1 分間 スピーチ ネタ - 1分間スピーチ|雑学ネタ帳の一覧表です。

1 分間 スピーチ ネタ - 朝礼での1分間スピーチのテーマ・例文9選!ネタ探し・構成のコツは?

1 分間 スピーチ ネタ - 1分間スピーチで使いたい!雑学・おもしろネタ例文10選

1: 1分間スピーチの文字数は何文字程度? 長いようで短い、短いようで長い 1分間。 普通の人が普通のペースで読むと、だいたい 300字程度になると言われています。 また、プロのアナウンサーだと、 350字程度なのだそう。 1分間スピーチの原稿をまとめるときは、これを基準に考えましょう。 自分の喋るペースによっても変わってきます。 話し方がスローな人は 250字程度に、早口な人は 350字程度を目安にしてください。 2:趣味や名前の由来…自己紹介の 1分間スピーチを「面白い」と思わせるネタ 1分間スピーチをする場面で、もっとも多い内容が自己紹介だと思います。 面接以外でも、会議やパーティーなどで自己紹介を求められることは多いですが、どんなシチュエーションであっても、自分を強くアピールしたいもの。 そのためには、聞いている人が印象に残るネタを盛り込むのが理想。 「面白い」と思わせることができれば、シメたものです。 簡単なところでは趣味の話ですが、自分の名前が珍しい場合は、その由来をネタにすれば OKでしょう。 ぽっちゃり気味の人は、ダイエットに失敗した経験など多少自虐的に、ユーモアを織り交ぜて。 特技がある人は、簡単に披露できるものであれば、強い味方になります。 自己紹介に限らず、注意したいのは、ネタを絞ること。 何しろ、 1分間という限られた時間であり、聞き手にアピールするためには、スパッとひとつに絞るのが鉄則です。 3:職場の朝礼など、 1分間スピーチで使える雑学ネタ ( 1)雑学ネタなら意外性を重視 肩肘張ってウケを狙うことはないと思いますが、それでも印象に残るようにしたいもの。 基本的に、「起・承・転・結」の流れ(実際には時間が短いため「起・結」「起・承転・結」という感じになるでしょう)で話すとするならば、最も伝えたい「結」に至るまでのネタで印象に残りやすいのが雑学ネタです。 中でも、「えっ、本当! 」「マジ、そんなことあるの?」といった、意外性があるものがいいでしょう。 ( 2)オチをつけてスッキリと 自己紹介は、自分をアピールするのが目的ですので、その限りではありませんが、朝礼やパーティーなどで話す場合、オチを付けてすっきりまとめたいものです。 「結」に繋がらないネタを選ぶと、何を話しているのかわからなくなり、「ちょっと、あの子、何言ってんの?」となりかねません。 そのためには、「結」の部分に繋がるネタを選ぶことが大切! 例を挙げてみましょう。 風邪の季節に使えるネタ 「1回の咳で、2kcalを消化する」 一般成人男性で1日平均 1500Kcal、女性は 1200Kcal消化すると言われていますが、風邪で 1日に何度も咳き込めば、食欲がないうえに、咳の消費カロリーも相まって、かなりのダイエットになるかも! これなら、健康、ダイエットなど、いろんな結論に結びつけられそうですね。 お金や詐欺などの注意喚起 「大リーガーの 80%は、現役引退後5年以内に破産する」 毎年、何十億という稼ぎがあった大リーガーなのに……と、おいそれとは信じがたいことですが、米国ではお金持ちに投資話がよく持ち込まれ、野球以外のことをほとんど知らない選手が知識がないまま話に乗って、失敗してしまうケースが多いのです。 おいしい話に騙されない、お金に絡む話はよく勉強してからにする、などのオチにすれば、スッキリ話がまとまると思います。 4:ニュースを 1分間スピーチに盛り込むときの注意点 1分間スピーチで、最もポピュラーなネタになるのが、その時々のニュースです。 「あの人はニュースに敏感」「常にアンテナを張り巡らせているな」など、あなたの知的なイメージをアップするかもしれません。 ニュースをネタとして盛り込むことは、新しいもの、話題になっているものに絞りましょう。 また、著名人のスキャンダルなども避けたほうが無難。 また、酒席であっても、下ネタを避けるのはもちろんです。 下品にみえるだけですから。 一方、営業が絡む場であれば、業界に関係あるネタを積極的に取り上げましょう。 どんなネタでも同じですが、結論のところで、自分の考えを披歴、感想を述べれば、知的イメージがさらに向上するかも。 あと、ネタでニュースを話したあとは、ワンテンポだけ間を置くのがコツ。 聞いている人がニュースを思い出す時間を与えると、効果的になります。 5:安全喚起の 1分間スピーチをするときのポイント 安全喚起の場合、やはり、何が危険なのかを強調した上で、対応のしかたに話を進めていく構成にするのが伝わりやすいと思われます。 危険な例をダラダラ話すと 1分間はすぐに過ぎてしまいますから、ここでもネタを簡潔にまとめましょう。 自然災害など不可抗力によるもの、わき見運転など不注意によるもの……ネタとまとめ方は異なってきますが、自然災害の場合は「備えの大切さ」に力点を置き、不注意の場合は「そこから起きる不幸」に話を進めると説得力が増します。 不注意で事故を起こし、そこから払い切れない賠償金を背負うなどというのは誰でもイヤで、気をつけるようになりますよね。 今だと、「歩きスマホ」が話題になることが多いので、それを例として見てみましょう。 株式会社リビジェンが 10~ 20代の男女 500人を対象に実施した調査によると「歩きスマホを経験者したことがある」と答えた人はナント 86. 8%! 歩きスマホをすると、視界は 20分の 1になるそうなので、事実上、周りを見ていない歩く若者が多いのです。 もちろん、スマホ歩きをする人は若者だけではなく、いい年をした大人もいると考えられるので、フツーに歩いていたとしても常にリスクにさらされている訳ですね。 スマホ歩きをしている人は見ないで歩いているようなものなので、自分から避けることはありません。 スマホ歩きを絶対にしないのはもちろん、普段から、ボーっと歩かないように気をつけたいものです。 これで290文字です。 6:中学生の 1分間スピーチと社会人の 1分間スピーチは何が違う? 大人と子どもですから話し方のレベルが違うのは当然ですが、それ以上に、中学生が学校という限られた世界を中心に生活をしているのに対し、社会人は職場をはじめ幅広い場に触れているほか、何より積み上げてきた経験が違います。 ネタに悩んでいるそこのあなた、よ~く考えれば、きっと湧き上がってきますよ。 7:まとめ 筆者は、かつて政治家として 1分間スピーチ(というよりパーティーなどでの挨拶、祝辞)をする機会が多かったですが、経験から言うと、数をこなせば上達するもの。 機会があったら積極的に行い、スピーチ上手になって自分をアピールして行きましょう。 ただし、これも経験からですが、話が長すぎるとひんしゅくを買うのでご注意を! 1分間という時間は、きっちり守るようにしましょう。 【参考】 この記事を書いたライター 水野 文也 F. Mizuno ロイター通信記者から千葉県議会議員に転じ、現在は経済ジャーナリスト、アナリスト、行政書士。 株式評論でも知られる。 実はその昔、クイズ番組荒らしとして、数多くの番組で優勝した雑学オヤジ。 テレビ東京「TVチャンピオン」クイズ作家王選手権への出場経験があり、クイズ作家としての顔もある。


笑われないかとか、陰口を利かれないかとか心配になる方もいると思われます。

More

と怒りの声が治まらない。

More

全体のスピードを把握するため、ストップウォッチで図りながら自分で内容を読み上げる方法もおすすめです。

More

万が一間違ったとしても、ライヴ感のほうを重視したほうが好印象で終わります。

More

元々考える人は、ロダン作「地獄の門」という大作の一部である。

More

ぽっちゃり気味の人は、ダイエットに失敗した経験など多少自虐的に、ユーモアを織り交ぜて。

More

健康診断で数値が高めな場合、気になって仕方がないことです。

More

しかしこういった方法でダイエットに及びました。

More

特に、家庭科の授業などは発見の宝庫であることでしょう。

More

以前よりぐっと職場の人との距離も近くなるはずです。

More

あのニュースはこうであったのでしょう。

More