データベース 5500 - LOHACO

データベース 5500 - データベース/DataBase英単語帳1700/3000/4500/5500レベル・難易度。CD音声の使い方と覚え方。評価/評判

データベース 5500 - 5500 機関車データベース (形式5500)

システム英単語やターゲットと比べるとややマイナーですが、学校で配られることが多いDataBaseという英単語帳。 使っている人がやや少ない英単語帳だからこそ、勉強していて不安に思う人もいるかもしれません。 ここでは 「英単語帳DataBaseのレベル」と 「他の英単語帳との比較」、そして 「正しい使い方」の3点を詳しく解説していきます。 どのレベルを選ぶか迷った場合は、1700からスタートしてください。 例えば志望校が早慶だからといって、5500から取り組んでも、基礎的な英単語が抜けてしまうので成績は伸びていきません。 基礎的な英単語から固めていき、徐々にステップアップしていくことをおすすめします。 大学受験は基礎固めが何よりも大切で、基礎が抜けている状態では、一定以上のレベルの大学には合格できません。 特徴を挙げるのであれば、 「CD付きなのに1,000円ほどと安い」ことと、 「グループごとに単語や熟語が分けられている」という2点。 大学受験向けの英単語帳は、近年は音声がダウンロードできるものも増えてきましたが、CDが別売りで2,000円以上する場合もあります。 データベースはCD付きで1,000円ほどですから、値段はとても安いです。 また「生活に関する動詞」など、グループごとに単語や熟語が分類されているので、語彙を結び付けながら覚えることができます。 関連付けて暗記することができれば、記憶の定着度も上がりますので、データベースの大きなメリットと言えるでしょう。 多くの人が英単語帳に取り組んでも、何周かしただけでうろ覚えのまま、次の英単語帳へと進んでしまいます。 そしていざ入試になると「覚えたはずなのに単語が思い出せない・・・」となってしまいます。 データベースは各レベルの中でも、5つほどの章に分かれているので、1章ずつ完璧に固めてから、次の章へと進んでください。 CDを活用して音声を聴いて、自分でも発音をして、そして発音記号も確認しながら覚えていきましょう。 この作業には負担がほとんどありませんし、日ごろの暗記に少し工夫を加えるだけで、リスニングやスピーキング、発音・アクセント問題の対策ができますから、とてもおすすめです。 逆に入試が近くなってから焦って取り組んでも、間に合わないので、早い時期から対策しなければいけません。 音声と一緒に覚えていくことで、記憶にも定着しやすくなりますから、一石二鳥ですね。 データベースは4つのレベルに分かれていますが、基本的には1700から取り組むことをおすすめします。 1つの章ごとに完璧に固めていき、1つのレベルが完璧に覚えられたら、次のレベルへと進んでください。 CDを活用して暗記することで、スピーキングやリスニングの対策にもなるのでおススメです。


大学受験向けの英単語帳は、近年は音声がダウンロードできるものも増えてきましたが、CDが別売りで2,000円以上する場合もあります。

More

音読をして単語を覚えよう データベース5500で勉強する際には、 音読するのもおすすめです。

More

英単語帳だけではなかなか覚えられないという方は、「書いて覚える英単語ノート」も活用していきましょう。

More

難しい英単語も増えてきますが、うろ覚えにせずに定着させることで偏差値が大きく上がります。

More

リップ・シンク(Lip-sync) テキストを見ながら聴き、音声にぴったりと合わせるように唇を動かしてみる(口パク)。

More

) 9. この【1700】には、その最重要語が凝縮されているといっていいだろう。

More

ノートにニガテな英単語の一覧表を作っておくのも良いでしょう。

More

参考書に書き込むのを嫌がる方も多いですが、ノートにはどんどん書き込んでいくようにしてください。

More

システム英単語• スキマ時間に暗記カードをパラパラとめくる、CDの音声を流すなどして、触れる回数を増やしてください。

More

音読(Reading-aloud) 単語、フレーズ・例文をスムーズに言えるまで音読する。

More