エヌビディア 株価 急騰 - エヌビディア(NVIDIA)の業績と株価の今後の予想(見通し)

エヌビディア 株価 急騰 - 【NVDA】エヌビディアの株価と決算、配当

エヌビディア 株価 急騰 - 東エレクなど半導体関連株高い、米エヌビディアの急伸を好感

GPUは画像処理用のチップとして開発され、ゲーミング向けのGeForceが有名です。 この GPUの高速演算処理に優れる特徴が、AIのディープラーニングと非常に相性が良く、今後更なる発展が期待される人口知能、特に自動運転で存在感を高めている企業です。 最近、 時価総額でインテルを抜き、話題となりました。 決算内容 売上、利益 FY16からFY20の 売上高、利益の推移です。 非常に堅調に推移しています。 Operating margin 営業利益率 が非常に優秀です。 市場別の売上 以下グラフは、FY16からFY20の売上の、事業割合を示しています。 ゲーミングが主力事業で、データセンター市場の存在感が年々増しています。 以下グラフは、FY16とFY20の、事業構成の割合を示しています。 ゲーミング 以下グラフは、ゲーミング市場の、直近の4半期毎の売り上げを示しています。 昨今の外出自粛により、GeForce プラットフォームの利用時間が50%アップしたようです。 データセンター 次に、データセンター市場の、直近の4半期毎の売り上げ推移です。 ・4半期での売上としては、初めて10億ドルを超えました。 ・アマゾンAWS, マイクロソフトAzure, IBM, アリババなど主要クラウドサーバーに軒並み採用されています。 Automotive 最後に、車市場の、直近4半期毎の売り上げ推移です。 自動運転市場での存在感は絶大です。 株価チャート 株価チャート 2002年から現在までのチャートです。 直近5年間で約20倍と大きく株価を伸ばしています。 次に、直近1年のチャートです。 20年3月のマーケット全体の落ち込みからの回復も非常に早く、それ以前の株価を大きく超えています。 青線:NVIDIA NVDA• オレンジ線:S&P500 PER 株価収益率 2019年の下落は、米中貿易摩擦によるものです。 現在の PERは 50超えと過熱感があり、将来の大きな発展に期待が集まっています。 環境分析 市場、自社、同業について、環境分析をしていきます。 市場分析 GPUはAIのディープラーニングと相性が非常に良い。 AI市場は、今後大きな発展が期待されています。 現時点では、 AIディープラーニング向けSoC System on a chip として、現時点では GPUが最適解とされています。 GPUは高速演算処理に優れており、AIでディープラーニングを処理するにあたって、一般的なプロセッシング・ユニットである CPUより何十倍も速く高速処理が可能であり、AI市場ではGPUは必須と言えるほどの存在です。 CPU: Central Processing Unit 中央処理装置 GPU: Graphics Processing Unit 画像処理装置 CPUはムーアの法則が崩壊し飽和。 GPUは高性能化が可能。 半導体産業で一番有名なプロセッシング・ユニットはCPUですが、CPUはムーアの法則が崩壊を迎えています。 AIのディープラーニングでは取り扱う情報量が膨大で、高速演算処理にあたって、SoCの高性能化は常に求められる中で、CPU性能の飽和は致命的です。 一方、 GPUは右肩上がりで高性能化が実現可能とされています。 自社分析 GPU市場で圧倒的な地位を誇る。 GPU市場では圧倒的な地位を誇ります。 自動運転市場でも存在感 自動運転車向けは、現時点では全体の10%に満たない売上ですが、NVIDIAのGPUが搭載される自動運転プラットフォームは、 トヨタ、テスラ、アウディ、ダイムラー、ボルボといった自動車産業の主要メーカーに採用されています。 今後、自動運転の本格的な普及に伴い、大きな成長が期待できる市場です。 参考:NVIDIAのGPUが搭載された自動運転車 同業分析 GPU市場の競争激化 CPUでNo. 1シェアを誇るIntelも、GPU市場へ参入してきています。 当面はNVIDIAの優位は揺るぎないでしょうが、半導体業界の老舗であるIntelが本腰を入れたとなると、GPU市場もより競争の激しくなることが予想されます。 AI市場でのGPU以外のソリューション GPU以外のプロセッシング・ユニットも、各社 虎視眈々と開発を進めています。 Google のTPU テンシル・プロセッシング・ユニット)は同社発表では、GPUの30倍速く、30倍電力効率が良いとしています。 またTESLAも、自動運転のプラットフォーム用SoCの自社開発を進めています。 現在は、AI市場向けにはGPUが最適解で、GPU市場ではNVIDIAが圧倒的な存在感を誇りますが、AIのディープラーニングとより親和性の高い技術が開発される可能性もあります。 まとめ 自動運転等の今後ビジネスが本格化するAI市場のSoCとして、現在はGPUが最適解とされています。 GPU市場ではNVIDIAはNo. 1のマーケットシェアを持ち、AI市場で絶大な存在感を誇っています。 直近ではPERが高く過熱感もありますが、魅力的な投資先だと思います。


インテルのCPUでは、最新のゲームはスムーズ動作しないためエヌビディアのGPUが活用されています。

More

上図で、特に純利益(青色)を取り出して表示させてのが下図です。

More

その後同社株価は一時持ち直し、終値は537. 全てのコンピューター装置の頭脳的存在である汎用プロセッサー、中央演算処理装置(CPU)のことだ。

More

00億ドルとなっています。

More

Sep-14 Sep-15 Sep-16 Sep-17 Sep-18 Sep-19 EPS 1. メラノックス買収による相乗効果が期待できるのは来年2020年以降でしょうか。

More

451• エヌビディアのセグメント構成比率 図4 <エヌビディア財務情報から作成>2020年度1Qセグメント構成比率 ゲーミングとデータセンターの二本柱ですね。

More

しかし、創業当初すでに「envision」は他社に使われていたため現在のエヌビディアという造語になったそうです。

More