じん ぼ こころ の クリニック - 人工透析の糀谷じんクリニック(大田区 雑色)│善仁会グループ

じん ぼ こころ の クリニック - 人工透析の糀谷じんクリニック(大田区 雑色)│善仁会グループ

じん ぼ こころ の クリニック - 本陣こころのクリニック|名古屋市中村区|心療内科 精神科 老年心療内科

精神科は医学です。 しかし、精神疾患はまだ解明されていないことが多く、様々なガイドラインが普及している現代でもその診断や治療を治療者の「主観」「印象」「経験」が左右することも少なくありません。 また、同じような症状であってもその個人の「生活に弊害を及ぼす」時点ではじめて病気と診断されることもあります。 このような科だからこそ治療する側には様々な経験に基づく高度のバランス感覚が求められるのではないでしょうか。 私自身、多くの方々同様、「こうありたい」「こうあらねばならない」「常にベストな状態でなければならない」という理想にとらわれ、悩み、不安を抱えることがあります。 そのような時に一番自分の救いとなるのが、精神科医療に携わる中で培ってきた知識や経験、考え方です。 お肌の手入れや傷の手当てと同じように心の痛みや傷も身近な問題として、気軽に相談できる家庭医のような役割であれたらと願います。 皆様と同じように日々悩みながら精一杯生きている一人の人間として、皆様の言葉を理解、共感しそこに専門的な視点を少し加えることで、悩みを解決する糸口となれたらと思います。 神奈川県藤沢市出身。 小学6年間をアメリカで過ごす。 趣味はスポーツ全般(バスケットボール、バドミントン、マラソン)。 30代より本格的にはじめたマラソンでは2時間38分 2014 青島太平洋マラソン の自己ベストを持つ。 第2回福岡マラソンでは3時間のペースランナーをつとめる。 2015年福岡国際マラソンエントリー。 ランニングクラブハンモックACの公認メンタルアドバイザー(2015~2016監督代行)。 子育てのため2016年~ランニングは休養中。 現在手話を特訓中。 旅行好きの父親の影響で幼い頃より、異文化やそこで暮らす人々について深く興味を抱くようになる。 得意な語学を使って世界を股にかけた仕事がしたいと考え一度は東京外国語大学フランス語学科へ入学。 しかし、幼少期のように自然と身につくものだと考えていた新たな言語を一から学ぶこと、文法、構文を理解することがこれほどまでに難しいと初めて知ることとなり大きな挫折を経験する。 自分の将来について悩んでいたところ、父親からの助言もあり他者への理解や共感は決して語学だけで出来るものではないと気づく。 精神医学というスペシャリティを持つことがまた違う側面から世界や人々を理解することにつながると考え一念発起し医学部を目指すこととなる。 大学卒業後は九州大学医学部精神科医局に所属。 臨床で一定の経験を積んだ後は大学院へ進学。 留学することで世界の精神医学研究に関わることを目標とする。 しかし、優秀な同僚研究者との力の差に愕然とし研究という世界の厳しさを身をもって知ることとなり再び大きな挫折を経験する。 悩みに悩んだ結果、研究ではなく実臨床で社会の役に立つことを決意しじんぼこころのクリニックを開業。 厚生労働省認定精神保健指定医 日本精神神経学会認定 精神科専門医、指導医 日本精神科医学会認定 認知症臨床専門医 認知症サポート医 日本医師会公認 健康スポーツ医 日本救急医学会認定 ICLSインストラクター 臨床研修指導医 日本医師会認定産業医 難病指定医 コンサータ登録医師 モディオダール登録医師 緩和ケア研修会修了 薬物療法研修会修了(2014、2015、2016、2017、2018、2019) 日本英語検定準一級 国際連合公用語英語検定C級 全国手話研修センター 全国手話検定試験5級 ランニングクラブ 湯布院ハンモックAC公認メンタルアドバイザー 日本スポーツ協会公認 スポーツリーダー 所属学会、等.


不安だと思う気持ちを汲んで頂き相談にものって頂きました。

More

サルコペニアになると転倒や骨折などを起こし、 運動機能や認知機能等が低下して生活機能が障害され 脆弱な(もろい)状態のフレイルになります。

More

お肌の手入れや傷の手当てと同じように心の痛みや傷も身近な問題として、気軽に相談できる家庭医のような役割であれたらと願います。

More

昼間の通院は難しいという患者様のため、平日は20時まで診療しております。

More

まずは皆様の話に耳を傾けてみます。

More

そうするうちに自然と自身に対する態度が変化し、もっと自分を好きになれるはずです。

More

食事の摂取量が減ると低栄養状態になり筋肉量減少と筋力が低下が起こり 身体機能を充分に発揮できないサルコペニアという状態になります。

More

自分の将来について悩んでいたところ、父親からの助言もあり他者への理解や共感は決して語学だけで出来るものではないと気づく。

More

介護支援専門員、社会福祉士、看護師によってご自宅での生活維持を支援しています。

More

ありがとうございました。

More