酢酸 と 水 酸化 ナトリウム の 中 和 反応 式 - 酸と塩基(中和反応)

酢酸 と 水 酸化 ナトリウム の 中 和 反応 式 - 第114章 電離平衡

酢酸 と 水 酸化 ナトリウム の 中 和 反応 式 - 第114章 電離平衡

第114章 電離平衡 08ko-114 この章では,電離平衡について学習します。 酢酸を水に溶かすと,その一部が電離して平衡状態になります。 1.酢酸は強酸ですか,弱酸ですか。? 弱酸 2.弱酸とはどのような酸でしたか? 電離度が1より著しく小さい酸 3.電離度とは何でしたか? 酸や塩基が水に溶けたとき,溶けた電解質の量に対する電離した電解質の量の比 この章の学習内容は,次の通りです。 (1) (2) (3) (4) (5) 内容が多いですが,がんばりましょう。 まず,最初は一般論です。 強酸の電離とpHについて考えてみましょう。 強酸とは,電離度が1に近い酸でしたね。 弱酸では,酸の濃度と水素イオン濃度が異なることに注意して下さい。 また,電離定数を酸の濃度と電離度を使って表すことができます。 pHメーターで,pHは3.0と表示されたとします。 では,水素イオン濃度はいくらになるでしょうか。 もし,pHが3.1だとしたら,水素イオン濃度を求めるには関数機能付きの電卓が必要になります。 使い方は,実験のところで説明しました。 酢酸イオンの濃度は,水素イオン濃度と同じです。 では, [CH 3COOH]はいくらになるでしょうか。 これは,電離していなくて,分子として存在している酢酸の濃度です。 したがって,酢酸の濃度から酢酸イオンの濃度(水素イオンの濃度と等しい)を引けばよいことがわかります。 水素イオンの濃度[H +],酢酸イオンの濃度[CH 3COO -],電離していない酢酸の濃度[CH 3COOH]がわかれば,電離定数と電離度を求めることができますね。 ちょうど,フェノールフタレインの変色域の色です。 フェノールフタレインの変色域は,pH8.2~9.8です。 計算で求めてみることにします。 内容的には少し発展的です。 後者の方が,pHの変化が小さいのです。 その理由を考えてみましょう。 まるで魚がえさを待っているように,酢酸イオンや酢酸分子が水素イオンや水酸化物イオンを待っているのです。 酢酸と酢酸ナトリウムの緩衝溶液のpHは,次のようになっています。 緩衝液のpHについて考えてみます。 少し発展的です。 酢酸と酢酸ナトリウムの混合水溶液のpHは,次の電離平衡と電離定数から求めることができる。 酢酸はほとんど電離していないので,酢酸分子の濃度 [CH 3COOH]は最初の酢酸の濃度にほぼ等しい。 すなわち,水素イオン濃度[H +]は,最初の酢酸と酢酸ナトリウムの濃度の比で決まると考えることができる。 すなわち,pHもあまり変化しない。 酢酸ナトリウムは,酢酸と水酸化ナトリウムの中和によってできる塩でしたね。 弱酸である酢酸に,強塩基である水酸化ナトリウムを加えていったときの中和滴定曲線の形を覚えていますか。 中和点がpH7よりも大きいのが特徴です。 これは,酢酸ナトリウムの加水分解によって説明できましたね。 酢酸ナトリウムの水溶液にフェノールフタレイン溶液を加えると,うすい赤色でした。 しかし,酢酸に水酸化ナトリウム水溶液を加えていったときの中和滴定曲線には,もう一つ特徴があります。 それは,中和点まであまりpHが変化しないことです。 これはどうしてでしょう。 酢酸と酢酸ナトリウムによる緩衝作用ですね。 最後に,弱酸の塩に強酸を加えると,弱酸が遊離しましたね。 また,弱塩基の塩に強塩基を加えると,弱塩基が遊離しましたね。 その理由を考えてみましょう。 酢酸ナトリウム水溶液に希硫酸を加えると,酢酸のにおいがします。 また,濃い塩化アンモニウム水溶液に濃い水酸化ナトリウム水溶液を加えると,アンモニアが発生します。 これらのように,電離定数が小さい弱酸や弱塩基の塩(の水溶液)に,強酸や強塩基を加えると,電離平衡が移動して弱酸や弱塩基が遊離します。 ちなみに,単体または基が他と化合せずに存在することや,それらが化合物から分離することを遊離とよんでいます。 有機化合物の塩を遊離する現象も,全く同じ原理です。 それでは,この章の学習内容の確認です。 1.弱酸の電離定数は,濃度が小さくなるほどどのように変化しますか? 2.弱酸の電離度は,濃度が小さくなるほどどのように変化しますか? 3.塩が水に溶けたtき平衡移動が起こり,OH -やH +を生じて塩基性や酸性を示すことを何といいますか? 4.少量の酸や塩基を加えても,またうすめてもpHがほとんど変化しない溶液を何といいますか? 答 1.変わらない 2.大きくなる 3.塩の加水分解 4.緩衝液.


また,万能試験紙でpHを調べる。

More

ここで、 a と b は物質に固有の値なので、定数として扱うことができます。

More

」 所長 「全部聞こえていたぞ。

More

続いて酢酸エチル水溶液 250 cm 3をすばやく反応容器に注入して、反応を開始させる. 溶液の導電率を2~4分毎に記録する. 実験結果の整理方法 1 各 データ系列は次表のような形式で整理する. 48とする。

More

1 のようになりました。

More

しかし、中和滴定実験では、 V A と V B の値しか直接的に知ることができないため、どちらかの溶液の濃度は、既知でなければなりません。

More