ティファール 圧力 鍋 電気 - ティファールの3L電気圧力鍋「ラクラ・クッカー」と「クックフォーミー」。どっちを買うべき?【家電ラボの徹底「本音」レビュー】

ティファール 圧力 鍋 電気 - 【ティファールの最新電気圧力鍋】クックフォーミーから3Lのミニサイズが登場!海外メーカーが日本モデルを作る理由とは

ティファール 圧力 鍋 電気 - 【QOL向上】ラクラクッカー(電気圧力鍋)を買ってみた【便利】

左が「ラクラ・クッカー コンパクト」、右が「クックフォーミー 3L」 今年はコロナ禍でテレワークが増加し、家で調理をする回数も増えたことにより、電気圧力鍋のニーズが高まっている。 調理家電がよく売れていることもあり、各社からもさまざまな電気圧力鍋が登場した。 いろいろ試してみたが、我が家に合っていたのはティファールの「クックフォーミー エクスプレス」だ。 短時間で仕上がる圧力調理と、ボタンを押したらほったらかしで、ほかの家事をしながら料理をおまかせできる便利さは、一度使ってしまうと手放せなくなる。 操作部にレシピや手順が表示されるので、初心者も迷わず操作できるのも特徴だ。 ただ「クックフォーミー エクスプレス」は6Lサイズ。 6人分まで対応しており、本体が大きいので場所をとる。 我が家は4人家族で、翌日のお弁当やおかずの分もあわせて作っているので重宝しているが、大きくて置き場所に悩む方も多いだろう。 2020年4月に発売されたティファールの「ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋」 以下、ラクラ・クッカー は約3Lで4人分まで作ることができるコンパクトタイプだ。 小さな電気圧力鍋を探しているなら、これはぴったりかも……と思っていたところへ、10月には同じ容量3Lの電気圧力鍋「クックフォーミー 3L」 以下、クックフォーミー が発売された。 同じメーカー、同じ容量で、同じような本体サイズ。 ただし、公式オンラインショップを見るとラクラ・クッカーは26,400円、クックフォーミー3Lは62,700円 ともに税込 と価格に開きがある。 その差はどこにあるのか。 正直なところ、どちらが使いやすいのか。 実際に試してみた。 レシピは210種類もある。 材料から検索でき、カンタンなレシピが多い ラクラ・クッカーはマニュアル操作することを前提とした仕様であり、低温調理ができることが特徴。 一方、クックフォーミーは内蔵レシピを選ぶと、後はクックフォーミーが食材や分量、作り方を教えてくれるので、調理準備がよりスムーズで時短につながる。 また、排気までを全自動で行なってくれるので、手間がかからない。 ラクラ・クッカーは圧力調理後に蒸気排出ボタンを押す必要がある。 注目したのは消費電力だ。 ラクラ・クッカーは700W、クックフォーミーは900Wと、200Wの差がある。 圧力調理には予熱が必要となるが、消費電力が高いほうが予熱時間は短くなる。 圧力調理は3分と表示された ラクラ・クッカーの操作はとてもシンプルだが、ブザーが鳴ったら自分で蒸気排出ボタンを押して排気をする必要がある。 音が大きく、勢いよく蒸気が出るので最初は押すのが怖かったが、何回か押しているうちに慣れた。 クックフォーミーはとにかく丁寧で、ひとつひとつ手順を確認でき、迷わず調理を進めることができる。 レシピ本を見なくても本体の表示部を見て作ることができるので、初心者でも安心だ。 肉じゃがは炒めてから圧力をかける本格的な調理方法だが、手順通りにボタンを押すと本体側で加熱モードを切り換えてくれるので、迷わない。 ただ、その分ボタンを押す回数がとても多いので、わずらわしさを感じる方もいるかもしれない。 感心したのは、クックフォーミー専用のアプリだ。 アプリでレシピを検索し、スマホで確認できるのは嬉しい。 手順も写真付きで、とても見やすいため筆者も活用している。 材料を買い物リストに登録できるので、これを見ながら買い物したところ、とても使いやすかった。 残念ながら、このアプリはラクラ・クッカーには対応していない。 料理初心者はクックフォーミー、中級者以上はラクラ・クッカーが便利 クックフォーミーは、ナビ通りに進められて迷わずに調理できる。 スマホの専用アプリもとても見やすく、調理の過程を確認しやすいため、料理が苦手な方や初心者の方におすすめできる。 クックフォーミーの一番のおすすめポイントは、900Wとハイパワーであること。 一般的な電気圧力鍋は600~700Wが多いが、900Wだと予熱時間が短いので、圧力調理や煮込みなどの調理が早い。 もちろんマニュアル調理もできるので、コツをつかんだら切り換えられる。 また、排気まで自動で行なってくれるので手間がかからない。 クックフォーミー専用アプリも便利だ。 ハロウィンのレシピなど、季節に合わせたレシピもどんどん追加されるとのことなので、飽きずに長く使えそうだ。 ただ本体はWi-Fiなどにつなげられるわけではないので、新しいレシピが追加されても本体にダウンロードすることはできない。 ラクラ・クッカーは低温調理が優秀。 レシピに掲載されていた低温調理レシピは、甘酒、おぼろ豆腐、塩豚、ローストビーフ、鶏ハムなど。 こういった料理を日常的に作りたいのであれば、ラクラ・クッカーがおすすめだ。 それぞれ特徴は異なるものの、ふだんの料理が短時間で、しかも美味しくできることは変わらない。 電気圧力鍋はとても便利なので、ぜひ自分の料理スタイルに合うものを選んでほしい。


共働きの家庭が時短目的で使うのはもちろん、これから料理を覚えたい人にもオススメのアイテムです。

More

4月には緊急事態宣言も出される状況になり、慣れないステイホーム生活に戸惑いを持った人も多かったのではないだろうか。

More

蓋を閉める• 内鍋は高さがあるので、思ったよりも調理中の油がはねないので、周りを汚しません。

More

ティファールの電気圧力鍋「クックフォーミー」にミニサイズが誕生しました。

More

いっぽうで、「クックフォーミー」では非対応の「低温調理」や「予約調理」(保温・炒める・低温調理以外)に対応しています。

More

新たに「クックフォーミー専用アプリ」(iOS/Android)をリリース。

More

内なべには最大調理量の目安線が引かれているため、これを越えて食材を入れないよう気を付けたい。

More

どちらかというと普通の圧力鍋感覚でいれば問題ないかと思います。

More

こういった料理を日常的に作りたいのであれば、ラクラ・クッカーがおすすめだ。

More

というのも、下ごしらえが大変なのであって、煮込む調理そのものは特に手間がかからないと思っていたからだ。

More

炊飯にかかった時間は、吸水・蒸らしを含めて約60分。

More