リップル スパーク - リップル保有者に付与されるスパークトークンとは、受け取り方解説

リップル スパーク - リップルは2021年から期待ができる?エアドロップやこれまでの動向を紹介

リップル スパーク - リップルが再び反発上昇!コインベースがSparkトークン(スパーク)の配布を決定|暗号資産(仮想通貨)の将来の可能性〜初心者からの運用方法

sparkトークンとは? 2020年8月10日、リップル社の投資部門「Xpring」が出資を行うプロジェクトである「Flare Networks フレアネットワーク 」がリップル保有者を対象に1:1の割合でSparkトークンを付与するエアドロップを行う予定であると発表しました。 Sparkトークンは、このネットワーク上で使用されるFXRP XRPと等しい価値を持つトークン 発行の際の担保として扱われます。 We named our testnet after Martha Coston who invented the maritime Flare. The snapshot of the XRP ledger for the distribution will be taken on the 194th anniversary of her birthday — December 12th 2020. — Flare FlareNetworks 同様にSparkトークンが上場する予定なども現時点では不明となっています。 Sparkトークン対応予定の取引所は? 2020年10月現在、「Bitrue」「Uphold」「Gatehub」「AnchorUSD」ら4つの取引所がSparkトークンの取り扱いを決定したことが明らかになっています。 国内の取引所もSparkトークンの取り扱いを検討しているとのことですが、残念ながら現時点では正式に取り扱いを決定した取引所はありません。 取引所名 対応方針 GMOコイン 暗号資産XRPの保有者に対して、Flare Networksにより暗号資産「Sparkトークン」が付与される予定であることが発表されております。 この暗号資産に関し、当社ではお客さまの利便性を最優先とした対応方針を検討しております。 引用: bitbank ビットバンクは現在、Flare Networksについての対応を検討しております。 引用: SBI VC Trade Flare Networks社によるXRP保有者に対するSparkトークンの付与の件につきまして、現在当社ではその取扱いについて検討しております。 関係各所へ事実関係の確認・協議、対応状況の調査などを行っており、あらためてご案内いたします。 引用: ディーカレット Flare Networks社によるXRP保有者に対する Sparkトークンの付与の件につきまして、 現在当社ではその取扱いについて検討しております。 詳細は方針が決定し次第、 当社サイト等にてご案内をさせていただく予定です。 引用: FXcoin 現在当社では対応方針を検討しております。 詳細が決定次第、当社サイト等にて改めてご案内させていただきます。 引用: なお、コインチェックからはSparkトークン取り扱いに関する告知などは出ておらず、今後対応するかは不明となっています。 Sparkトークンの受け取り方法 Flare公式ツイッターによると、Sparkトークンはオプトイン方式での配布となるようです。 After the utility fork happens there is a 6 month period where XRP holders can claim Spark. — Flare FlareNetworks オプトイン方式とはリップル保有者なら無条件で受け取れるのではなく、申請した希望者だけが受け取れる方式のことを指します。 2020年10月時点では、XUMMウォレットとLedger Nanoから受け取り申請が可能となっています。 XUMMウォレットから申請する方法 XUMMウォレットを使用する場合はが必要になります。 ツールを起動すると免責事項が出るのでチェックして「続行」をクリック• 左側のXUMMでサインインの「続行」をクリック• QRコードが表示されるのでウォレットで読み込んで「受け入れる」を選択• ツールの方に戻り、「私は自分のETH互換の新しいアドレスを作成しました」をクリック• 自身のマイイーサアドレスを入力して「次へ」をクリック• 「XRPLでアカウントの所有権を確認する」という画面になるので「次へ」をクリック• 「Scan a QR code instead」という黄色いボタンが表示されるのでクリック• 表示されたQRコードを、先程同様にウォレットから読み込んで「受け入れる」を選択• 最後に「次へ」を選択すれば申請は完了 Ledger Nanoから申請する方法• Flare公式サイトにアクセスし、必要事項を入力する• METAMASKのETHアドレスを入力するとMessage Keyに値が表示されるのでコピーしておく• XRP ToolKitへアクセス後、Ledger nanoを接続する• XRP ToolKitの「Message Key」に、先程コピーしておいたMessage Keyを貼り付ける• Uploadして、Flareサイトに成功の表示が出たら申請は完了.


ツールを起動すると免責事項が出るのでチェックして「続行」をクリック• これは、財布の名前のようなものなので、何でも良いですが、「普通預金」などで良いかと思います。

More

2020年12月11日12:00に「Coincheckアンケート」を一時停止• エアードロップやブリッジ通貨としての期待 リップルの直近での価格上昇はエアードロップへの期待も含まれています。

More

これで完了です。

More

Sparkトークンのカスタムトークン追加方法 ではさっそくやっていきましょう! スマホアプリからはカスタムトークンの追加ができませんので、ブラウザから行ってください。

More

パスワードは忘れないようにしてください。

More

もしリップルがスマートコントラクトを成功させれば…。

More

ちなみにリップルはアルトコインに分類をされていますが、ビットコインよりも古くから運用 2005年から されている通貨です。

More