小池 都 知事 ゲーム - 小池都知事「私が“密”と言ったらゲームができた」が話題 「密です」がブーム、ゲーム化・漫画化も

小池 都 知事 ゲーム - 小池百合子

小池 都 知事 ゲーム - 小池都知事「私が“密”と言ったらゲームができた」が話題 「密です」がブーム、ゲーム化・漫画化も (2020年4月23日)

小池知事のある言葉が、Twitterで話題になっています。 小池百合子・東京都知事が4月10日の囲み取材の際、取材陣にソーシャルディスタンスを取るよう求めて発した「密です」という言葉。 ネットでは、この時の小池氏の声を使って、音楽を作ったり、オリジナルのゲームを作ったりと、様々な表現が広がっています。 BuzzFeedはゲームを作った1人のもうせさんを取材しました。 もうせさんのゲームを紹介したツイートには、36万以上のいいねと、「途中から笑いだしてしまった」「動きが超サイヤ人」などのリプが寄せられています。 それがこちら。 「都知事になって密集団を探して解散させるゲームです」 昨日作り始めた「密ですゲーム」が出来た。。 都知事になって密集団を探して解散させるゲームです. 密ですゲーム StayHome Unity socialdistancing— もうせ motulo おしゃべり集団を見つけた際には「密です」。 解散させます。 マスクなしでは危険ですね。 ・ジャンプ ・歩く ・走る ・「密です」 ・空を飛ぶ アメリカのコーネル大学でテレプレゼンスロボットや遠隔共同作業システムの研究をしているという作者のもうせさん。 「元々はUnityというゲームエンジンの新しいアセットを購入したので使ってみたい、というところから始まりました」 そんな時、ニュースで他の方の作ったゲームが注目されていることを知ったと話します。 「ゲームを通して外出自粛を守りソーシャルディスタンスを保とう、と促していると聞きました。 どうせ何か作るならポジティブにメッセージを伝えることができるゲームを作ろうと思い立ち、制作に至りました」 また、舞台がニューヨークになったのには理由があると答えます。 「まさに私が買ったアセットがニューヨークのモデルだからであって、東京のものがなかったからです」 クリアすると、キャラクターが水の中に潜り、BGMがゆっくりになるこちらのゲーム。 「まだまだプロトタイプなんですという雰囲気をお伝えしたかった、という感じです」 「BGMがゆっくりになった理由は、正直バグでプレイするまで予想していませんでした。 直すかもしれません」 ゲームを作っていく中で大変だったことを尋ねると……? 「どのようにゲーム性を持たせ、かつ、必要なメッセージを伝えられるか、という両立が難しかったように思います」 当初は集団の人たちのリアクションを「もっと激しく、吹き飛ぶようなアニメーションにしていた」と話します。 「そうしてしまうと、少し暴力的でネガティブな印象を与えかねないと思い、現在のアニメーションに変更しました」 他にも、オリンピックを迎える東京にもっと多様性のある社会になってほしいという願いから、こんな工夫も。 「集団の人の肌色や洋服をランダムで変えるようにしています」.


都知事になってソーシャルディスタンスを保つゲームができました。

More

のは、こうした青少年健全育成を理由としたBLの規制に危惧を表明している。

More

普段はゲームの世界と縁のない私にさえ「密ですゲーム」を知らせてくれる人がいて、気づけばこうして遊んでいる。

More

(昭和54年) - 『』に就任( - 3月)。

More

」と証言した上で「学部や時代によってスタンプやスタイル、サインが違うということだ。

More

最後の決めはどうかというと、です。

More

投票の結果、2位以下の候補を大きく引き離す291万2628票を獲得して当選し 、女性初 のに就任した。

More

ピンで留め、大学職員が何人かで手作業でスタンプを押していた。

More

課題ボイスは下記のとおりです。

More