。 青年は読者が抱くであろう疑問を代弁していて、会話を読み進めるうち、読者は哲学者に説得されていきます。 そして最後には、青年と共に、新しい人生観に目覚める、という展開ですね。 この本の第1章で、早くも世間の常識は覆されます。 それは原因論から目的論への、コペルニクス的転換です。 何某かの原因があって結果がある。 これが世間の常識です。 これを原因論と言います。 これに対し、 「人はみな、目的に沿って生きている、原因を探るのは目的の正当化にすぎない」 というのが目的論です。 例えば、レストランでウエイターがあなたの上着にコーヒーをこぼしたとします。 あなたは怒りにまかせて、怒鳴りつけました。 上着が汚れたという原因があって、怒鳴ったと考えるのが原因論。 大声を出してウエイターを屈服させる目的で、怒りという感情を捏造したとするのが目的論です。 アドラー心理学は、この目的論で、トラウマという現象も含め、過去が現在を作るという考えを丸ごと否定したのです。 過去が現在を作るのであれば、過去が変わらない以上、現在を変えることはできません。 アドラー心理学では「人生はこの瞬間からでも変わる」ことを訴えています。 その根本は、この目的論にあるのです。 両者の根本的な違いは、原因論が人生を過去から未来へ続く「線」で捉えているのに対し、目的論は過去や未来から切り離された「今」としている点です。 人間は「今」自分にとって必要な目的を果たすために「行動」している、これがアドラーの基本的な考え方です。 全ての悩みは人間関係に帰結する 人の悩みは様々ですが、どんな悩みも、突き詰めると人間関係に行き着きます。 もし、宇宙の中のただ一人の存在であれば、劣等感はもちろん、孤独さえも感じません。 孤独は「いて欲しい他者」がいないことから生じます。 もともと他者がいなければ、孤独という概念自体存在しないことになります。 そうして一切の悩みは消滅します。 人間は他者との関わりの中で生きているので、そこに悩みが生じます。 悩みの根本原因は「劣等感」です。 劣等感は他者との比較の中で生まれます。 収入、容姿、性格、などなど。 自分が人より劣っていると感じると、劣等感を抱きます。 でもそれらは、 「客観的な事実」ではなく「主観的な解釈」の問題なのです。 主観はいかようにも変えられます。 例えば身長が低いことにコンプレックスを持っていたとしても、相手を威圧しないで寛がせる体形と捉えれば、たちまち長所に転換します。 全ての人間は、同じではないけれど、対等だと考えます。 会社、学校、家庭など、あらゆるシーンで上下関係を取り払えれば、他者は敵ではなく、仲間となります。 同じ劣等感を持つなら、他者との比較でなく、理想の自分との比較するようにしましょう。 健全な劣等感は、向上心につながります。 全ての人間は同じ平面上にいて、それぞれの課題を胸に前へと歩いて行く。 それがあるべき姿と考えます。 承認欲求と自由 アドラー心理学では承認欲求は完全否定されます。 他者からの評価を第一にすると、評価されない行動は、たとえそれがよい行いであってもやらなくなります。 人間は他者の期待を満たすために生きているわけではないのです。 他者の期待を求めすぎると、他者の人生を生きることになります。 承認欲求の否定は、傍若無人にふるまうことではありません。 ここで「課題の分離」という考えが登場します。 自分の課題と他者の課題を、完全に分離するのです。 自分のことを他者がどう思うかは、他者の課題であって、自分の課題ではありません。 課題を分離する基準はシンプルで、その選択による結末を最終的に引き受けるのは誰か、を考えればいいのです。 そして他者の課題には踏み込まないようにします。 例えば、勉強するかしないかは子供の課題であって、親の課題ではありません。 子供にムリヤリ勉強させることは、他者の課題に踏み込んだことになります。 できる限りサポートはするが、最終的に勉強するかしないかは子供の判断に任せる、これが課題の分離です。 他者が自分の思い通り動かなくとも、信じることができるか、それもまた人生の課題となります。 他者の視線を気にするのは、自分をどう評価するかという他者の課題を、自分の課題と混同することです。 しかしこの課題の分離は、人間関係の最終目標ではなく、むしろ入り口です。 課題が未分離だと、対人関係に見返りを求めてしまいます。 これだけしたのだから、その分返してもらって当然だと。 またその逆もあります。 課題を分離することで、見返りに縛られる人間関係を断ち切らねばなりません。 他者の承認欲求を求めれば、自由から遠ざかります。 自分に嘘をつき、周りにも嘘をつき続ける、不自由な生き方と言えます。 自由は「嫌われる勇気」を持つことで、初めて得られます。 他者から嫌われることを恐れず、承認されないかもしれないというコストを払うことで、人は自由になるのです。 対人関係のカードは常に自分が握っているということを忘れないことです。 共同体感覚 対人関係のゴールは共同体感覚です。 他者を仲間だとみなし、自分の居場所があると感じることが共同体感覚です。 他者の評価を気にする生き方は、他者が自分の欲求を満たしてくれることばかりを期待しているという点で、自己中心的だと言えます。 「わたし」は世界の中心にいるわけではなく、あくまで共同体の一部です。 他者を仲間とみなし、この人に何を与えられるかを第一に考える。 そうやって、共同体に対しコミットすることで、共同体への所属感を得られます。 例えば買い物ひとつとっても、払ったお金がいろいろと巡り巡って、共同体の役に立つ。 これもひとつの貢献です。 共同体は学校とか会社とか、狭い範囲だけを指すものではありません。 広く、社会全体・国家・自然も含めたこの地球全体もひとつの共同体です。 狭い共同体で行き詰ったら、より広い共同体に目をむけようにします。 課題の分離を実行し、その先の共同体感覚に至るには、縦の関係をやめ、横の関係に切り替える必要があります。 人間関係は往々にして縦になりがちです。 会社はもちろんですが、友人関係、家族関係でも上下が意識されます。 そうではなく、すべが「横の関係なのだ」と発想を切り替えます。 だから相手を「ほめても叱ってもいけない」のです。 ほめるも叱るも、上下関係から出た言葉です。 親が子供を褒める時、親子に上下関係が生まれます。 子供は褒められることを目的とした行動をするようになります。 他者の評価を第一とする発想が、刷り込まれてしまいます。 だから他者に対しては、褒めるのではなく、感謝を伝え、勇気づけをするようにします。 課題に立ち向かう勇気を与えるように努めます。 感謝の言葉は、自分が他者の役に立ったことを実感させます。 自分に価値があると思えた時だけ、人は勇気を持てるのです。 今この瞬間から幸せになる 幸せを得るには、「自己受容」「他者信頼」「他者貢献」の3つが必要です。 「自己受容」とは、自分に変えられるものと変えられないものを見極め、受け入れることです。 言い換えると、100点を理想としつつも、60点の自分を認めるということ。 認めた上で、70点にするには何ができるか考えることです。 至らぬ自分を認めるのは勇気が要りますが、これを肯定的な諦めと呼びます。 「他者信頼」とは、いっさいの条件をつけずに他者を信頼することです。 あなたが裏切らないなら信頼しましょう、では課題の分離ができていません。 裏切る裏切らないは相手の課題であって、自分の課題ではないからです。 全ての他者を無条件に信頼せよということではありません。 関係を結びたくない他者とは関係を切ればいいのです。 切る切らないは、あなたの課題となります。 「他者貢献」は、共同体の誰かの役に立つことです。 誰かの役に立つことで、自分の価値を見出すことができます。 他者貢献とは「わたしの価値」を実感する行為なのです。 ここに幸福の源泉があります。 自分が役に立っているという「貢献感」が持てれば、共同体感覚を得て、幸福になります。 すなわち、幸福とは貢献感である、これがアドラー心理学の幸福の定義です 特別な存在になろうとしてはいけません。 それは承認欲求に根差しています。 普通である自分を認める勇気を持ち、今この瞬間を大事にしましょう。 人生は過去から未来につながる一本の線だと捉えがちですが、そうではなく、今この瞬間という点の連続です。 この瞬間に集中していれば、過去も未来も見えなくなります。 瞬間を大事にしていないから、ぼんやりと見える過去や未来に心乱されるのです。 計画的な人生など、不可能です。 「いま、ここ」を真剣に丁寧に生きることこそが人生であり、人生は瞬間瞬間、常に完結しているのです。 まとめ いかがでしたか。 なかなか強烈なメッセージの連発でしたね。 語り尽くせなかった、濃い内容もたくさんありますので、ぜひ手に取ってみてください。 (以下の画像をクリックするとショップへ飛びます) 良書の教えは、当然ながらビジネスにも生かせます。 ビジネスには「有益」で「正しい」情報の収集が不可欠です。 まずは「無料」で情報をゲットしてみませんか。 無料情報にためらうようでは、まず「稼げるようにはなりません」。 ビジネスに本気なら、以下をクリック! 現在の人気記事はこちら• 10,472ビュー 投稿者:• 9,891ビュー 投稿者:• 3,192ビュー 投稿者:• 3,151ビュー 投稿者:• 2,882ビュー 投稿者:• 2,792ビュー 投稿者:• 2,745ビュー 投稿者:• 2,539ビュー 投稿者:• 2,479ビュー 投稿者:• 2,438ビュー 投稿者:• 2,236ビュー 投稿者:• 2,214ビュー 投稿者:• 2,043ビュー 投稿者:• 2,001ビュー 投稿者:• 1,652ビュー 投稿者:• 1,600ビュー 投稿者:• 1,544ビュー 投稿者:• 1,493ビュー 投稿者:• 1,340ビュー 投稿者:• 1,251ビュー 投稿者:• 1,209ビュー 投稿者:• 1,178ビュー 投稿者:• 1,141ビュー 投稿者:• 1,127ビュー 投稿者:• 1,104ビュー 投稿者:• 1,020ビュー 投稿者:• 1,011ビュー 投稿者:• 1,001ビュー 投稿者:• 944ビュー 投稿者:• 824ビュー 投稿者:• 822ビュー 投稿者:• 804ビュー 投稿者:• 752ビュー 投稿者:• 746ビュー 投稿者:• 739ビュー 投稿者:• 736ビュー 投稿者:• 725ビュー 投稿者:• 711ビュー 投稿者:• 705ビュー 投稿者:• 672ビュー 投稿者:• 661ビュー 投稿者:• 646ビュー 投稿者:• 629ビュー 投稿者:• 621ビュー 投稿者:• 617ビュー 投稿者:• 607ビュー 投稿者:• 601ビュー 投稿者:• 576ビュー 投稿者:• 562ビュー 投稿者:• 559ビュー 投稿者:• 551ビュー 投稿者:• 544ビュー 投稿者:• 543ビュー 投稿者:• 489ビュー 投稿者:• 482ビュー 投稿者:• 481ビュー 投稿者:• 478ビュー 投稿者:• 473ビュー 投稿者:• 468ビュー 投稿者:• 458ビュー 投稿者:• 457ビュー 投稿者:• 442ビュー 投稿者:• 433ビュー 投稿者:• 431ビュー 投稿者:• 429ビュー 投稿者:• 415ビュー 投稿者:• 409ビュー 投稿者:• 403ビュー 投稿者:• 400ビュー 投稿者:• 397ビュー 投稿者:• 393ビュー 投稿者:• 389ビュー 投稿者:• 388ビュー 投稿者:• 387ビュー 投稿者:• 384ビュー 投稿者:• 383ビュー 投稿者:• 383ビュー 投稿者:• 371ビュー 投稿者:• 366ビュー 投稿者:• 363ビュー 投稿者:• 360ビュー 投稿者:• 359ビュー 投稿者:• 351ビュー 投稿者:• 348ビュー 投稿者:• 347ビュー 投稿者:• 344ビュー 投稿者:• 338ビュー 投稿者:• 338ビュー 投稿者:• 333ビュー 投稿者:• 329ビュー 投稿者:• 320ビュー 投稿者:• 318ビュー 投稿者:• 313ビュー 投稿者:• 310ビュー 投稿者:• 310ビュー 投稿者:• 307ビュー 投稿者:• 301ビュー 投稿者:• 301ビュー 投稿者:• 299ビュー 投稿者:• 293ビュー 投稿者:.


家庭や学校、会社、また国家などから飛び出すことが、自由なのだと。

More

過去の経験は変えられませんが、今の目的は変えられますので、 この考え方によって、過去の経験や、環境、自分の感情にも縛られなくなります。

More

人の行動や問題を考えたところで、自分にはどうすることもできない。

More

826ビュー 投稿者:• 悪口や誹謗中傷など、普遍的な道徳やルールを放棄することではないのです。

More

劣等感は人間の努力や成長を促す「エネルギー源」になるからです。

More

つまり、他者の「課題」なのです。

More