Line ノート 転送 - LINE(ライン) 「長押しテク」を覚えよう!トークの保存や転送ができて超便利!

Line ノート 転送 - LINE(ライン)アルバムの写真の転送方法。一括で写真を転送できる裏ワザも

Line ノート 転送 - 転送や保存も簡単!長押しで使える便利なLINE技9選

・LINEを使ってメールを転送したい ・メッセージや画像を送るのと一緒で、メールの本文を送ることはできないの? ・トーク画面にメールを貼り付けることができないの? と、お悩みではないですか? 私も、メッセージをやり取りするのにLINEとメールの両方を使っていますが… たまにありますよね。 メールで送られてきた内容を、LINE友達にも知ってもらいたい!ってこと。 最初のうちはメールをスクショして画像にして、LINEのトークルームに貼っていましたが、メールが長いとスクショが何枚にもなってしまうので、このやり方が結構不便…というかめんどくさいんですよ! なので、メール本文を一気に全部コピーして、それをLINEのメッセージとして送信する方法にしたら、これがとても簡単に出来るんですよ。 ということで本日は、LINEでメールを送る方法について、画像で分かりやすく解説していきますね~。 今回記事を書くにあたり、 使用機種:SHARP AQUOS R2 Androidバージョン:10 端末キャリア:docomo を使用しています。 まず最初に、メールアプリの受信したメール履歴の中から、LINEで送信したいメールの本文を開いてください。 今回はGmailでやってみますね。 メールを開いたら、次に本文を長押しします。 そうすると、 画面がこんな感じに変化します。 新しく、 ・コピー ・共有 ・すべて選択 ・ウェブ検索 ・翻訳 と表示が出ますのが、まず最初に「すべて選択」をタップしてください。 そうすると、今までは一部分(タップした部分)しか選択できませんでしたが、「すべて選択」を選んだことで、メールの本文すべてを選択することができます。 (私のスマホの場合、選択した部分の文字の背景が青くなります。 なので「すべて選択」を選んだことで背景の青が本文全部にいきわたります) そしたら次に「共有」を選んでタップしてください。 そうすると、次の画面はこんな感じに表示されます。 メールを共有できるアプリに一覧が表示されますので、その中からLINEアプリを選んでタップしてください。 そうすると次の画面では、LINEの友達一覧がスマホの画面に表示されます。 この中で、メールの本文を送信したい人を選んでタップしてください。 (タップすると、画面右にチェックマークが表示されます) チェックが確認出来たら、画面右上の「転送」をタップしてください。 そうすると次の画面では、トーク画面になります。 メッセージの入力欄に、メール本文全部が表示されますので、確認してから紙飛行機のアイコン(送信アイコン)をタップしてください。 これで完了! LINEでメールを送ることに成功しました! 紙飛行機のアイコン(送信アイコン)をタップ となります。 まとめ 今回は、LINEにメールの本文全部を送る方法について紹介しました。 このやり方を工夫すると、メールの本文全部だけでなく、メールの一部を切り取ってLINEで送ることもできます。 やり方は、2の「すべて選択」を選んでタップ、をやらずに、LINEで送りたい部分だけ文字の背景の青くさせます。 そして、「共有」をタップして・・・といった感じ。 もちろんこれ以外にも、とりあえず「すべて選択」でメール本文全部を選んでおいて、LINEの画面になったら、送りたい部分を編集で切り取る…といった手順でも、大丈夫ですよ! また、メール本文ではなく、メールに添付されたファイルをLINEを使って送信する場合はLINE Keepを利用した方がいいかな。 この辺は、またあとで記事にしますね~。 本日の記事は以上です。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。


また、「ノート」や「アルバム」はトークの相手と共有の箱がつくられるものだが、 「Keep」は自分専用の箱なので、相手に知られずに好きなものを1GBまで保存しておける。

More

LINE LINE のトーク画面で吹き出しを長押しすると、色々な操作ができます。

More

コメントが入力されると、ノート投稿の下にコメント1(数字はコメント数)と表示されます。

More

LINEのトーク画面の一番上にメモ帳があれば、メモを忘れることはないですよね! 特に、お買い物や日程など忘れたくない事をメモする人にはとても便利に使える機能です。

More

ホーム画面で追加アイコンをタップ• その結果、ファイルを共有した後にメンバーが増えた場合にはそのメンバーに対してもう一度ファイルを共有しなければならないのです。

More

他にもLINEの公式アカウント、LINE のアカウントが広告を出してその企業の商品を宣伝することもできます。

More