アロマンティック 診断 - 恋愛感情がない女性の7つの特徴!恋愛と性欲は別物なの?

アロマンティック 診断 - 恋愛感情の存在しない愛の姿「アセクシュアル・アロマンティック」

アロマンティック 診断 - 恋愛を出来ない人は可愛そうなのか?アロマンティックについて考える

アセクシャルの人の特徴 では、アセクシャルの人の特徴をみていきましょう。 一度も恋をしたことがない• 恋愛漫画やドラマを見てドキドキしない• 家族や友人に抱くような愛情はある 続いて、アセクシャルの人の特徴を、それぞれ詳しくみていきます。 思春期に突入すれば、異性のことを意識するようになって、一度は誰かに恋をしたことがあるという場合がほとんどでしょう。 しかし、恋愛感情が芽生え始める10代ではもちろんのこと、結婚していてもおかしくない20代や30代になっても一度も他人に対して恋愛感情が芽生えることがないのです。 しかし、アセクシャルの人は、 そもそも恋愛感情がどういった感情なのか理解することができていません。 そのため、漫画やドラマのストーリーを理解したり、楽しむことができたとしても、登場人物が手を繋いだり、キスをしているシーンを見たところで胸がドキドキすることがないのです。 そのため、愛情を抱いている人と一緒にいたい、同じ時間を過ごしたいという気持ちを抱くこともあるのです。 しかし、その愛情は恋愛感情とは別の感情なので、好きな人と一緒にいてドキドキしたり、好きな人と手を繋いだり、キスやセックスをしたいという気持ちを抱くことはないのです。 アセクシャルだと気付くきっかけ では、アセクシャルだと気付くきっかけをみていきましょう。 他人との感覚の違いやズレを感じた• 今まで一度も恋をしたことがない 続いて、アセクシャルだと気付くきっかけを、それぞれ詳しくみていきます。 中村さんは それを買い物に付き合ってという意味でとらえて「いいよ」と答えてしまったそうです。 しかし、女性の方は男女のお付き合いという意味でとらえているので、なかなか恋愛として発展しないことから、次第にその女性は中村さんから離れていき、周りの人からも「あなたが悪い」と言われてしまったそうです。 それから、 自分の感覚と周りの人の感覚にズレがあることを認識されたことがきっかけとなったそうです。 しかし、20代や30代になっても恋をしたことがないとなると、さすがに 「周りの人と自分は何かが違うのではないか」と疑問を抱く人も少なくないのです。 そして、セクシャルマイノリティについて徐々に知られるようになった現代では、このようなセクシャリティがあることを知って、自分がアセクシャルであることを自覚する人も増えてきているのです。 また、中学生や高校生であれば、今まで一度も誰かを好きになったことがなかったり、お付き合いをした経験がないというのは不思議なことではありません。 しかし、 成人を過ぎても恋をしたことが一度もない場合は、アセクシャルである可能性も十分に考えられます。 ただ、セクシャリティがノーマルの人でも成人を過ぎて一度も恋をしたことがないという人は少なからずいます。 そのため、これだけではアセクシャルなのか判断するのは難しいところでもあります。 こういった人は、そもそも恋愛漫画やドラマを見て「キュンってする」という意味が分からないのです。 そのため、他ジャンルの漫画やドラマのように、ストーリー自体は普通に楽しめても、登場人物の気持ちに共感しながらストーリーを楽しむことはできないのです。 しかし、アセクシャルの人は恋愛感情そのものを理解することができないので、 友人が恋バナをしていても話の内容に興味を持つことはありません。 好きな人や彼氏のことで楽しそうに話している友人を目の前にして、一体何がそんなに楽しいのか理解することができないのです。 つまり、恋愛感情がないからといって、家族や友人を愛する気持ちがない冷たい性格ではないということです。 ただ、こういった人は、恋愛感情としての「好き」と、家族や友人に抱くような「好き」という感情が どのように違うのか理解することができません。 他人に対して恋愛感情を抱く人であれば、恋愛感情と家族や友人に抱く愛情の違いは上手く説明できなくても何となく理解できているはずなのです。 アセクシャルの人の快適な過ごし方 では、アセクシャルの人の快適な過ごし方をみていきましょう。 信頼できる相手にセクシャルマイノリティの理解を促す• 恋バナは適当に相槌を打って聞き流す 続いて、アセクシャルの人の快適な過ごし方を、それぞれ詳しくみていきます。 そのため、他人に対して恋愛感情や性的欲求を持てないということを周りの人に理解してもらうのはなかなか難しいようです。 しかし、「LGBT」をはじめとしたセクシャルマイノリティへの理解は徐々に深まってきています。 そのため、心の底から本当に信頼できると思った人であれば、 「実はアクセシャルなんだ」とカミングアウトしてみるのも良いでしょう。 そして、アセクシャルがどのようなセクシャリティなのか理解してもらえるように説明してみると良いかもしれません。 そのため、アセクシャルであることを理解してもらえないような相手であれば、 無理をしてその人にカミングアウトする必要はありません。 そして、その人と恋バナをする機会があれば、そういった話は適当に相槌を打って聞き流すのがベストな方法です。 アセクシャル以外のセクシャリティ では、アセクシャル以外のセクシャリティをみていきましょう。 レズビアン• バイセクシャル• トランスジェンダー• パンセクシャル• セクシャルフルイディティ• Xジェンダー• クエスチョニング 続いて、アセクシャル以外のセクシャリティを、それぞれ詳しくみていきます。 ちなみに、身体の性は男性であっても、自分のことを女性だと思っているのであれば、たとえ女性のことが好きでも、その人のセクシャリティはノーマルではなくレズビアンということになります。 ちなみに、ゲイの場合も身体の性は女性であっても、自分のことを男性だと思っているのであれば、たとえ男性のことが好きでも、その人のセクシャリティはノーマルではなくゲイということになります。 バイセクシャルの場合は、レズビアンやゲイと違って、身体の性はもちろんのこと、自身の性自認も関係がありません。 つまり、女性と男性のどちらの性に対しても恋愛感情や性的欲求を抱くのであれば、その人のセクシャリティはバイセクシャルということになります。 なお、トランスジェンダーは大きく分けて「トランスセクシュアル」「トランスヴェスタイト」「狭義のトランスジェンダー」の3種類に分類することができます。 「トランスセクシャル」とは、身体の性と性自認が一致しておらず、それによって嫌悪感や違和感を覚えている人のことを指します。 次に「トランスヴェスタイト」とは、「クロスドレッサー」とも呼び、身体の性と性自認は一致していても、自分の性とは異なった服装をする人のことを指します。 最後に「狭義のトランスジェンダー」とは、性自認と周りの人から見られる性が異なる人のことを指します。 例えば、身体の性と性自認が女性でも、周りの人からは男性にみられるという場合は狭義の意味でのトランスジェンダーということになります。 そして、これらの3種類を全て包括的に表現したものが、広義のトランスジェンダーということになります。 「パンセクシャル」は「バイセクシャル」と混同されやすいのですが、2つの違いとしては、「相手のセクシャリティを意識するかしないか」という点が挙げられます。 バイセクシャルの人は「女性」と「男性」という性を意識した上で人を好きになります。 一方パンセクシャルの人は、「そもそも人を好きになるのにセクシャリティは関係ない」という考えを持っているので、相手のセクシャリティを意識することなく人を好きになることができるのです。 セクシャルフルイディティの人は女性と男性のどちらも恋愛感情を抱く可能性があります。 そのため、「バイセクシャル」と混同されやすいのですが、バイセクシャルの人は「自分は女性と男性の両方が好きだ」ということをはっきりと自覚しています。 したがって、相手のセクシャリティを意識した上で人を好きになりますし、女性と男性の両方に当てはまらない人に対しては恋愛感情を抱きません。 一方セクシャルフルイディティの人は、好きになった人がたまたま女性だった、たまたま男性だったというだけで、相手のセクシャリティを意識して人を好きになることがありません。 つまり、両者には「相手のセクシャリティを意識した上で好きになるのかならないか」という点に大きな違いがあるのです。 一般的に言うセクシャリティは「女性」と「男性」の2種類しかありませんが、Xジェンダーの人の場合は、男女の枠に自分を当てはめることに違和感を覚えている人が多いです。 そのため、自分は女性と男性の中間にいると認識している人もいれば、女性と男性のどちらでもないと認識している人もいたりと、Xジェンダーの人の性自認は人それぞれ異なります。 また、「女性」や「男性」のようにセクシャリティをはっきりと定める必要があるのが疑問を抱いており、あえて自分の性自認や性的指向を定めていない人もクエスチョニングであると言えます。 様々なセクシャリティがあることを知り、理解を深めていくことが大切です! アセクシャルの人は、周りの人から単純に恋愛やセックスに興味がない人だと思われたり、人間嫌いで性格が冷たい人といった誤解を受けてしまうことも少なくありません。 しかし、恋愛感情を抱くことができないだけで、家族や友人に抱くような愛情や友情は当然のように抱きます。 また、世の中にはアセクシャル以外にも様々なセクシャリティが存在します。 セクシャルマイノリティについて偏見を持つ人が大勢いるのも事実ですが、 これからは様々なセクシャリティがあることを受け入れて理解を深め、偏見を持たずに普通の一人の人間として接していくことが大切なのです。


例えば、キスをすることは性的感情的な行為ではないという方もいます。

More

同性婚を認めている国だってありますし、「恋愛感情」や「性愛」がない人に対して偏見を持たない土壌が培われています。

More

一方パンセクシャルの人は、「そもそも人を好きになるのにセクシャリティは関係ない」という考えを持っているので、相手のセクシャリティを意識することなく人を好きになることができるのです。

More

そのため、自分から行為をしたいという感情を持つことができます。

More

そもそも人を愛するにあたって、性別というものを意識しないことが特徴です。

More

その経験を生かして、現在は恋愛やオトナ系記事のWEBライターとして活動中。

More

世界にはさまざまなセクシュアリティがあります。

More

高望みし過ぎ• アセクシャル及びアロマンティックとは以下のような人々の事を指す。

More