Akira 東京 オリンピック - 『AKIRA』の予言は「2020年東京オリンピック」だけではなかった!

Akira 東京 オリンピック - 『AKIRA』の予言は「2020年東京オリンピック」だけではなかった!

Akira 東京 オリンピック - 【都市伝説】AKIRAが東京オリンピック2020の中止を予言?【あらすじ】

舞台は2019年の「ネオ東京」。 1982年に発生し、第3次世界大戦()の引き金となった謎の大爆発で壊滅した東京が、復興を遂げたという設定だ。 ストーリーの核となる少年アキラは極秘の軍事プログラムで超能力を獲得するが、その力があまりに強大なため体を分解される。 アキラの内臓が入った鉄の箱は、五輪スタジアム建設現場の地中深くに埋められており、後にアキラの超能力を受け継ぐこととなる鉄雄という少年に発見される。 「『AKIRA』の世界は一言でいえば『サイバーパンク』だ。 テクノロジーは発達しているが、富裕層と虐げられた人々の間に大きな格差がある未来のハイテクな世界だ」というのは、日本の漫画やアニメに詳しい専門家マシュー・ピノン()氏だ。 2020年東京五輪はストーリーの中心に据えられているわけではないが、偶然にしては異様なほどの現実との近似性をもってたびたび登場する。 日本のポップカルチャーを専門とする明治大学()の森川嘉一郎()准教授いわく、物語は五輪の中止または延期が避けられない事態へと展開していく。 新国立競技場のあちらこちらからクレーンが突き出ていた建設現場の様子は、「AKIRA」ファンに漫画の一場面をありありと思い出させるものだった。 漫画研究家のパトリック・ガウマー()氏によると「AKIRA」の中の東京五輪もまた、1982年の大爆発と壊滅的被害から復興した証しとして描かれている。 作中の復興の象徴である五輪スタジアムは、その爆心地の近くに建てられている。 現実とのもう一つの一致は、作中に登場する新聞の「世界保健機関()が伝染病対策を非難」という見出しだ。 だがピノン氏は「これには雰囲気を出すという以上の意味合いはない」と述べる。 結局、「AKIRA」は未来を予言していたのだろうか? 森川氏は予言というよりも、近い過去(戦後の日本)を再解釈した結果が、架空の近未来に反映されたのだと捉えている。 戦後復興の1964年の前回東京五輪、1968年の大学闘争、死に物狂いの東京再開発……。 「AKIRA」が2020年東京五輪に触れていたことについて森川氏は、言えることはこうした一致が、すでに傑作といわれている作品の観賞体験に並外れた現実感を与えるだろうということだと述べた。


からも、同車の雰囲気を持つバイクが開発され、の東京モーターショーで展示された。

More

対障害物用• 2015年12月9日• 最近も 「東京オリンピック開催迄あと147日 国民の力で成功させよう」という看板に「 中止だ中止」という落書きがされている描写が作中にあったことと、コロナウイルスの蔓延が結び付けられ、「本当に中止されるのでは」などという憶測も拡散した。

More

生年月日は2002年3月8日。

More

ライター:梅田奈央 2019年11月1日. アキラ抹殺のために大東京帝国に潜入するが、他の仲間を殺され、自身も逃走しているところを竜に助けられ匿われる。

More

制作担当 - 角田研、池田陽一、横溝隆久• 3人の古いナンバーズの中では、宇宙戦争アニメーションなどのテレビ番組を好んだり最も性格的に幼く、外の世界に出てみたいという単純な理由から物語冒頭にゲリラの手引きで研究施設から脱走、鉄雄の能力覚醒のきっかけとなる。

More

脇役であるが金田チームのうちの一人。

More

事故がきっかけで超能力に目覚めた親友鉄雄。

More

山城は大友自ら監督を務めた劇場アニメ版『AKIRA』(1988年)で音楽を担当した芸能山城組の組頭であり、原作マンガとアニメ版ともに題字を手がけた平田とあわせて、久々に『AKIRA』に携わったクリエイターが結集した。

More