唇 端っこ 切れ た - 唇の横が切れる

唇 端っこ 切れ た - 唇が切れるのはどうして?原因を知って正しいリップケアを

唇 端っこ 切れ た - 切れた唇を治す 3つの方法

唇は、顔の中でもデリケートな部分です。 通常、皮膚は皮脂腺から分泌される皮脂の膜によって外部から受ける刺激から守られていますが、唇には皮脂腺がないため、この皮脂膜によって守られません。 そのため、水分が蒸発しやすく、気づくとカサカサに乾燥していたりします。 しかし、唇がいつも乾燥しているという方は、なんらかの原因となることがあると考えられます。 リップクリームなどでケアしていても、気づくと唇が荒れていることがあるという方は、唇が乾燥する原因に心あたりがないかチェックしてみませんか。 ここでは、唇が乾燥して荒れる原因と対策をご紹介します。 慢性的な唇の荒れには病気が潜んでいる場合もあるので、当てはまる部分がないか見てみましょう。 [目次]• 唇がカサカサに乾燥する・荒れる理由 唇が乾燥して荒れる原因には、病気によるものと病気以外の原因によるものがあります。 まずは病気以外で唇の乾燥や荒れの原因となることをご紹介します。 唇を何度も舐める 唇を頻繁になめると、それが刺激となり唇の乾燥を招きます。 空気が乾燥する季節になると唇が乾きやすくなり、それを改善したくて唇をなめる場合もあります。 しかし、それは逆効果です。 唾液の刺激で乾燥したり、唾液が蒸発するときに唇の水分も一緒に持っていったりして余計乾燥してしまうのです。 特に子供には、冬になると唇をしきりになめて唇を湿らそうとしている場合があります。 ひどくなると、唇の乾燥だけではなく、唇がひび割れたり、赤くなったりします。 食生活の乱れや栄養不足 角質層が薄く、皮脂腺がほとんどない唇は、皮膚の中でも特に栄養不足による肌荒れがダイレクトに現れてしまいます。 普段から外食やコンビニ食が多い、口内炎やニキビなどの肌荒れを併発している場合は注意が必要です。 皮脂腺がなく、乾燥しがちで荒れやすい唇。 しかし、一時的なケア不足で荒れたのではなく、常に唇の荒れに悩まされているようであれば、以下のような原因が潜んでいる場合があります。 メイクの落とし残しや汚れの付着 リップメイクの落とし残しや汚れなどが付着したままだと、それが刺激となって唇が荒れることがあります。 また、歯磨き粉や刺激の強い食べ物などを唇についたままにしていても、その刺激で唇の荒れを引き起こされます。 空気の乾燥 唇は、前述したとおり皮脂膜で守られない器官です。 また、皮膚の表面には「角質層」という外部の刺激から肌を守る層がありますが、唇はこの角質層も非常に薄いため、ただでさえ水分が蒸発しやすい状態にあります。 そのため、空気の乾燥する冬や、エアコンを多用して空気が乾いているオフィスなどでは唇が乾燥しやすく、唇の荒れを招きやすいのです。 ここまで、空気の乾燥や摩擦、汚れ、唇をなめることによる刺激、食生活の乱れといった生活習慣の中にある唇の乾燥の原因について解説してきました。 しかし、唇の乾燥は病気によって引き起こされる可能性もあります。 どのような病気が唇の乾燥を招くのか、次の項目でご紹介しましょう。 唇の荒れを引き起こす病気 唇の荒れを招く病気は、主に2つです。 接触性口唇炎• アトピー性口唇炎 それぞれ、どのような病気か解説します。 接触性口唇炎 接触性口唇炎とは、唇に付着した物質が刺激となって起きる唇の炎症です。 赤く腫れたり、水疱や湿疹ができたりします。 かさぶたができる場合もあります。 また、接触性口唇炎にもアレルギーが誘因となっているアレルギー性接触口唇炎と、単純に付着した物質の刺激で起こる一次性刺激接触性口唇炎の2種類があります。 接触性口唇炎の原因となる物質はさまざまです。 一次性刺激接触性口唇炎の原因となるのは、化粧品などの強い刺激を持つ物質です。 唇の荒れを改善したくてつけていたリップクリームのメンソールが強くて荒れるといった可能性も考えられます。 一方、アレルギー性接触口唇炎は、アレルギーを引き起こす原因物質によるものです。 たとえば、虫歯の治療などで使用される金属、薬、化粧品、マンゴーや銀杏など、さまざまなものが考えられます。 アトピー性口唇炎 アトピー性口唇炎は、肌のバリア機能が正常に働かないことと、アレルギー反応や外部からの刺激によって起こります。 アトピー性皮膚炎と同じです。


ほぼ同時期に、足のふくらはぎの裏の部分もかさかさ乾燥した円状のものもできています。

More

そんなに心配しなくても大丈夫です。

More

何科を受診すればいいの? 唇のケガは、歯科を受診なさることをおすすめします。

More

サバやアジに豊富に含まれているので積極的に摂取してくださいね。

More

唇が切れたのを早く治す方法まとめ 唇が切れたときのケアはこういったことを意識して過ごすと早く治すことができますよ。

More

これはケガをして唇を切ったり、裂けたりしたわけではないのですが、じわりじわりと出血し続け、意外と血が出ることも珍しくありません。

More

唇がきれいだと、自信を持って笑顔になれます。

More

なるべく病院を避けたい場合は、薬剤師のいる薬局で相談しながら薬を選ぶようにしましょう。

More

たっぷりとワセリンを塗っているので、油分が気になると思います。

More