東京 マグニチュード 8.0 悠貴 死因 - 最後の悠貴くんの姿は幽霊ではなくて・・・

東京 マグニチュード 8.0 悠貴 死因 - 東京マグニチュード8.0 第11話(最終回)「悠貴へ・・・」

東京 マグニチュード 8.0 悠貴 死因 - 【話題】東京マグニチュード8.0の弟は第8話ですでに死去か / 東京タワー倒壊が致命傷「外傷性脳出血で脳挫傷」 | バズプラスニュース

0には、あまりにも悲しい「アニメとしてはあまりにも悲惨なエピソード」が複数含まれている。 特に涙なくしては観ることができないエピソードに、弟である悠貴の死がある。 しかし、悠貴の死がいつなのか、多くの視聴者がわからなかったようだ。 悠貴が幽霊として姉の前に現れ、生きているかのように行動を共にしていたからだ。 では、悠貴はいつ命を落としたのか。 ・外傷性の脳出血で脳挫傷 死の原因は第4話 エピソード4 で発生した大規模な事故だ。 弟の悠貴は東京タワーが倒壊した際、姉をかばって落下してきた金属片が頭にあたり、意識を失う。 同行していたバイク便ライダーの日下部真理が頭を調べてみたところ、コブが確認できた。 たいしたことはないと判断していたが、その際、すでに外傷性の脳出血で脳挫傷という状態だった。 ・すでに外傷性の脳出血で脳挫傷 過酷な環境下で長距離を歩いて移動しているため、疲労困憊な状況下、ついに第7話 エピソード7 で悠貴が倒れてしまう。 同行していた真理が悠貴の脈拍と呼吸を確認したところ、言葉にはしなかったが何らかの異変を感じたようだ。 その後病院に運ばれ、手術を受けるという流れが描写されている。 その後、姉は悠貴が死んでしまう夢を見る。 ・点滴しただけで大げさなんだから 第8話 エピソード8 で姉が疲弊して病院の敷地を歩いていると、そこには子供たちと一緒にサッカーをして遊んでいる悠貴がいた。 姉は大声で悠貴を呼び、生きていた事に歓喜するのだった。 あまりにも心配するあるに対して悠貴は「点滴しただけで大げさなんだから」と話しているが、この時点ですでに悠貴は亡くなっていた。 ・家に帰って生き抜くため導いた 悠貴は第7~8話で亡くなっていたものの、姉は診断書に書かれた死去した事実を受け入れられない。 姉は診断書や悠貴の遺体を目にしていたが、受け入れられず、「弟の死」を夢としてとらえて自我を保ったのだろう。 そんな姉のようすを不安に感じた弟の魂が、途方に暮れていた姉の前に現れ、家に帰って生き抜くため導いたのだと考えられる。 <弟が亡くなるまでの時系列> 1.


危険なので立ち入り禁止の札が貼ってあるにもかかわらず、少年は自宅の二階に上がっていく。

More

ネットでは、• 人々は自治体や自衛隊、企業から救援物資を受ける事に。

More

それが結果的に、悠貴の遺書のような感じになってしまいましたが、 あんなに内容のこもったメッセージを、 小学校3年生が書けるとも思えない。

More

そのとき、未来の後ろにふっと現れたユーキが、「お姉ちゃん、ぼく…」と真相を語り始めます。

More

クラッシュ症候群• そう、未来はユーキの死因について、やはりちゃんと説明を受けたのです。

More

川崎 彩(かわさき あや) 声 - 真理の後輩。

More