カニ の えさ - カニの飼育の餌は何がいい?餌をあげる頻度は?

カニ の えさ - カニ網釣り最強の餌は一つじゃない!渡り蟹はこんな餌も大好き!

カニ の えさ - カニは何を食べますか??

川から拾ってきたカニというと沢ガニでしょうか? 僕は実家が田舎なのでよく川に行き沢ガニや今では殆ど見かけなくなりましたがメダカやドジョウなど捕まえては買っていました 沢ガニはオレンジとか赤みがかっていますね 沢ガニはやはり自然の状態に近いようにしないといけません えっと飼い方ですが 飼育ケースにはプラスチックケースを利用します。 水槽でもいいのですが、重たくて扱いにくいです。 あまり細かいものではなく、清潔に保もてて洗いやすいものがいいですね。 細かい砂利とかでもいいかな カニが歩きやすいからです あまり敷くと掃除などの管理が大変なので、数mm程度敷けばいいです。 あとはカニは、何かの下に隠れることが好きなので、岩などを用いて隠れ家を作る必要があります。 これは絶対必要ですね そのあと水入れですが水はくみ置きしておいた方がいいかもしれません 清潔な水を用意します。 水の量はカニの全身が浸かるぐらいかな。 あまり入れすぎないように陸地も作ってあげましょう 水はやはり頻繁に換えてあげた方がいいですよ 餌は直接敷砂の上に餌を置くと痛みやすいので、餌皿を用意したほうがいいでしょう。 餌皿は、浅いものならなんでもかまいません。 二枚貝の貝殻を利用すると見た目がいいかもしれませんね 餌はザリガニやカニの餌として売っているものも最近はありますね 僕はじゃことかシラス、煮干とかあげてました 魚の切り身とかもいいですね でも腐りやすいです 沢ガニはほんとに臆病なので飼い方が難しいですけど頑張ってください A ベストアンサー 写真が無いと分りませんが、恐らく「イソガニ」でしょうか? 日本の海岸や磯などで、比較的多く見られる一番ポピュラーな海棲カニです。 長生きさせるつもりなら、エアーポンプとか付けた方が良いと思います。 あと出来れば飼育水をきれいに保つためにも、大型の濾過器なども必要じゃないかと思いますが… 飼い主が人力で週2回以上で交換するのなら無問題。 モリモリ食べてる分には問題無いとおもいますが、基本的には少なめ少なめにを心がけていないと。 カニやヤドカリ類の場合は、断突に死因は「エサのやり過ぎによる水質汚染」ですので注意して下さい! 下記URLに詳細な飼育方法が載っています。 非常に参考になるwebサイトなので、ぜひ一読して置く事をお勧めします。 A ベストアンサー サワガニの詳しい飼育法。 サワガニは唯一、海とは縁の切れたカニなので、飼育、繁殖共に容易ですが、飼育下では、雌雄を同居させても殆どの場合、抱卵は見込めません。 抱卵しているサワガニを採集して卵を孵化させ、大きく育てる事は容易です。 1 サワガニの大きさが1cmにも満たないような小型ならば、水を十分に入れた水槽で、飼育してください。 このような小型のものは陸に出たら弱ります。 2 大型のサワガニであれば、水槽の底に、小さめの砂利を敷き、登るための岩をいくつか置いて、甲羅が浸かる程度に水を張ります。 瓦などを使用し、狭い隠れ家も作るといいでしょう。 1では、水質の悪化に注意し、溶存酸素量にも注意します。 2では、水質の悪化に注意し、水換え、砂利の洗浄は、毎日してください。 これからの時期は特に注意します。 いずれの飼育法でも水槽は日光の当たらない、涼しい所においてください。 エアーレーションもして下さい。 水換えの主な方法には、二つがあります。 1日汲み置いた水道水を使う方法と塩素を中和した水道水を使う方法です。 サワガニの場合、どちらの方法でもかまいません。 ただし、水温は合わせます。 餌は、市販のカニの餌を少なめに与え、食べ残しは速やかに取り除きます。 冬になったら、冬眠させます。 湿った落ち葉を容器に沢山入れて、その中で冬眠させます。 ミドリガメとの同居ですが、ペットショップに売られているミドリガメは通常、かなり小さな固体であり、例えば、サイズの大きなサワガニと前述の小さなミドリガメの組み合わせでは、ミドリガメが被害を受ける可能性が高く、サイズが逆の場合は、サワガニはミドリガメの餌になってしまいます。 基本的に、同居は薦められません。 水を沢山入れた水槽での水棲ガメの飼育は、工夫をすれば出来ない事はありませんが、危険なので薦めません。 サワガニの詳しい飼育法。 サワガニは唯一、海とは縁の切れたカニなので、飼育、繁殖共に容易ですが、飼育下では、雌雄を同居させても殆どの場合、抱卵は見込めません。 抱卵しているサワガニを採集して卵を孵化させ、大きく育てる事は容易です。 1 サワガニの大きさが1cmにも満たないような小型ならば、水を十分に入れた水槽で、飼育してください。 このような小型のもの. Q 川で取ったカニです、つぶして汁物にして食べるといいですよ。 と知人から頂いたのですが。 よく分からないので知人にもう一度食べ方を確かめようと電話すると 「自分も実はもらったもので、食べ方を良く知らない」 との事・・・。 今もビニール袋のなかで怪しげにモゾモゾと動いています。 何か美味しい食べ方はないものでしょうか? 知人の言っていた「つぶして汁物にする」というのが気になります。 こういう食べ方はできるのですか?これ以外でも何か美味しい食べ方をご存知の方、是非教えて下さい。 また、このカニはモズクガニではないか?というだけで正式な名前?が分かりません。 甲羅は男の人の握り拳くらいあるんじゃないかというほどデカいです。 川のカニは小さいものだと思いこんでいたのでビックリしましたがモズクガニってこんなに大きいのですか? A ベストアンサー おはようございます。 モクズガニ、でかいですよ、 時々スーパーなんかにも出るので、湯がいて食べてます。 ちょっと小ぶりのものなら素揚げにしても美味しいですよ。 味噌汁にするときには、先ずハサミと甲羅に分けて、すり鉢やフードプロセッサーなどですりつぶします。 そのすりつぶしたものを沸騰したお湯に入れ、ざるなどで漉して殻を取り除きます。 そして、普通に具材を入れ(根菜や里芋、こんにゃくなどが美味しいです)ミソをたてて出来上がりです。 七味をさすと風味が増しますよ。 ただ、#1さんの参考URLにもあるように、肺吸虫と言う寄生虫がいるので、絶対に周囲に飛び散らないようにする事。 (私はするときは、玄関や廊下でします) そして、使ったプロセッサーやすり鉢・すりこぎは必ず、煮沸消毒する事。 (加熱すれば大丈夫です) この二点でしょうか。 でも、中国料理高級食材である上海ガ二の仲間だから、それに見合う美味しさは堪能できるはずですよ。 頑張ってくださいね! ご参考になれば幸いです。 A ベストアンサー 直ちにカニと琉金を別々の水槽に分けてください カニと混泳させたことは無いですが、 めだか類の熱帯魚と出目金を混泳させたときに出目金がストレスで松かさ病を発生させてしました 水槽に仕切りを作って分泳させれば何とか回復しましたが 出目金などの琉金類は体形を見てもわかるようにあまり泳ぐのが得意ではありません、ちょこまか動く魚と混泳させるとストレス(つつかれる・追われる)をためて病気になるようです ましてや、「食う者」と「食われる者」の関係にあるカニと魚ではそのストレスは計り知れないでしょう、よほど大きな水槽でも琉金とカニの混泳はさせない方が良いでしょう。 普通の金魚ならまだマシと思いますが、琉金にはキツイと思います。 A ベストアンサー エサよりもとにかく水!水換えを頻繁に、出来れば毎日行わないと、サワガニの様な淡水系の小動物は1発即死。 とにかく綺麗な水を常に循環させる事に飼育の全てを費やしてください。 エサはぶっちゃっけ、1~2ヶ月やり忘れても死なないので。 エビと違いカニ類はとにかく小食。 え?マジ?それで持つの?と言うくらい小食。 煮干し1匹で半年くらいは大丈夫なので。 まずはともかく水、水、水です! 水環境が完成したら、その時点で初めてエサを考えます。 と言ってもサワガニは雑食性なので何でもOK。 でも体の小さい動物は人間が食べるモノをそのまま与えると、添加物(別に農薬とかじゃ無くても塩味が濃いだけでも小動物に取っては猛毒)の影響でやっぱり即死する事があるので。 基本は、 ・1リットルくらいのたっぷり多めの微温湯に丸1日浸けて、塩気を完全に脱いてふやかした煮干し。 ・ホウレン草か小松菜(可能なら無農薬)を熱湯で茹でて覚ましたもの。 ~この2つのコンボで基本、生き餌を必要としない雑食系の動物なら大丈夫です(ザリガニ、カニ類全般)。 適当に作り置きして冷凍庫で凍らせて保存、必要な時に解凍して与えます。 自作が面倒くさいのなら、ペットショップとかで売ってる「カメのエサ」でもOK。 こっちの方が使い易いかな?固形のツブツブのヤツが主だと思うので。 それを3日に1回の割合で。 注意点としてはとにかく「水質汚染」です。 水が汚れる原因の100%はエサなので。 エサを与えらた必ず水換えする習慣にして置いてください。 1回でもミスったら即終了だと思って。 とにかくあげ過ぎない様に注意!前述の様に餓死する事はまず無いので。 死ぬとしたら間違い無く、エサをやり過ぎて食べ残しが水を汚して、それが原因の窒息死です。 事前の予防策としてカニ本体の大きさに比べて、不釣り合なくらい大きな水槽で飼うと。 相対的に汚染が水の量で薄まるので、即死率が若干下がります。 なので可能な限り大きな水槽で飼うのが良いです。 ただしそれでも水換えは最低、2回1回以上が基本です。 また水も水道水はそのまま使えないので注意!24時間以上、汲み置いてカルキ抜き(塩素抜き)をしないと、サワガニには致命的です。 結構、大変だよ~? エサよりもとにかく水!水換えを頻繁に、出来れば毎日行わないと、サワガニの様な淡水系の小動物は1発即死。 とにかく綺麗な水を常に循環させる事に飼育の全てを費やしてください。 エサはぶっちゃっけ、1~2ヶ月やり忘れても死なないので。 エビと違いカニ類はとにかく小食。 え?マジ?それで持つの?と言うくらい小食。 煮干し1匹で半年くらいは大丈夫なので。 まずはともかく水、水、水です! 水環境が完成したら、その時点で初めてエサを考えます。 と言ってもサワガニは雑食性なので何でもOK。 でも体の小さい動. Q こんにちは。 昨日主人と娘たちが潮干狩りに行き、取ってきたアサリの中にヤドカリ(おそらく海ヤドカリだと思います)が4・5匹混じっていました。 娘たちが「せっかくだから飼いたい」と言いますので、空いていた17cmのプラケース(?)に砂、海水、ワカメ、一緒に拾ってきたカキの殻、庭の石等を入れています。 水深は6cm、砂の厚さは1cmくらいです。 海水は昨日の潮干狩りの際に汲んできたのもです。 エアレーションも一応しています。 フィルターはしていません。 淡水の熱帯魚は2つの水槽を飼育しているのですが、海水はした事がありません。 今入っている海水は何時までそのままで良いのでしょうか? 換水するとしたら、ペットショップで海水の素を買ってこようと思っていますが、それでよいのでしょうか? その他、アドバイスがありましたら教えていただけると嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。 A ベストアンサー こんにちは。 私も近くの磯で採取したヤドカリを1年以上飼育しています。 海水魚水槽のコケ取りと残り餌の処理用に入れて有りますが、結構可愛くて面白いですね。 熱帯魚飼育の経験がお有りでしたらご存知かと思いますが、濾過をしないと猛毒アンモニアの発生で中毒死が考えられますので、せめて投込みフィルター(500円前後)でも入れたほうが良いと思います。 ショップで人工海水を購入される時は比重計も一緒に買われ、海水の比重と同様の1.023の濃度にしてください。 水換えの頻度は餌の種類によって水の汚れ具合が違いますので、一概に言えませんが、貝類などは残り餌を必ず掬い出すか、海藻類を主体で与える様にしたほうが水の汚れは少ないと思います。 餌の成分のたんぱく質が水中に入ると、水面の泡が消えなくなります。 こうなると1週間以内にでアンモニアが発生しますので、その前に水換えすれば大丈夫かと思います。 餌は生アサリが大好物ですが、そのまま入れると雑菌がついているので一度冷凍すると良いです。 次に軟らかい海藻類、慣れると熱帯魚用のフレークフードも食べます。 長期飼育のポイントは餌より水質の管理である事は間違い有りません。 可愛がって上げてください。 こんにちは。 私も近くの磯で採取したヤドカリを1年以上飼育しています。 海水魚水槽のコケ取りと残り餌の処理用に入れて有りますが、結構可愛くて面白いですね。 熱帯魚飼育の経験がお有りでしたらご存知かと思いますが、濾過をしないと猛毒アンモニアの発生で中毒死が考えられますので、せめて投込みフィルター(500円前後)でも入れたほうが良いと思います。 ショップで人工海水を購入される時は比重計も一緒に買われ、海水の比重と同様の1.023の濃度にしてください。 水換えの頻度は餌の種類. A ベストアンサー >プチプチ泡を吹く それはサワガニの習性の一つなので特に問題はありません。 ただし、いつ見ても泡を吹いている様でしたら。 それは水が汚れている証拠なので、すぐに水を換えてきれいにしてやる事。 >水、水、水… カルキ抜き、塩素抜きの基本は理解してらっしゃる様なので。 普段からバケツとかに水道水を溜めておいて、それを交換水に使います。 沸騰でも良いですが、くみ置きなら30時間以上を目安に。 毎日交換が理想ですが、なかなか大変なので2日に1回で構いません。 金魚飼育などに使うエアポンプは、淡水棲のカニに関しては必須ではありません。 もちろん有った方が良いですが、それよりも水替え重視でお願いします。 これは単純に水をきれいに保つ他に、水中の酸素飽和度を高くする効果を期待しての事です。 水自体が汚れていると、いくらポンプで酸素を送り込んでも、水に酸素が溶け込みにくくなります。 またカニ自体が排出する老廃物(つまりオシッコとか)が、水槽内の水のアンモニア濃度をすぐに上げていき、その影響で窒息死します。 水を換えましょう。 水温はこれからの季節だったら大丈夫ですが。 夏場などでも25度超えるようだと、サワガニは弱って来ます。 サワガニは基本、15度~20度くらいの冷たい水で飼育を心掛けて下さい(低水温は水が腐るスピードも遅らせる効果があります)。 >水槽の環境 何となく水槽の中に砂利を敷いたり、石やレンガで隠れ家を作ってやった方が、カニも喜ぶのでは?~と考えがちですが…。 基本的に水槽内には何も置かないで下さい。 写真を見るに何やらいっぱい水槽内にありますね…。 即、排除! ただしカニの習性的な問題もありますので。 割れた植木鉢をひっくり返して1個だけ置いて下さい。 で、カニが中にエサを運び込んで、食べ残しが溜まりがちになりますので。 水替えの時に、良く注意して常にきれいにする様にして下さい。 ただし閉鎖環境であっても、水がきちんと循環して浄化機能を発揮出来る、いわゆる「Bioトープ」的な疑似自然環境を構築出来れば、砂利を敷いたりするのもOKです。 高機能な浄化装置で24時間、絶えず水槽内の水を循環させ浄化させ続ける事が出来てれば。 多少は色々とオモチャを入れて置いても大丈夫です。 >カニは水槽に1匹づつ! 気持ちは分りますが、これはカニに限らず、あらゆるほとんどの動物を飼育する時の鉄則です。 元々のその生物の習性で、群れで暮らす様な生き物~例えばメダカとか?~なら有りですが。 カニの場合、No. 1回答に指摘されてる様に、共食いの危険性が増すだけですので。 早急に別々にして置いた方が良いです。 オスメスのカップルで~とか夢を見がちですが。 仮に交尾して産卵にまで至ったとしても、かなりの熟練者じゃないとカニの幼生の飼育は難しいので。 大量に子ガニを死なせてしまい、気まずい思いをするだけですので止めておきましょう。 >エサは常に少量で カニ類は人間の感覚からしたら、ほとんど断食に近いような感じでしかエサを食べません。 カニやエビを飼っていく上での死因のNo. 1は水の汚染。 即ち、飼い主が良かれと思ってエサをたくさん与え過ぎた結果、食べ残しが腐って細菌が発生し、カニは死にます。 水質汚染は数時間で完了するので、朝やったエサが夕方には腐ってカニは死んでしまう事も良くあります。 常に注意を払って下さい! 自然界で大丈夫なのは、周りに圧倒的に大量の水があるため、少々の汚染は拡散してきれいになります。 しかし人間の強欲によって閉じ込められた水槽という名の監獄の中では、カニは逃げる事が出来ません。 カニにとって水は空気であり酸素。 主食は「ぬるま湯で戻した煮干し」と「茹でたホウレン草」で。 煮干しはそのままだと塩分が強過ぎるので、水でも良いですが、ふやけて柔らかくなるまで大体5~6時間、水1リットルに煮干し1匹くらいの感じで半日浸けて置きます。 これらを3~4日に1回、与えます。 エサを用意するのが手間だったら、普通にペット屋で売ってる金魚のエサとかでも構いません。 これを適当に水で湿らせて柔らかくして、水槽に沈めて置けば勝手に食べてくれます。 ペット屋に聞けば「沈殿性のエサ」と言えば分ります。 ただし水が汚れやすくなるので注意。 個体差によってよく食べるエサ、食べないエサとか出て来ますが。 まあ前述の通り、食わず嫌いで餓死する事は無いので、これに関しては人間様の都合の良い方法で構いません。 何気にサワガニやアカテガニは獰猛で、同居人にエビとかメダカが居たりすると、それこそ目にも止まらぬ早業で捕まえて食べてしまう事があります。 バッタとかクモなども、一瞬の早業で捕まえてしまいます。 以上、大体こんな感じで。 とにかくする事がなかったら、水を換えて下さい。 水さえきれいに保つ事が出来れば、サワガニだったら4~5年は生きてくれます。 後、冬眠に関しては基本的にはさせない方針の方が良いと思います。 恐らくは室内飼育になると思いますし、水温管理が中途半端だと逆に冬眠失敗で死なせてしまいますので。 普通に室内に水槽を置いておけば、多少、エサの食いが鈍くなるだけで、後は通常通りで問題無いです。 >プチプチ泡を吹く それはサワガニの習性の一つなので特に問題はありません。 ただし、いつ見ても泡を吹いている様でしたら。 それは水が汚れている証拠なので、すぐに水を換えてきれいにしてやる事。 >水、水、水… カルキ抜き、塩素抜きの基本は理解してらっしゃる様なので。 普段からバケツとかに水道水を溜めておいて、それを交換水に使います。 沸騰でも良いですが、くみ置きなら30時間以上を目安に。 毎日交換が理想ですが、なかなか大変なので2日に1回で構いません。 金魚飼育などに使うエアポンプは、淡水. A ベストアンサー スジエビ、ヌマエビ 両方の可能性があると思います。 スジエビであれば、肉食性が強いので、金魚を攻撃してヒレが切れる可能性があります。 (サイズ次第ですが)逆に、金魚がサイズアップした場合、エビは餌とみなされる可能性が十分あります。 混泳させるのでしたら、植木鉢の破片とか流木などでエビの隠れ家を作る必要がありますね。 餌は特別に気を使う必要はないですよ。 なんでも食べます。 水温は低温に関しては、金魚が耐えうる範囲であれば問題ありません。 夏の高温には、金魚より弱いように思います。 といいつつ私は室外で飼育してますねどね。 エビの違いは下記サイトなどの写真を見て判断してください。


金魚やコイを一緒に飼っていれば、そのえさの残りやえさから水にしみ出した養分で藻も繁殖しますので、金魚でも水槽に飼ってみてはいかがですか? えさの残りもタニシが食べて糞に変えてくれます。

More

水槽でもいいのですが、重たくて扱いにくいです。

More

>カニは水槽に1匹づつ! 気持ちは分りますが、これはカニに限らず、あらゆるほとんどの動物を飼育する時の鉄則です。

More

が、金魚のサイズ によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます ね。

More

冷凍室はフジツボ、バフンウニ(サンバ用) など、など 貝はあらかじめ汚れを取り、粒の大きさごとに網に入れておくと、使うときにより分けなくていいので便利です。

More

砂浜にいるカニは チゴガニや コメツキガニの場合が多いですが、砂浜のカニは砂の中にいる微生物を食べています。

More

A ベストアンサー 川から拾ってきたカニというと沢ガニでしょうか? 僕は実家が田舎なのでよく川に行き沢ガニや今では殆ど見かけなくなりましたがメダカやドジョウなど捕まえては買っていました 沢ガニはオレンジとか赤みがかっていますね 沢ガニはやはり自然の状態に近いようにしないといけません えっと飼い方ですが 飼育ケースにはプラスチックケースを利用します。

More

夏の水温が上がるときは要注意。

More

カニが浸かるくらいの海水を入れてブクブクを動かしてれば4~5日持ちますよ。

More

潮干狩りで捕まえられるような 磯などにいるカニや 砂の中にいるカニなどもだいたい ザリガニの餌なら食べてくれます。

More

とにかくする事がなかったら、水を換えて下さい。

More

水を換えましょう。

More