まいり まし た 先輩 ネタバレ 29 - まいりました、先輩【第29話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

まいり まし た 先輩 ネタバレ 29 - まいりました、先輩10巻(最終回)ネタバレと感想!

まいり まし た 先輩 ネタバレ 29 - 『まいりました先輩』最新話のネタバレ【29話】世里奈たち二年生の修学旅行

『まいりました、先輩』第31話 最新話のネタバレ サッカー部の応援 檜口先輩に話しかけられ、緊張した様子であいさつをする世里奈。 先輩の態度はいつもと変わらないが、世里奈は話しかけようとしても言葉に詰まってしまう。 ゆっくりと、励ましてもらったことへのお礼と、試合を頑張ってほしいこと、用事があって帰るかもしれないことを告げた。 檜口先輩はうなずくと前髪をかき上げ、「来てくれただけでいい」と答える。 それでも観て行ってくれるなら気軽に観て欲しいと言われ、世里奈も力なく「はい」と言った。 世里奈が去ったあとも、後ろ姿を見ながら檜口先輩は腕を組み考え込んでいる。 結局試合は強豪校相手だったが先輩たちのチームが善戦して、引退試合になることはなかった。 最低 世里奈は学校で悠馬に、先輩と別れたことは本当か聞かれる。 学校では別れた説と別れたはデマ説の両方が流れているらしく、悠馬は別れた方を信じたいらしい。 「ありがとうございます」と頭を下げられてまで別れたことを決めつけてくる悠馬に、世里奈は怒った顔で否定した。 がっかりしてしまった悠馬に、それでも元気がないのはどうしてか問いかけられた世里奈は、事の経緯を説明する。 話を聞き終わった後の悠馬は吐きながら「聞きたくなかった」とこぼす。 自分から聞いておいてそんな反応をしてくる悠馬に焦る世里奈。 悠馬は携帯をいじりながら、世里奈が受験生に文句を言ったことや、他の男になぐさめられたことを最低だと評する。 早く兄と別れるように告げると、一人落ち込む世里奈を置いて教室を出て行った。 座り込みうつむいていた世里奈のもとに友達がやってきて、元気がない世里奈を遊びに誘う。 信じて待つ 水川先輩の1歳年上の元カノ、渚の店にやってきた世里奈たち。 世里奈は、渚に水上先輩との間にあったことを伝えると、彼女なんだから文句を言っても当然だと返される。 「気持ちをため込んで、辛いのに黙って耐えていれば良かったの?自分も相手も大切にできない付き合いに価値はない」 そう言い切る渚に、世里奈の顔色が少し明るくなる。 水川先輩が、今の世里奈も将来の世里奈も大切にするために距離を置く方法を選んだのだと言う。 「納得できなかったなら、また話し合えばいい」という渚に、世里奈は小さくうなずく。 渚は、あまり会えなかった期間に、自分の気持ちだけで精いっぱいになってしまったのは、彼に少し冷めてしまった証拠であり、それが彼氏を傷つけてしまったのだと指摘する。 「もしそうだったとしても、先輩に何度も恋をする自信がある」 そう言い切る世里奈に、渚は「だったら信じて待つしかない」と言う。 渚は元気を出すように言うと、世里奈たちにハロウィンのお菓子をくれた。 学校では、水川先輩が考え込んでいる様子だった。 「彼女をほったからかしにしてまで勉強をして、本当に大学が受かるのか」 友達にそうこぼした水川先輩は疲れた顔で天井を仰ぐ。 廊下でいろいろな人に言われた言葉を思い出していた世里奈は、壁に貼られた全国模試結果を何気なく見上げる。 そこには成績上位者として水川先輩の名前が。 頑張っている先輩に誇らしいと思う世里奈。 帰り道、偶然水川先輩と遭遇する。 受験の息抜きで友達と水風船で遊ぶ先輩と、普通の会話ができて、世里奈は嬉しく思った。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。 ぜひ有効に利用したいですね。 登録無料で月額料金不要。 無料で読める作品が約1万5000冊もあります。 是非試し読みをして本を選んでくださいね。 詳しくは上記から公式をご確認ください。


告白 世里奈を家の前まで雨の中送り、先輩はワルいと言い帰宅しようとする。

More

当たり障りのない話しかできないまま、電話を切ろうとしていた 世里奈ですが、そんな世里奈に 水川先輩は…… 「俺は……、とっくに おまえのこと 人生に組み込んでるから、 ずっと一緒にいるためには 状況に合わせて 距離感変えていく必要があるんだと思ってる、 って… こんな俺ばっかり都合のいいこと 納得いかないよな」 「そんなことないよ…、先輩は 勉強がんばってるだけなんだから 都合よくなんてないよ…」 「そんなに いい子になるなよ…」 (ごめんなさい ありがとう、もっと素直な心で ぶつからなきゃ) 修学旅行が終わり 東京の空港に到着した 世里奈を、迎えにきてくれた 水川先輩。

More

世里奈が去ったあとも、後ろ姿を見ながら檜口先輩は腕を組み考え込んでいる。

More

雪が緊張しているから、泊まりはまた今度と。

More

しかーし、読み進めて行くうちにいつのまにかハマっていました!先輩もカッコ良くて仕方なくなってきて、キュンキュンしてしまって、全話購入し毎日見る日々…ついに単行本も買ってしまいました。

More

先輩との出会いから付き合うまで、こんな猛スピードな事あるか!?と思ったけど、恋愛って始まったらこんな感じだったなと自分の青春時代を思い出したり、初Hの両者の心の描写がとても丁寧でいやらしくなく素敵だなと思いました。

More

\U-NEXTで今すぐ無料で読む方はこちら/ 感想 距離を置いていた2人。

More