足 の 爪 黒い - 爪にできる「黒い線」…治療が必要な病気のサインかも!がんの可能性も

足 の 爪 黒い - 足の爪が黒い7つの原因とは!斑点が現れている人は要注意!

足 の 爪 黒い - 足の爪の変色・黒い斑点ができたり、赤黒く変化したら要注意!

爪の下で内出血しているケース 医学的には『 爪下血腫』と言います。 爪と爪の下の皮膚の間に血液が溜まってしまっている状態ですね。 爪にできた青アザ、 と考えるとわかりやすいかもしれません。 その後、 爪の広範囲が突然黒くなるのが特徴。 部分的に黒くなったり爪全体が黒くなったりと程度は様々。 色も真っ黒~部分的に赤い程度など差があります。 <爪下血種の症状・治療法> 強くぶつけて出血した場合はジンジンと痛むこともありますが、多くの場合は 無症状。 自分でできる治療なども特にありません。 正直、放っておいて大丈夫です。 足の爪なら2~3カ月も経てば、爪が伸びるにつれて黒い部分が外に押し出されていき半年もすれば黒い部分が全部外に出て、消えてしまいます。 水虫で爪が黒く変色している場合は、たいてい爪もぶ厚くゴワゴワになっているので素人でも比較的カンタンに判別がつきます。 <爪水虫の症状・治療法> こちらは放置していても治りません… 放っておくとどんどんと爪がボロボロになっていってしまうので、やはり 皮膚科の受診が必要です。 爪の下に茶色や黒い色の成分であるメラニンが沈着している• 爪の下にホクロの細胞がある というものです。 爪の中の出血と違って、 細長く爪の根元から爪の先まで一直線にキレイな黒い線が入っているのが特徴。 医学的に『黒色線条』と呼ばれます。 <黒色線条の症状・治療法> 一つの爪だけにあったり複数の爪に同じような線が入っていたりと、出方は様々。 線が細い• 境界がはっきりしている• 途中で途切れず色むらがない• 太さや色が変化していない ということが、 良性の色素沈着やホクロであるサイン。 年齢が若い人にもよく見られる症状です。 上記の特徴が当てはまるようなら複数の爪に変色があっても心配なく、経過を見ていれば大丈夫。 ただし、経過観察をしていて 太さや色が変わることがあれば皮膚科医に相談を。 !爪の根元から爪の先まで一直線に黒い線があるのが特徴! ただし良性の場合と違うのは、• 線が太い• 色むらがある• 線の一部がとぎれている• 爪が変形している• 爪の根元や指先の皮膚まで黒い色が広がっている などが悪性のサインです。 悪性黒色腫の症状が見られる年齢は 50~60代以降と高め。 数カ月~2年くらいの、短期間で変色が広がるケースが多いです。 早いといっても「数日前から変色した」などの速すぎる場合は、ほとんどが爪の下の出血です。 悪性黒色腫は爪以外でも体のどこにでもできるものなんですが、アジア人などの有色人種は爪の下を含めた手足に出現しやすいのだそう。 皮膚がんの中でも 質の悪いガンなので、次々とリンパ節やほかの臓器に転移していく可能性が。 早めの対処が必要です。 ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.


便鮮血反応とは、便の中に混ざっている微細な血液 ヒト. また、強い刺激を与え続けることで、変色だけでなく変形や、さらなる悪化を招きますので、毎日強い力のかかる足をたまには労わり、休ませてあげてくださいね。

More

爪母のメラノーマが皮膚に増殖して拡大したサインです。

More

こうすることで、運気も上書きできます。

More

スポンサーリンク. 悪化するほど爪はぼろぼろになり変形していきます。

More

時間が解決してくれますので、しばし待つしかありません。

More

病院に行かないといけないほどのことは無いですよ。

More