探偵 ナイトスクープ 放送 事故 - 謎のビニール紐?『探偵!ナイトスクープ』の怖い回

探偵 ナイトスクープ 放送 事故 - 探偵ナイトスクープの怖い話まとめ!放送事故級のホラー回を紹介

探偵 ナイトスクープ 放送 事故 - 探偵!ナイトスクープ

2012年10月26日『探偵!ナイトスクープ』 『探偵!ナイトスクープ』は視聴者から寄せられた悩みや疑問、を、テレビの力で解決・解明していこうというバラエティ番組です。 MCは俳優の西田敏行氏が務めており、他、多数のお笑い芸人達が番組を盛り上げるので、たまに不気味なお便りがあったとしても、基本的に賑やかな雰囲気で番組が進行して行きます。 問題のインコが登場する回は、2012年10月26日に放送されたものですが、この回も番組は賑やかなムードで進行していきました。 番組によせられたお便り 奈良県の奈良市にある職場にて、迷子になったと思われる青色のセキセイインコを保護した。 当初、そのインコは全く喋ることはなく、またその周辺ではインコが逃げたという届出なども特に出されてはいなかったため、そのインコを自宅で飼おうと考えていた。 しかし、ある日突然、そのインコは「ナカタ・ピーコ(あるいはナガタ・ピーコ)」という 自分の名前と思われる言葉と、「奈良市三条」という 自分が飼われていた場所の住所と思われる言葉を喋り出した。 しかし、奈良市には「三条」という文字が含まれる地名がいくつもあり、その飼い主を自分だけで突き止めることは難しい。 そのため、このインコの飼い主は一体誰なのか、またどこに住んでいる人なのか、このままインコの飼育を続けていると情が移ってしまうので、何とか調査して欲しい。 これを受けて番組はお笑い芸人のたむらけんじ氏を派遣しました。 「迷子のインコ事件」調査概要 番組が派遣した探偵として調査を開始したたむらけんじ氏。 依頼人宅 彼はまずお便りを送ってきた小枝氏の自宅へと向かいました。 小枝氏はどうやら保護したインコ以外にもインコを飼っているようでした。 小枝氏から改めて「迷子のインコ事件」のいきさつを聞いたたむらけんじ氏は実際にその場に保護されていたセキセイインコの鳴き声を確認してみることに。 ピーコちゃんが保護された依頼者の職場 ともかく、ピーコちゃんが保護されたという依頼人の職場があるのも奈良市の「三条本町」。 ピーコちゃんはとある分譲マンションの4階のベランダに迷い込んでいたそうです。 そこからの眺めはマンションのような 大きめの建物に囲まれており、たむらけんじ氏の見解としては「 結構都会」。 周辺の住民にしらみつぶしに聞き込みをすることは困難だと考えられました。 たむらけんじ氏はピーコちゃんに語りかけるも空しく、これという反応はございませんでした。 奈良市三条周辺のペットショップ そこで今度は別のアプローチで捜索範囲を絞ることにした番組陣。 捜索範囲を奈良市三条に再び広げ、周辺のペットショップや動物病院に問い合わせを行うことにしたのです。 まず、ペットショップ。 「ナカタ」もしくは「ナガタ」という名の人物がセキセイインコを購入した記録がないかを聞いて回る地道な調査が行われました。 さらに迷い鳥のポスターも貼ってもらうことを依頼。 調査中、奈良氏西九条のロイヤルホームセンターペット館にて驚くべき情報が手に入りました。 同店においても「ナカタ」もしくは「ナガタ」という名の人物がセキセイインコを購入した記録はなかったものの、店長の曰く ・言葉を覚えているということは、「オス」で生後3年は経っているのではないか。 ・翼の状態が良好であるため、飛行可能地域は近畿地方全域に及ぶ。 必ずしも100メートル以内に絞ることはできないということが判明しました。 さらに 小鳥専門の動物病院を紹介してもらい、電話をかけてみるたむら氏でしたが、 インコのカルテだけでも1,000枚以上もあるとのこと。 たむらけんじ氏は「ナガタ・ピーコ」もしくは「ナカタ・ピーコ」という名のインコのカルテがないかどうか尋ねましたが、調べるのには小一時間かかりそうでした。 調査は迷宮入り そこでわかり次第、折り返し連絡をもらうという形で、その小鳥専門の動物病院周辺の民家で「ナカタ」もしくは「ナガタ」と読める表札の家を聞き込み回ることにしたたむら氏。 しかしその苦労も実らず、途方にくれているところ、先方から折り返しの電話が。 たむらけんじ氏が撮影したもの 上記のほかに、調査中、たむらけんじ氏に心を許し始めたのか、ピーコちゃんは少しずつ別のことも話し始めます。 彼はその様子を車内で携帯電話のカメラに収めております。 その映像は放送されたものの、どう聞こえるかについてのテロップはございませんでした。 この鳴き声の放送のされ方から不気味に感じた視聴者はインターネットなどで協力し、解読をし始めました。 そして一定の結論に落ち着いたというのですが、その結論はさらに謎を生むものでした。 以下はその映像の音声ファイルです。 ピーちゃん、ごめんね…ここは異世界かも…内職してたら、急に誰もいなくなった…ピーちゃんだけでも、逃げて…電話も繋がらない…私は出て行きます… たしかに「ピーちゃん、ごめんね」や「私は出て行きます」については比較的鮮明に聞き取れますが、それ以外については何ともいえません。 考えられる説 不可解な発言に迷宮入りした調査。 『探偵!ナイトスクープ』は1988年から放送されている長寿番組ですが、迷宮入りになるケースは少ないのです。 それゆえ、ピーコちゃんが一層不気味に見えてきます。 ここで考えられる説… 飼い主は異世界に行ってしまった説 オカルティックな話題にたびたび持ち出される「異世界」。 ピーコちゃんの発音が不鮮明なため、「異世界かも…」の部分についてはうまく聞き取れません。 しかし、もしそう言っているならば、ピーコちゃんの飼い主はピーコちゃんを逃がし、自分は 異世界に迷い込んでしまった と考えることもできます。 ただ、異世界については現在その存在すら明らかになっておらず、SF映画などでよく見られる「パラレル・ワールド」のようなものなのか、それともこの世ではない「あの世」なのか、、、 ともあれ、これが万が一本当であるとしたら、いつ皆様が異世界に連れて行かれるかわからないということなので怖いですね。 飼い主はピーコちゃんを置いて夜逃げ説 私自身がピーコちゃんの鳴き声からはっきりと聞き取れたのは、「ピーちゃん、ごめんね」「私は出て行きます」だけです。 これだけから察すると、異世界という考えはまず頭にも浮かびません。 これから察すると、飼い主は家を出て行く際に、ピーコちゃんを解き放ったという線も考えられませんでしょうか。 ちなみにこれはやってはいけないことです。 番組のヤラセ説 これはすべて番組の「ヤラセ」であった。 といってしまっては元も子もないのですが、これはテレビ番組において潜在的に存在する可能性です。 たしかにペットショップや動物病院が顧客や患者の情報をすんなりと話してしまうということ自体、おかしな話です。 普通なら、 「個人情報についてはお話しすることはできません。 」 とプライバシーポリシーを遵守しなければいけないはずなのです。 まとめ ピーコちゃんは大気圏を突破できる(大嘘) 最後までお読みくださいましてありがとうございました。


パーソナリティーのますだおかだ・増田英彦(50)と『ますだますだ』コンビとなる増田アナが塚本アナの後任を務めることは数カ月前から決まっていたという。

More

といってしまっては元も子もないのですが、これはテレビ番組において潜在的に存在する可能性です。

More

傑作選DVDでも第1集の1作目に収められており、初期のナイトスクープを代表する作品です。

More

そして、おじいちゃんはルー大柴さんにソックリだったことから、ぜひルー大柴さんを娘に会わせて欲しいという依頼でした。

More

そのため今回の交代劇の際に「松ちゃんって阪神どころか野球にもそんなに興味ないんじゃ……」と思った人も多いはず。

More

最初は気にも留めていなかったのですが、毎朝毎朝見るたびにその紐が増えていくのです。

More

いつもありがとうございます」と号泣しながら感謝を伝えました。

More

そのチャレンジとは、自転車で三重県の伊勢に住むおじいちゃんの家に行くことでした。

More

出典: TVer『探偵!ナイトスクープ』 そんな中、家族に隠れて行なっているという異性装(女装)を披露した大野さん。

More

しかしその苦労も実らず、途方にくれているところ、先方から折り返しの電話が。

More

「ぴーちゃんごめんね」と「私はでていきます」という部分だけはハッキリとしているのですが、それ以外は明瞭には聞こえなかったため、それが余計にオカルト的な感じで怖い回として扱われました。

More

この案件の依頼者は奈良県奈良市在住で、依頼主が保護した迷いインコの飼い主を探して欲しいという内容の依頼だった。

More