鼻 づまり 寝る 時 - 鼻づまりが原因で眠れない時の5つの解消法!

鼻 づまり 寝る 時 - 鼻がつまって眠れない… 寝るときの鼻づまりを解消する方法 (2018年6月24日)

鼻 づまり 寝る 時 - 鼻づまりを解消する早く治す方法!寝れない時に効果的なツボとは?

寝るときに鼻がつまるという経験を持つ人は多いかとされますが、それはさまざまなことから起こるとされています。 特に鼻炎を持つ人には 寝る時の 鼻づまりは、珍しいことではなくよくあると言っても過言ではありません。 鼻炎を持つ人が起こる 寝る時の 鼻づまりは、一年を通して起こる事だとされます。 それは体調がおもわしくないときや、特に症状の現れやすい花粉の舞飛ぶ時期が起こりやすいのです。 鼻炎持ちの人はほとんど諦め状態であり、特にこれといった対策を行わないという人も多いです。 長く 鼻づまりを経験する場合、その予兆がわかり 鼻づまりが起こるなと察知できます。 次第に鼻がつまってくるわけですが、その時によってつまり方にも違いあり右側全体がつまる、またある時は左側の身がつまるといった具合です。 最初は呼吸がさほど苦しくないとしても、だんだんとつまり方がはげしくなって全く鼻では呼吸ができないといった状況にまで追い込まれます。 夜ですから寝ているところをわざわざ起き上がってまで、薬を探したりいろいろしたくないというのが本音であります。 しかしながらその状態が解消することはなく、 鼻づまりの苦しさと闘いながらそのまま夜を過ごすこととなるのです。 そんな状態を抱えながらもいつのまにか寝ているというのが特徴であります。 そういった意味では、人間は自分が意識しなくても苦しいと体が判断すればそれにふさわしい行動をとるのだなという気がしてきます。 鼻づまりの特徴は一言で言いますと苦しいということですが、 寝る時の 鼻づまりはまず口をあけて呼吸をしませんと息ができない状況であります。 それが日中ですといつも口をあけている状態になりますから、見た目がおかしいということになります。 夜は人にみられるということもありませんから、寝付くまでは口をあけて呼吸をしようとするわけです。 そのうち口をあけていますから、カラカラの状態になり関係のない咳まで出てくるようになるのです。 そんな 鼻づまりの原因は鼻炎、花粉時期などが多くありますが実は精神的なものが大きく影響することもあります。 それは、体験した本人が一番よくわかることなのです。 夜寝るときになって考え事や少し体調がおもわしくない、または疲れがひどいというときなどは 鼻づまりの症状が強くでます。 どうやらそれは、自律神経が関係していることだと考えられるわけです。 つまり体全体に指令をだす自律神経の働きが悪くなると同時に、鼻のつまりがひどくなるという結果にむすびつくわけです。 自律神経は全身のあらゆるところと深く関わりあっていますが、 鼻づまりにも大きな影響を与えるということがよくわかります。 特に繊細で神経の細かい人は、そのような状況に陥りやすいのも事実です。 そういった意味でたかが 鼻づまりですが、自分の体調を知るバロメーターとも言ってよいことになります。 鼻づまりの原因をつくらない、未然の体調管理が必要になってくるわけです。 鼻がつまったことのある人ならば誰もが行う解消法に共通していえるのは、右側の鼻を片手で封鎖して左側だけを開けた状態にするとすこし鼻のとおりがよくなることがあります。 それを交互に繰り返すことで、だんだん症状が緩和してくるという場合もあるのです。 その行いは鼻がつまった時にたまたまとった行動で、鼻のつまりが解消できたという偶然の出来事であります。 それでも結構その方法が効くときが多いですから、つまったときはその方法をよく行うということになります。 鼻づまりを多く経験する人は、その対策法をいくつか持っているかとされます。 つまったままの状態で寝ていますと症状が激しくなることから、思い切って起き上がってみますとすぐに 鼻づまりは解消します。 その裏付けの理由が素人にはわかりませんが、どうやら鼻腔が広がるのではないかとされます。 実際に起き上がると、鼻の奥が楽になるのがわかるのです。 鼻がつまっている状態が、解消できた瞬間は何とも快感であります。 それがまた、布団に入り寝ようと横になりますと同じことの繰り返しとなるのです。 そんなことをしながら夜は更けていくわけですが、そんなことをしていく過程で鼻のつまりがよくなるということもあります。 もしくは何の対策もとらず、我慢をしていると自然につまりがとれてくることもあるのです。 通常は鼻がつまれば眠れないというのが普通ですから、さしあたって自宅にある鼻炎薬を使用する人が多い傾向にあります。 鼻がつまれば呼吸ができず苦しい状態になることはわかっていますから、特に 鼻づまりを経験する人は事前に医療機関を受診して飲み薬をもらっているという人が多いです。 いつ何時に鼻がつまるかわかりませんから、そうならないように前もって病院を訪ねておきます。 そろそろ薬が無くなりそうだなとわかっている時は、早めに病院へ行くことをします。 それだけ薬に気を配っておく理由はやはり、鼻がつまれば夜眠れないことがわかっているからであります。 つまっては目が覚め、また寝てはつまりで起きてしまうという状態ではぐっすりと夜も眠れません。 眠れないとなると次の日の仕事に影響しますから、 鼻づまりを未然に防いでおくことはとても大切なことなのです。 それとは別の通常よくある風邪による 鼻づまり解消方法は、風邪薬でたいていは緩和されるものです。 風邪薬の中には 鼻づまりに効く成分も配合されているため、同時に他の鼻炎薬を使用するのはいけません。 風邪の場合は一時的なものですから、風邪薬のみで対処できるとされます。 問題のいつも怒る 鼻づまりは、未然に予防対策をとることを覚えておく必要があります。 それでかかりつけの病院や、鼻炎の症状に対応してくれる上手な病院を見つけることが大事になってきます。 鼻づまりの解消方法には、薬が最も早い解決策だという結論になります。 その他にも、今多くの人が使用している鼻炎に効果を発揮するサプリメントを使用してみる方法もあります。 ある夜、突然あらわれる 鼻づまりの対処法は人それぞれあるかとされますが、その前に体質改善が必要ということも見過ごせない内容であります。 風邪ではない、普段起こる 鼻づまりは虚弱体質であったりしますとそれが起こりやすいとされます。 実際に昔は 鼻づまりを経験していなかったのが、最近やけに 鼻づまりがひどいという人も多くいます。 それは体の免疫力低下が考えられ、年齢とともに体の機能が衰えたのと同時に意味の分からない 鼻づまりも起こる場合があるのです。 体質改善を図るためにも若いときのような元気を取り戻すという意味で、健康づくりをこころがけそれにふさわしい生活をしていくことが提案されます。 年齢を重ねていきますと毎日があわただしく過ぎていき、自分の健康管理もよくできないという場合が多いですが今一度自分の体をいたわる気持ちを取り戻し体が喜ぶことをしていく必要があります。 それには食生活の見直しと、体力づくりのための運動、そしてストレスをためない心がけが大事かとされます。 その要点を忘れずに生活に加えていけば、体本来の元気を取り戻して 鼻づまりといった症状もなくなっていくのです。 鼻づまりは生活に影響を与えるものとして、対策も必要ですし未然に起こらないようにしておく取り組みがとても大切となります。 ただ、鼻がつまっているというだけでなく頭の働きが悪くなり集中力の低下、思考力が無くなるなど困った状態に陥ることになるのです。


鼻を介して酸素を体に取り入れることで、喉を 乾燥した空気から守り、 ウイルスの侵入を防ぐという重要な役割を担っています。

More

可能であれば 右の鼻がつまっている場合は左側が下になるように、左の鼻がつまっている場合は右側が下になるように横になってマッサージをするのが効果的です。

More

厳密言えば脳ですが、そのストレスを受けた時の筋肉状態が、脳に記憶されているんです。

More

そしてこの副交感神経には、特徴があるんです。

More

注意点 注意点としては、水道水、精製塩は使わない事です。

More

両鼻がつまった場合は、 10秒ほど鼻を塞ぐ事や横向きで寝ることが効果的!• また、この「晴明」と「迎香」を結んだ直線(鼻に沿ったライン)を指で擦るのも効果があります。

More

また寝る時も仰向けだと鼻がつまりやすくなるため、 横向きで寝ていただくことをオススメします。

More

交感神経が優位になると血管が収縮し、炎症が鎮まります。

More

蒸しタオル お風呂に入ると、温められた蒸気を吸う事で一時的に鼻の通りがよくなったり、鼻づまりが解消される事があると思いますが、蒸しタオルでも似たような効果を得る事ができます。

More

ダニの好む高温多湿に気を付ける• 鼻から吸って、鼻から出す方法が良く知られていますが、この方法では、鼻の奥にあるBスポットは洗浄できません。

More